腰痛

コルセットを長くしているのが辛いんです、これは体が嫌がっている?

医師からは坐骨神経痛と言われ、痛みどめを注射して貰うことになりました。それから仕事が忙しくなって二日ばかり無理をしていたところ、腰から嫌な音が響き渡りました。ビキキキ、バキリ!なんとも不吉な音ですよね。痛みと共にそれから立ち上がれなくなってしまったのですが、これは、坐骨神経痛が悪化したと考えてもいいのでしょうか?

結局医師の元に行き、再度痛みどめと湿布コルセットを出して貰い、自宅にて横になっているのですが、痛みどめを貰ったと言うことは暫くこれで様子を見ろと言うことなのだろうかと思い、ゆっくり養生するしかないのかと諦めてしまった。

――あなたはこんな症状に陥った時、どうしますか?坐骨神経痛の時点で相当まずい状況であることは分かりますが、悪化したと言うのが恐ろしいですよね。普通はそこで医師にいわれた通り、処方された通り、出されたものをしっかりとつけたり飲んだりするものですが、この方、それをしませんでした。何やらコルセットについて、知人から聞いた話しの方を信じたようなのです。

「コルセットは痛みが激しいうちはあんまりしないほうがいいよ」けれど医師は直ぐにコルセットをつけてきて、そのままで安静にしているようにと言います。知人の方を信じてコルセットを外して寝ていたそうですが、これは更なる悪化を招きました。

そして更に恐ろしいことに「コルセットがずれて苦しいのか、身体が嫌がっている気がしたので、それからも(コルセットを)つける気がおきなかったからつけていません」そんなことをいってコルセットは医師からつけられた時以外、つけていないというのです。

身体が嫌がっているというのは真逆で、ずれて苦しいからコルセットを外すのではなく、ずれるのは身体がそちらにそちらに向かっていってしまっているからということ。ですからコルセットがずれて苦しいのは腰が更にずれていってしまおうとしているということで、コルセットでこれを留めていたのを外してしまったんですから、更なる悪化を招いていることは明白です。

これ以上ずれてしまえば立ち上がれなくなってしまいますから、コルセットはきちんとはめてじっと安静にしていることです。そして医師の指示はきちんと守ること。これでむしろ悪化したならばセカンドオピニオンも考えるべきですが、基本的に医師の指示にはきちんと従いましょうね。

転職から腰痛と肥満に!座りながら出来る改善法を教えて欲しい!

今までは営業回りだったため、運動はそこで出来ていたのでしょうが、引きぬかれて入った会社では管理職になって事務仕事の方が多く、体力をもてあまし気味に。それが暫く続けば次第に慣れてしまうというもの。気づけば体がなんとなーくですが、たるんだような気がする。気が付くと腰が痛いに変化していって……これは一例ではありますが、転職を機に、生活スタイルが一気に変わってしまい、大変なことになった。というのは良くあることですね。この営業から事務に転身というのもよくあることで、気が付いたらほとんど立たなくなってしまって腰が痛いんです。そのような相談は良く受けるものです。

この座っているだけの仕事も存外辛いもので、身体中の筋肉がどんどんとなまっていく感覚がしますが、どうやってこれを解消すればいいのでしょうか?座りながら出来る腰痛解消、そしてたるんでしまったぜい肉とおさらばしたいですよね。改善法、ないのでしょうか?

オフィスでも出来る運動ということで、まずは机を手のひらでぐっと持ちあげる様に動かす運動です。机の下から手のひらをあて、肘を動かさないように机を持ちあげる様に動かします。すると腕に力こぶが出来ませんか?それを暫くキープしてください。気が付いたらこのようにやる、それだけで腕は可也の運動効果が期待できますね。

次は腹筋、そして大腿筋のトレーニングです。椅子に座った状態で膝をデスクの下からぐうっと上に押し上げる運動ですよ。ただ、本当に持ち上げようとしたら持ち上がってしまいますから、持ちあげる動きをして、机で止めて貰う感覚でお願いしますね。そのポーズで腹筋と大腿筋が緊張状態が保てるはずですので、片足ずつ交互に行ってみましょう。ぷるぷると震える筋肉がもう無理、と悲鳴をあげてくるはず。

