逆さづりで腰痛は治るのか教えて!

腰痛には逆さづり?治った人の紹介がされていたが本当なのか教えて!

とあるニュースで流れていた話しですが、腰痛やヘルニアが治ったという事例が流されたのですが、その方法が逆さ吊りだった、ということで……では、その逆さ吊りとは一体なんなのでしょうか?そして、それは本当に効果があるのでしょうか?

インターネットでも逆さ吊りと腰痛とキーワードを入れれば出てくるかと思いますが、逆さ吊りとは、逆さ吊り型牽引機を使用した、椎間板を圧迫する力の軽減や、脊椎分離症・脊椎すべり症の改善などの目的で行うストレッチのことです。基本的にこれは専用の牽引機を使用して行うものですが、それは最近ではかなり安価で買い求めることも出来るため、腰痛持ちの方は持っている方も多いようですね。

その逆さ吊りですが、最初の話しに戻りますとこれを行うことでヘルニアまで治ってしまった、ということですが、本当なのでしょうか?そもそも牽引は整形外科で広く行われているものですが、これには疑問を抱く人が多いのも事実。何故ならこれで腰痛や頸椎の痛みは無くならないと言う人がほとんどだからです。

交通事故などで頸椎を牽引してもらうことになった方など結構いますが、これにより治った感覚がせず、結局整体などに世話になることになったという方がほとんどで、全員が全員治るというものではないようです。そのためヘルニアが治った、と言う方はそれこそ、その人にあっていたものと考えられますが、全ての人にこの牽引が効果があるかと言われればそうではないということでしょう。

そしてこれがもっとも重要なことですが、牽引はきちんとした整形外科などで行うものであり、自宅に行き成り器具を買ってきました!さあやりましょう!は、危険ですから止めましょう。何故なら行き成り腰痛の方が逆さ吊りをすると、腰には10数キロ(これはあなたの体重により増減します)の重みがかかることになります。体重が重ければこの数字は更に多くなり、腰にかかる負担は更に増えますからなお危険が増すことに。ですから誰かのサポートが得られるような整形外科などで行わなければかなりな危険を伴う為、自宅で最初からやるというのは、あまり勧められたものではありません。

まずは整形外科で牽引が自分にあっているかどうかを判断し、あっていると感じたら、自宅で出来るか出来ないかを見定められる程度まで、整形外科でやり方を学ぶこと。それから自宅に購入するか、じっくりと考えることです。腰と財布に聞いてみて、それからですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加