大腰筋性腰痛は諸症状を引き起こす

大腰筋性腰痛は諸症状を引き起こす切っ掛けになる病気ですよ!

あなたは腰の症状として、今までどのような症状に見舞われたことがあるでしょうか?もしかしたら腰が詰まった感じがしたことってありませんか?これ、大腰筋性腰痛かもしれませんよ。
(⇒痛みがどこか分かりにくい腰痛とは?

この大腰筋というのは、背骨の後ろ側の突起の出ている方、自分で確認出来ますか?この指で触れてぽこぽことするところがありますよね?こちらから骨盤の前を通る様にして大腿骨まで繋がっている筋肉のことで、身体の一番奥の方に位置するインナーマッスルと呼ばれるものです。これは身体を支えるための重要な役割をしている筋肉であり、これが弱ることで骨盤がガタガタになることもある、大変な筋肉でもあるのです。

この身体を根本から支えるようにしている筋肉である大腰筋に、もしも問題が起きたとしたら、身体全体のバランスに大きな影響が起こります。ですからこれが元で起こる症状は文字通り、身体中のあらゆる場所で起こるのです。

腎臓、背中、腰、首、頭痛、肩コリ、これらの場所に一気に症状が出ることもあります。ですが逆に言えばこれら諸症状は、この大腰筋性腰痛を治すことで一気に解決するとも言えるわけですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加