生理には二つの腰痛があると知ってる?

女性特有の腰痛、生理には二つの腰痛があるってあなたは知っていた?

腰痛が辛くなりやすいのは女性の方が多いですが、その理由は矢張り生まれ持った性質の所為かも知れません。子供を産む大役があるからか、女性はどうしても腰痛を抱えやすいのです。

腰痛を元から抱えていた場合、更に女性達は妊娠や出産後、そして生理などの段階を踏まえるごとに腰痛が悪化する可能性が極めて高くなります。そこはむしろ諦め、受け入れるより他無いのかもしれませんね。前向きにことを考えた方がいいのかもしれません。それこそ、痛みの出にくいようにどうすべきか、などです。

今回はそうした女性特有の腰痛についての説明ということで、生理と腰痛についてのお話しです。生理と腰痛は大きく分けて二つあります。一つは月経前緊張症、もう一つが月経困難症と言う二つの腰痛です。

月経前緊張症とは、月経の開始より少し前に始まるもので、これは月経のはじまりとともに痛みは軽減していき、じょじょに減少、そして消滅します。月経時、黄体ホルモンと言うものが、子宮からプロンスタグランジンという子宮を収縮させる物質を分泌するのですが、この物質の分泌が多すぎてしまうと、下腹部の痛みと共に腰痛などが発生するのです。従って腰が痛い!となるのですね。

因みにこれはストレスの値が高いとでやすかったりするため、ストレスを感じない生活を送ることがとても大切になってきます。そしてこれになる方は大体の場合が繊細な精神の持ち主がなる場合が多いため、気をつけておくようにと、気を強く持つようにと、このように考えていても可也難しいでしょう。

ですから気を強くなどではなく、一旦気持ちを外におくことも重要かもしれません。仕事などで疲れたなど、考えることを放棄する。そうすることで少しはストレスを感じずやれるようになりますし、ストレスを与えて来るものがもしも人であったならば、その人物も、「またやってるのか」「暇なのか」など、失礼かもしれませんが幼稚な、などとその相手に対して思うことで、自分の気が楽になることもありますよ。

そして後者である月経困難症ですが、こちらは月経時に伴う腰痛のことであり、他にも下腹部の不快感や、下腹部の痛みなど、治療を必要とするほどの痛みを伴うものですね。これは月経前緊張症とは違い、月経そのものが終了することで無くなるものです。

ただし、こちらの場合は加齢と共に悪化しますので、腰痛も悪化していくと考えて間違いないでしょう。治療の必要性がありますので、婦人科などに早めの受診が必要になってきます。
(⇒妊婦の辛い腰痛を軽減させる方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加