足のインナーマッスルを鍛えるには、辞書を一冊用意しましょう。仕事中に長い時間座り仕事をする時限定で行うようにしてください。太ももの間に辞書を挟みこみましょう。これを落とさないように内側にぐっと力を込めて本をそのままで保つように努力する。これをやるだけでふくらはぎから太ももまで、インナーマッスルは綺麗にきたえられるのです。

少しずつ職場で鍛えていって、たるんだお腹周りを撃退しましょう。すると足腰も痛みがなくなり快適に過ごせるようになりますよ。

空の旅前に腰痛になったよ!どうしたらいいの?キャンセル前に相談!

来月は待ちに待ったフライトです。初の海外旅行でわくわくしていたHさん。周囲の方にもお土産を買ってくるねと上機嫌に約束を取り付け、実に嬉しそうでした。ですがそのHさんに悲劇が襲ったのです。「嘘でしょう……?」恐ろしいことに、そんな風に来月と迫った旅行を前に、酷い腰痛になってしまったのです。

旅行3週間前のこと、行き成りなってしまった腰痛に、長時間座れない様になってしまったと言います。日本からアジアに行くならそう長い時間椅子に腰かける必要はありませんが、10時間以上座ることもあるヨーロッパだと辛いものがあるでしょう。「そんな腰で旅行なんて止めておきなさい。キャンセルしなさい」そんな風に家族からも言われ、そうするしかないのかなとHさんは諦めモードです。これ、どうすることも出来ないんでしょうか?

飛行機はキャンセルするしかないのかしらとHさんが落ち込んでいると、そんなことないよと訴えてきたのはHさんの後輩だったそうです。飛行機でも腰痛対策って、実は出来ちゃうんですよ。

実はそうした腰痛の方や、その他持病を持った方が飛行機に乗り込む予定であると航空会社に連絡が入ると、場合によっては難しいですと言われる場合もありますが、基本的には相談を受けた航空会社が良いように取り計らってくれるのです。意外にも親切な対応をしてくれて、会社によっては席をそれにより変えてくれることもあるんです。

諦める前に一度チケットに記載されている航空会社の電話番号に連絡をしてみてください。「先月行き成り酷い腰痛に見舞われてしまって……」長時間のフライトは大丈夫なのか心配であることや、痛みどめは持っていけるかいけないかなど、聞けることは聞き、そして対応をしてくれるかしてくれないかも尋ねてみましょう。きっとよくしてくれるはずですよ。

人身事故で腰痛に、治療を受けていたら保険会社が「もういいよね」?

半年ほど前のことです。交通事故に遭いました。相手が加害者で奇跡的にも10対0で完全にこちらが被害者。全面的にあちらが悪いし、支払いもあちらが全面的に持ってくれるのですが……それでも現在納得がいっていないことがあります。そんな序文からスタートした相談内容ですが、交通事故の被害者の方が、実は苦労をしているんですよね。

加害者の方は実を言うと、「この間の交通事故被害者との裁判が、このたびようやく終わりましたよ」そんな手紙を一枚貰うだけで、交通事故の現場以降は終了してしまったりします。忘れた頃に手紙だけ貰うものですから、加害者意識はゼロなんて人も多く、誰かを轢いた事そのものを忘れてしまいがちなのです。

ある日のことです。この被害者の方の元に、暫く音沙汰の無かった加害者側の保険会社から、突如連絡が入りました。「交通事故のことで相手(加害者)が謝りたいとか、そんなことだろうか?」ぼんやりとそんなことを考えていれば、次の瞬間とんでもない話しをされたのです。保険会社はこともあろうに「もう半年も病院に通っていますよね?治療はもういいんじゃないですかね?もうこれ以上良くならないのでは?」つまり「だから通院を打ちきれ」ということを言ってきたのです。

その連絡は早々に打ち切り、その方は通院を続けたと言います。ですが保険会社はそれを知っているのだろうに封書を寄越してきました。そこには今までかかった経費、そして慰謝料などを一覧にしたものが入っていたのです。これだけ払って終わりですと言うことのようですが、未だこの方は腰痛が取れず、身体中辛いため納得がいきません。そもそも通院を止めた事は全くなかったのでそんな風に妨害やさっさと終わりにしろよとされる理由が全くないはずです。

