腰が抜けるような痛みと感覚は何が起きた?

授業中に腰が抜けるような痛みと感覚!怖いです!何が起きたの?

それは授業中のことでした。体育の授業で試合形式のサッカーを行っていた時のこと、ドリブルをしていた時、腰を捻ったような気がするのですが、その時に何故か左足に電流が流れたような感覚がして、気がつけば痛みに地面の上でのたうちまわっていました。けれどその時は、周囲も足をくじいたか何かしたんだろうと思ったのか、保健室へ連れていかれて終了。自分でもその時以外痛みがなく、今は特に痛くないからといって、湿布だけ貰って帰りました。

それから一週間後のことです。同じく体育の授業中、今度は隣のクラスとサッカーの試合になりました。流石に隣のクラスが相手ともなると、遠慮が若干無くなるのか激しいものになりました。その時またも腰が抜けるような激痛が……そのまま結局先生が病院に連れていってくれたのですが、腰を痛めただけでしょうとのことでした。先週も痛かったのにといっても、本当にただそれだけなんです。

それから三日前が最新の日付なのですが、三日前に腰がまた抜けるような痛みが突き抜けていき、もうこれは駄目だ。早くなんとかしないと手遅れになるんじゃないか?と、危機感を抱いています。

――このような相談をサッカーが大好きな少年から受けました。なんだか恐ろしいように思うのですが、診断がこんなものというのが不思議ですよね。ですがこれは恐らく、何も診断が降りなかった理由は、左右の背筋のバランスが崩れてしまったからという、単なる筋肉のつきかたの問題で起きている腰痛であったために診断がおりなかったのだと思いますよ。

これはどういうことかと言いますと、片方の筋肉だけが沢山ついているということ。ですから筋肉が沢山ついている方の腰に、負担が増してしまっているんです。普通は逆だろうと思いますが、負担と言っても別に荷重が沢山かかると言うわけではありません。腰の周辺の神経を圧迫してしまって、負担が増しているのです。ですからこれは、恐らくサッカー少年が、軸足ばかりを無意識に使っていたという現れなのではないかと思いますよ。

だからこれは両方の筋肉をバランスよく鍛えることで腰痛を解消出来るでしょう。身体を鍛えることで腰痛も解消出来ますし、更には自主トレーニングにもなるんですから一石二鳥ですね。
(⇒サッカーをしていて腰痛になった!これって治せるんですよ

このエントリーをはてなブックマークに追加