腰痛にはどちらの痛みどめが効果があるのか

ロキソニンとポンタール、どっちが痛みどめとしての効果高いの?

歯医者の治療が終わるとあまりにも酷い痛みが出ていた場合、「痛い」と訴えることで痛みどめが処方されますよね?この痛みどめはポンタールだったのですが、次の日腰痛が酷くなり、病院にいったところでロキソニンが処方されました。二つも痛みどめを持っていることって中々そうないですが、並べてみたところで何となく気になりませんか?「どっちが強い痛みどめなんだろう?」って。

一錠あたりの強さならばロキソニンの方が断然強い痛みどめなので、腰痛の方が痛みどめとして強い物を処方されたということになります。ですから相当腰痛がひどかったと考えるべきなのでしょう。ですが全くポンタールが痛み止めとして弱いというわけでもありません。歯の痛みを取るくらいならば、このポンタールで問題はないのです。

ではこのロキソニンにポンタール、使い続けることで肝機能障害になったりしないのでしょうか?あまりの腰痛に耐えきれず、毎回整形外科にいくたびに痛みどめとしてロキソニンを処方されていた方がいたり、歯医者で腫れと痛みが中々ひかず、結局五日分もポンタールを処方してもらったりと、存外長く使い続ける方はいます。そうした方に影響はどのくらいあるのでしょうか?

どんな薬にせよ肝臓に負担はかかるものですが、半年もの間ロキソニンを使い続けた。など、それくらいの長期間に及ぶと流石に負担のかかりかたは無視できない状況になってくるでしょう。あまり長く使い続けるようでしたら、腰痛の場合は根本原因を叩くべきでしょう。そうしないとずっと薬で誤魔化し続けることになってしまいますからね。
(⇒腰痛をさっぱり失くしてくれたサプリメントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加