暴飲暴食で腰痛になるのか?

アルコール過剰摂取や食べ過ぎで腰痛になる?痛みで仕事が出来ない!

やたらめったらお酒に強いからと大量にアルコールを摂取される方がいますよね?発泡酒に日本酒、焼酎にウィスキーにとお酒はあるだけ飲めるなんて方、飲み会の席に一人は居るはず。今回はそんな方のお話しです。

記憶をなくすことはないのですが、そのかわりに大変な酒豪。食事量もお酒につられて大量に食べる食べる食べる、食べまくりと言っていいほど食べるそうです。ただ、そう言う方ってアルコールの所為で舌が馬鹿になるのか、気が付くとお味噌汁でも煮物でも、何か調味料をかけないといられないんですよね。七味トウガラシ、ソース、しょうゆ、じゃばじゃばとかけてから食べます。

そんな中、身体中にニキビが出来て健康診断の結果も悪いと言います。更には腰痛が酷くなってきたのが二十代後半からと言います。男性女性関係なくこういった方がいますけれど、これは食事の所為なのでしょうか?それとも仕事などの生活面の所為なのでしょうか?

身体中にニキビが出てしまっているというのは、それこそ内臓疾患を疑うべきでしょう。何故なら肌は内臓をあらわすバロメーターでもありますから、ここに思いっきり分かりやすく出てしまっているならどこか悪いという、体の中からの警告になります。

そして健康診断でも結果として何かしらの悪い数値が出ているというのであれば、そこも迷わず病院――それも大きな病院がいいでしょう。大きな病院で見て貰うべきです。健康診断の結果を持って、怖くなったので詳しく調べて貰おうと思ってきた、このように総合受付案内所で言うだけでいいでしょう。そのまま専門の科へと回して貰えますよ。

腰痛も恐らくは多量にアルコールを摂取することから内臓疾患を引き起こしている9から起きているのでしょう。ですからまずは詳しい検査を受けて、腰痛もその時に訴えることが重要です。これを機に、沢山お酒を飲まれる方は休肝日になったんだと思って暫くお酒を断つこと。たまにはそれも必要ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加