初めての腰痛の前に知りたい応急処置

初めての激痛、腰痛なのは分かるけど!これは知っておきたい応急処置

今まで生きてきた人生の中で、初めての腰痛でパニックとなってしまった。恥ずかしくて旦那に暫くからかわれた……なんて語るのは、主婦のAさん。Aさんはそれまで運動をしていたこともあり、腰痛なんてなったこともないし、肩コリだってなかったそうです。なのに行き成り腰がずきーん!驚きのあまり背中を刺されたような痛み!?と、涙ながらに助けてと、旦那さんに助けを求めたそうです。旦那さんもさぞかし驚いたことでしょう。それもぎっくり腰でもなく、単に酷い腰痛だっただけなのですから。

ですが腰痛は腰痛、放っておけば酷いことになりかねませんよね。何度も大きな痛みを繰り返していると、ヘルニアになることだってあります。そうなると、どうにか対処したいものですが……さて、どうするべきなのでしょうか?

基本的には腰痛は、痛みが走ったら安静にすること。痛みが引くまでは腰の周囲の筋肉を鍛えて補強することもままなりません。そこで無茶をして動くと悪化するので動かないこと。まずはこれが応急処置といえます。次にぎっくり腰の場合は冷やす事とされていますが、これで痛みが引く場合はこのまま冷やし、悪化するようなら無理でも時間を作って病院へ行きましょう。

そして次の腰痛が起きるのが怖いというように怯えるのであれば、ドラッグストアでコルセットを購入してください。痛みが出たらコルセットを巻きつけて安静にすること。まずはこれで当座は凌げます。

兎に角時間がなければなんとかして作り、一度病院へ行きましょう。その際は総合病院をおすすめしますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加