実際にこうした交通事故などでは、医師から症状固定との診断がおりない限りは、通院を続けていいのです。ただし慰謝料の上乗せなどがそれで出来るかと言えば難しい。けれど通院を続けることにより、通院にかかった諸経費や、通院を続けることでの別の経費の上乗せは出来るため、「納得がいかないし、体がまだ本調子じゃないから嫌だ!」ということであれば通院は続けるべきでしょう。

加害者側の保険会社は何としてもこれを止めさせたいと考えていますが、病院側まで通院を止めろといってくるわけでもない限り、構わず通院をマメに続けるべきです。ただし病院の通院をしない、通院をサボり気味になってきたとなると、病院側も保険会社からの圧力に屈することもありますから、そうした妨害の入る余地を作らないことが肝心です。

被害者は交通事故では基本的に当てられ損になりがちなものですが、こうならないために「病院はマメに通うこと」そして「きちんとした病院の手続きは踏むこと」これが重要です。

節々の痛みに高熱に腰の激痛、それ、風邪じゃないかもしれませんよ!

なんだか頭痛がして、寒気も酷い。風邪だろうか?腰も激痛が走っていて思うように動けません。いわゆるこれは風邪の症状ですよね。腰が痛いというのも熱の所為で、元から持病で腰痛を抱えているなどが考えられるため、なくはない症状の一つでしょう。それどころか骨の間。節々が痛いなど、よくある風邪の症状でもこういったものはありますから、持病でなくとも腰が痛いと言うのは十分にありうることです。

ですがいよいよ高熱で動けなくなり、激痛も極まるところまでいってしまった場合、あなたは流石に病院に行きますよね?最初のころは市販の風邪薬で何とかなると考えていたけれど、高熱でにっちもさっちもいかなくなれば当然病院を考えるはず。なんとかタクシー会社に電話を入れて家族について来て貰って病院にいくと、インフルエンザの可能性もあるので検査をしましょうと言われました。熱は既に39度でしたので、それも当然の処置と言えましょう。

インフルエンザの検査は陰性。風邪だった模様。風邪の薬を飲んで熱が下がるかと思えば、解熱剤を飲んでいるため一応は熱が下がる兆しが見えたものの、解熱剤を飲んで3時間経たないくらいには、また熱がかっかと上がり始め、元と変わらぬ状態に戻ってしまった。――果たしてこれは風邪なのでしょうか?

その間も腰の痛みは叫ぶほどの痛みに変化していき、耐えられないとまた病院にいきましたが、今度は町のお医者さんではなく、市内の大学病院まで出向きました。そこでだされたのは「化膿性脊椎炎」という病名でした。

これは風邪のように熱を伴う腰痛が疑わしい病気で、微熱または高熱と腰痛がセットになっている、大変辛い症状の病気なのです。これにかかると脊椎の激痛と共に熱にうなされ、全身の辛さを訴えるようになります。けれど最初は自分でも風邪だろうと勘違いしてしまうようなもので、うっかりとそのまま完全に身動きが取れないようになることもあるんだとか。

あまり熱が長引くようでしたらこの例のように、大きな病院(総合病院または大学病院などのこと)にいって総合案内に症状を訴えてみましょう。もしかしたらあなたのそれ、ただの腰痛、ただの風邪ではないかもしれませんよ?

子宮内膜症の手術をすれば腰痛もなくなるの?経験者に聞きたい話し!

生理痛がひどくて腰痛もそれに比例するようにしてひどい。こんな女性は山ほどいますが、それとともに多いのが、妊娠出産を経験したらこれが治ったと言う人でしょう。出産により体質が突然変わることがあり、気が付いたらすっきりとしてしまったなんて方の話しを聞くと、羨ましいなんて人、いるのではないでしょうか?

