ヘルニア手術の多様性、PLDD以外もある

ヘルニアの初期手術、PLDDだけではない初期手術の多様性とは?

ヘルニアの手術は初期にやるべきだというのは何故なのか、あなたは知っていますか?後期にやる手術であると、どうしても背中を開いて行う手術になってしまいます。それは壮絶なまでの苦痛が伴うからなのです。

過重などで押しつぶされた軟骨、これを取り除くのはメスで行われます。これによりどうしても大きく切開して背中を開くことになるのですが、これは患者の体力も著しく奪うものであり、医師本人も大変な神経を使うことになるのです。ですが初期手術であるとPLDDなどの日帰り治療なども選択出来て、気持ちの面でも楽でしょう。それは医師もそうですが、患者本人もそのはずです。

因みに他の初期手術はないのかというと、内視鏡手術などで小さく背中に穴をあけて、そこから軟骨まで到達。その軟骨中央部まで穴をすすめると、そこから中央部の軟骨を吸い取るなんて方法もあります。

これはPLDDの蒸発させる中央部の軟骨と同じ考え方であるものの、こちらは吸引という方法を取ります。他には軟骨の中央部を薬剤の注入により溶解させるという手段もあり、初期の頃の手術選択は多種多様に選べるのです。

ほとんど直ぐに元の生活に戻れるこうした初期手術。これを選択した方が、実際に体力を奪われることなく元の生活に戻れるため楽でしょう。その上切開しなければならない後期手術は長ければ半月ほども入院を強いられますが、初期であれば長くとも三日程度の入院で済みますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加