ですがそれとは逆に、妊娠出産を経験してから腰痛と生理痛が酷くなったと言う方もいます。ただしごく稀になのですが。腰痛が酷くなり、生理時は排便痛などまであり、寝ても起きても常に辛いのでたまらない、そういう辛さを訴えて来る方もいるのですが、これはどうすることも出来ないようです。ですが実はこれ、子宮内膜症による腰痛かもしれないって知っていましたか?

子宮内膜症は手術することでどうにかすることが出来、腰痛もこれをどうにかすることでなくすことが出来るのです。ですがこれ、腰痛だしまあいいか、そんな風にして気が付くことなく放置しておくと、とんでもないことになってしまうんです。

子宮内膜症が原因でなる病気があるのですが、これの一つに卵巣のう腫というものがあり、これになってしまうことで腰痛はもとよりも、生理痛、性交痛、下腹が出るなどなど、そういった症状が出るのですがそれでも気がつかずに病院に行かず、放っておいてしまうことでこの卵巣のう腫が破裂してしまいます。そうすると腹部に激痛が走り、動けなくなるほど苦しむことになるのです。

これをどうにかしないかぎり妊娠するのが難しくなりますし、そのままにしておく理由は全くないのです。ですから早めに手術してしまい、腰痛も生理痛も、辛い痛みにはおさらばしてしまいましょうね。

腰痛腹痛生理不順にとどめとばかりに抜け毛が酷い!これって何?

新生活を始めるにあたり、何をあなたは気をつけますか?食生活?それとも生活サイクルそのものでしょうか。身体も気をつけたいものですよね。けれどそう上手くいかないのが新生活というものです。体調管理がしっかりしていなくなってしまったり、病気がちになってしまったりと、引っ越してみてからなるもの、なることは山ほどあります。

結婚して新生活のため新天地に行きました。こんな奥様がいました。この方、元はハツラツとしていた方なのですが、引っ越してきてから友だちもいない環境の中、中々慣れず必死に頑張っていたようですが、ある日体調を崩してしまったようです。生理不順、腰痛、腹痛、抜け毛まで。これって何が原因なのでしょうか?実はこれ、新生活のためのストレスからくるものだったのです。

頑張って生活を組み立ててみても中々結果は出ません。必死に動こうとしてみても、周囲からみれば空回りに見えているのではないか?友人もいないため、相談出来る人は旦那様だけ。けれど仕事で帰りは遅くなるから、話し相手になって貰えるかと言われれば難しいでしょう。そんなものだから結局ストレスは自分の中に蓄積させてきたというわけです。
(⇒原因不明の腰痛はストレス性だった

ストレス性の腰痛は、未だに原因がよく分かっていません。環境の変化についていけず、結局諸症状にみまわれているのであれば、メンタルクリニックにいくしかないでしょうし、それ以外であればもう少し内側にためこまないように、自身を解放してあげるのも一つの手でしょう。もしかしたらあなたも家に閉じこもっていませんか?外にでて、自然と触れあうというのも、ストレスをなくすための有効な手段ですよ。

プラセンタが美容じゃなくて腰痛に効果がある?実際はどうなの?

あなたは美容にどれくらい力を注いでいますか?日本人は基礎化粧品をきちんと使い、肌などメンテナンスをかかさないことでも有名ですが、アンチエイジングも盛んに行われていることでも有名です。

ただ、諸外国とは違い、日本ではあまり整形は流行っておらず、行われているのはもっぱら飲む何か。飲むヒアルロン酸はたるんだ肌が持ちあがるなど言われ、現在ではおお流行りですよね。飲むコラーゲンも最近は美味しいものが発売されていて、皆さん美味しくなったわ!と、嬉しそうに飲んでいます。

そんな飲むシリーズでおなじみのものも最近は知らない人がいないようになりましたが、プラセンタというものはまだまだ知らない人も多いようです。これ、なんだかわかりますか?プラセンタとは胎盤の意味で、胎盤から細胞分裂を促進する、成長因子の栄養素を抽出したもののことです。

このプラセンタの有効成分を抽出したものを利用して、美白につかったり、ホルモンバランスを整えたり、痩身効果を期待したり、ストレスなどにきくと言われていたり……様々な医療分野にプラセンタは利用され、現在広く普及し始めています。

そのプラセンタが実は腰痛にも効くというのは知っていましたか?腰部脊柱管狭窄症に効果があると健康雑誌などで取りあげられたのですが、プラセンタは現在サプリメントといった形にもなっているようで、これを摂取された方が身体に良い効果を実感したと言うのです。中には狭窄症以外の腰痛にも効いたと言う方もいたようで、個人差はあれど、効いた方が居たのは確かなことのようです。

ただし未だこのプラセンタは未知数のものであり、確実性はまだありません。何故ならプラセンタはまだ研究段階のものでもあるからです。商品は沢山打ちだされてきていますが、それでもまだ研究段階で、何に効くか、といったことは全て解明されているわけではないのです。

それでも手術はしたくないというのであれば一度試してみるのもいいでしょう。副作用ではないですが、肌などが若返るかもしれませんよ?

ぱっと正しい歩き方を身につけて、辛い腰痛を遠ざけてやりましょう!

これが出来ていないと腰痛がする、腰痛が酷くなる、そんなものはごまんとありますが、あなたはその中でも基本中の基本。姿勢が出来ていますか?案外写真で撮って貰った時に「え、わたしってこんなに姿勢悪かった?」などと思うものですが、姿勢が正しくないと全身歪んでくるものなんです。

きちんとした姿勢が出来ているかどうかというのは、基本的に足の裏を見れば分かるものです。あなたは靴底の擦り減り方、普通でしょうか?なんだか両方の足の一部だけやたらと減るような気がする。なんだかつま先が肩足だけ擦り減ってしまっているなんてことはありませんか?これはあなたの歩き方がきちんとしていないということですよ。

ここでチェックをしてみましょう。あなたの歩き方、正しい姿勢を保てていますか?まずは身体を斜めにして歩いていないでしょうか?背中は丸めていませんか?体が反り過ぎていたりはしませんか?腰が痛いとよくこのように腰を反らせてしまいますが、これはいけません。

内またですか?がにまたですか?つま先から着地していませんか?靴をひきずっていませんか?これ、当てはまる人はいますぐ鏡の前で姿勢のチェックをしましょうね。

正しい歩き方はこうです。あごをまず引いてみましょう。ただし、引き過ぎると不格好ですので横から見ての絵を大切に。次は首と背筋を伸ばし、胸を張ります。ただ、この時胸を張る!と、意気込み過ぎると腰が反り過ぎてよくありません。気をつける様にしましょう。

そして足のかかとから着地をしてください。これが基本です。そして目線が水平になるように。これが自然に出来るようになれば完璧ですよ。

妊婦の辛い腰痛にはこれ!仰向けに寝られない辛さを克服するグッズ!

女性の場合、生理の時の腰の痛みもそうですが、妊娠した時の腰の痛みも相当なもの。段々とお腹が大きくせり出してくるのと同時に、腰にかかる負担がどんどんと増えていきます。こればっかりは子供が出来て嬉しかったとしても許容出来ません!なんて悲鳴を上げる妊婦さんまでいる始末。これ、何とかならないのでしょうか?

妊娠してから半年も経った頃、7か月もすれば腰は酷くいたみ始めます。腰が痛い、仰向けが出来ない。寝がえりを打てず、打ったとしたら激痛に目覚めるため寝れもしない。辛いですよね。実はこういった辛さを解消するためのグッズって、結構あるんですよ。

腰が痛い、寝れないという方のための腰まくら。低反発まくらなため、快適な眠りをお届けします。それもいいですが私はうつ伏せ寝が出来るクッションも買ってみましたという方もいました。なんとなくうつ伏せで寝るのはきつそうですが、お腹が大きくなると楽なんだとか。

いいえ、まくらではなくクッションでもなく、一番いいのはマットレスという話も飛び出しました。低反発のマットレスをベッドにしいて寝る様になってからというもの、快適な眠りに落ちるように眠れるようで、とっても楽になったという方がいました。確かにそれは良さそうです。妊婦さんでなくとも欲しい一品ですよね。

これら安眠グッズを使って辛い妊娠期間の睡眠を乗り切りましょう。もちろん、辛くなったら横になるのにも使ってくださいね。赤ちゃんのためにも、お身体ご自愛くださいますように。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >