腰痛

腰痛があるからエアコンで体は冷やせない!涼しく快適に寝たい!

体の節々が痛い時、無理矢理体を冷やすというのはよくありませんよね。夏場にエアコンでひんやりとした風を、事務の女性達が「痛い!」というのはよくある話し。寒いではなく痛いのは、節々などが寒さで痛むからです。男性と女性とでは、同じ健康体であっても感じる温度が全く違ってきます。運動量が同じであっても男女では消費カロリーは違うというのと一緒です。ここに持病で腰痛を抱えている場合は更にこれが厳しくなるでしょう。

女性であれ男性であれ、エアコンが少しきいている室内――お店などがそうですが、そうした場所に出向くと身体中が痛い。腰は特に痛い。足まで痛いなんてことは存外あること。下手をするともう恐怖心しかないという人までいるものです。腰痛持ちの方にとってのエアコンとは、ある種恐怖の対象のようなものですから、家族はせめて気をつけてあげたいですよね。

ですがここ近年夏が暑いです。エアコンなしではいられずに、せめてと30度以下になるように皆さん温度調節をしていますね。電力消費を極力やめようとうたっていますが、矢張り熱中症で死亡などの記事を読むとつけずにはいられません。腰痛の方もそれは分かってはいるのですが、腰は痛い。けれど頭は暑くなるとぼうっとしてきますしジレンマですね。どうすればいいでしょうか?快適に涼しく過ごすエアコン以外の方法があれば一番いいのですが……何かないでしょうか?

エアコンなしで過ごす方法の一つとして、自分の身体を表面だけ冷やすなら「アイシングスプレー」でしょう。衣服に突くと氷に変化するタイプなら、腰を避けてふきつけられるからいいですね。

夜寝る時でしたら高反発マットレスというのもいいかもしれません。低反発マットレスと違い、これは空気が通り抜けるため他の寝具に比べ、蒸れないのが特徴です。あとは布団の上にござや竹のマットを敷けば涼しく寝られるはず。お揃いというわけではありませんが、藤を編んだ枕もいいでしょう。涼しく快適ですよ。

あとは自然に身体を冷やしたいならミニタオルを常に携帯し、これを濡らして全身の汗を拭いながら冷却することです。これならば冷やし過ぎることなく腰にも悪くありませんよ。無理せず夏を乗り切りましょう。
(⇒生理による腰の痛みは冷やす方が楽になる?

腰痛対策グッズを購入!安心と思っていたら悪化した?何故なのか?

腰痛の方は大抵の場合、最初は放っておける痛みなので「まあいいか」で過ごしますが、酷くなってくると病院へ行き、それでもよくならないとなると気がつけば何カ月も腰痛と付き合っていて――最終的にどうにかしてこれと付き合っていかなければと腹を括ります。悲しいですがほとんどの方はこれに当てはまります。そして、最終的には自宅でも快適に過ごしたいと、腰痛対策グッズを買いあさる方向に動き出すのです。

そんな腰痛対策グッズですが、購入した、これで毎日快適に過ごせるぞ~と、嬉しくなって使っていたのに、何故か悪化したなんて方もいて、一概に全てが全て使えるグッズでは無い様子。では、どれが使えるグッズなのでしょうか?それとも自分にこのグッズだけがあわなかったのでしょうか?謎ですね。

腰痛に一番いい椅子というものがありますが、何故かこれを使って見ても長く座れないほどに痛みを感じる方もいます。これは何故なのか……。この方だけが特別な骨格をしているというわけではなく、問題は腹筋や背筋の無さだったのです。

背中を支えるための筋肉が弱り、どんなに腰にいい椅子を使ってもそれでは良くなるはずもありません。痛みだって本来ならばないはずなのに、これでは出てしまうのも当然と言うもの。まずは腹式呼吸から始めてみてはいかがでしょうか?腹式呼吸で腹筋をつけ、そこから少しずつ腰骨を包むように周囲の筋肉で固めていきましょう。地道にコツコツとやることが腰痛改善の近道ですよ。

運動不足解消にジョギングはNG!腰痛に悩まされる前に知りたいこと!

仕事仕事仕事、社会人になって一番困るのが暇な時間のないことでしょうか。毎日仕事ばかりしていて肉体的には酷使されているのに、筋肉は衰えていく一方。疲れているからこそ運動出来ない。けれど疲れるというのは体力がないことの現れです。でも、運動している暇がない!あなたもこれにあてはまるんじゃないですか?運動不足解消しないと、なんて言いながらついついと疲れにかまけて寝てしまう。運動なんて出来ない日々を送っていませんか?これ、まずいですよ。

歩かない、走らない、家では寝るだけ。だらだら過ごすのは楽ですが、それっていいことなの?よくないですよね。一念発起、運動しよう!このように思ってまずは小さな頃のように運動をしようと思って見ても、小さな頃って近くの子供たちとかけっこしたり出来ましたが、大人になるといかんせんそういうのは難しく、結果として一人でないし、家族と走ることに。

一人だと近くのジムに通う話しになったりするものですが、これ、困りものです。久しぶりに運動するんだということを忘れていませんか?あなたの筋肉、予想以上に衰えていたり、しませんか?

普段ほとんどあるかない、はしらない、運動なんてしない。こんな方が急にジョギングをしました。ジムで運動をしました。急にこんなハードな運動では、あなたの弱った筋肉が参ってしまいますよ。そんなことやっちゃうと、ぐきり、腰をやってしまうんです。今まで腰痛なんてなったことないのに!そうなってしまったら、悲鳴を上げても遅いというもの。

衰えた筋肉になってしまったら、まずは都内などの駅同士が近ければ、ひと駅歩いてみるところからスタートしてみては?筋肉を動かしていることを意識しながら歩くと、たったそれだけでも案外筋肉が鍛えられていくものです。

まずは歩くことからスタートしてください。最初っからジョギングなんて、衰えた筋肉では自殺行為というものですよ。自分の体力をじっくりと考え、理解してから運動はすること。これが肝心です。動けないほど疲れるまで運動してみた、こんなスタートでは続きませんからね。

痩せすぎで腰痛が酷いんじゃない?ダイエットは腰痛の天敵って本当?

日常生活の上で座業という方は数多く、その為腰痛を悩みとして抱えている人も多いですね。こんな噂、知っていますか?「痩せすぎると、腰に来るんだって!」痩せすぎって、腰によくないんですか?そのような噂を聞いた女性からの質問を受けました。実際にこれはどうなのでしょうか?噂の検証、してみましたよ。

逆の話しになりますが……よく肥満症の方は医師から痩せなさいと指導を受けますね。腰痛ですとこれは特に必須のように言われます。痛みのあまり運動が出来なくて……という場合でも、容赦なく、痩せることを命じられるわけですが、これは一体何故なのか、ということですね。

肥満症は腰に負担を滅茶苦茶かけます。何故なら、腰回りの筋肉こそがあなたの腰をサポートするための筋肉になるのです。つまり、標準体重以上に体重がある方は、重い荷物を腰に常に背負って生活しているようなものなんですね。重くて腰が痛いと悲鳴をあげるのも当然ということです。

腰が痛いから運動しない、出来ない。ですがそれと同時に肥満だからこそ運動不足に陥るのもまたしかり。それは更なる筋力の低下を招き、最終的にはあなたの大切な背骨、これを守ってくれることすらしなくなってしまうのです。

けれど「じゃあ痩せればいいんだろ!」というのも間違いです。近年では「痩せていれば健康です」とばかりに騒がれていますが、これまた間違い。太る=病気。太る=糖尿病のように騒がれていますが、これも安易ですね。太っているのは病気だからという場合もありますし、病気を招くから痩せろというのもあまりにも無知というもの。

話しを元に戻しますが、痩せすぎによって、今度は逆に腰に負担がかかります。何故なら腰を支えるための筋肉や、それを保護するためのぜい肉まで全くないから。腰に重しをつけるのもいけないことですが、腰を保護しているものを全て取り払うのはナンセンスですよ。標準体重こそが美しいのです。健康を保ち、美しさに磨きをかける方法を探ること、これこそがあなたに出来る最善のことなのだと思いますよ。

腰痛は年の所為だから、でもその血尿はなに?本当に怖い腰痛の真実

これはどこにでもいるような主婦、K子さんの話しです。二年前のことです。60代後半の母親が腰が痛いと言い、ちょっとだけ実家に戻ってきてくれないかとの連絡があったため、これは大変と仕事を切り上げて二、三日実家に戻ることにしたようです。専業主婦で無かった為にK子さんは休みを取って戻るまでに二日かかってしまったらしいのですが、まだ年齢が年齢であったために「そろそろ気をつけてみていなければいけない年齢に入るんだな」と、その時はそれくらいにしか考えていなかったということでした。

やっぱり同居かな……なんて、そろそろ色んな事考えなくちゃと思っていたそんな矢先のことだったのです。腰が痛いと言っている母親のために実家へと戻ってきたK子さん。そのK子さんの前でトイレに座りこめもしないと言う母親に、K子さんは思ったよりも母親が重症だったことを悟りました。

下着どころか靴下もはけない。動くたびに腰が痛いらしく呻き声が上がり、心配です。座ったり寝たり、じっとしていても辛い様子で見ているだけでハラハラしどおし。更には何故か血尿まで出ているため、病院に連れていこうとするけれど、病院で待っているのが辛いだろうから嫌だとごねる。ですからいくつもの科をたらいまわしにするのではなく、ピンポイントで専門の科に連れていきたいのでしょう。だからK子さんはこれは何かの病気でしょうかと尋ねてきたというわけです。

確かに長々と病院で待たされるだけで辛く、その長い待ち時間の間に悪化してしまい、結果として病院嫌いになる患者さんは良くいますよね。ですからそのお母さんの気持ちはよくわかりますが、病院にいってきちんと見て貰うことは大変重要なことですよ。

腰痛は腰痛でも、血尿が出ると言うことでしたら腎臓に病ありと考えるか、もしくは膀胱に異変ありということでしょう。腎臓の場合は尿路結石などの疑いがありますが、まずは自分で調べられる方法を試してみることから始めてください。

背中を軽くノックするように叩いてみましょう。そこで身体に響く様な痛みがあったら腎臓が原因の可能性が高いです。ですが別の臓器でしたら背中を軽く叩いても痛みがまた違う痛みとしてくるはずですので、その違いをご本人から事細かに聞き取っておくことが重要です。

腎臓からくる腰痛の可能性がありますので、総合病院に出向き、総合受付案内所の方で血尿のこと、そして腰痛のことを伝えてみましょう。きっと泌尿器科と整形外科に受診をするよう案内をしてくれるはずですよ。
(⇒身じろぐことでも痛みが発生する可能性のある腰痛とは?

一般的な腰痛予防法は腹筋背筋を鍛えるだけど、硬くても駄目って何?

特定の業務を負うことになるとどうしても腰に負担がかかりますね。ですから腰痛になる前に予防をしたいと考えている方は存外多いです。腰痛になってからでは遅いためということでしょう。殊勝な心がけだと思いますよ。

ですが一般的な腰痛予防法となると、どれもこれも一貫して同じ「腹筋を鍛えろ」「背筋を鍛えろ」だけですよね。つまり、鍛えまくって筋肉モリモリにすればいいんでしょうか?そうすれば腰は頑丈になるということ?いいえ、これは違うんです。筋肉をただつければいいというのは思い違いなんです。

筋肉をただつけるのではなく、柔らかくすることのほうが重要なのです。柔軟性のある筋肉は、骨を支える役割をしっかりと行ってくれます。ガチガチに筋肉をつけただけでは護れはしないのです。

腰痛には背筋が硬いのがよくないため、筋トレよりも行って欲しいのはストレッチなどの柔軟性を高めるための運動です。トレーニングよりもストレッチ。ストレッチの中でもバランスを高めるものを徹底的に行っていただきたいのです。

それにはやはり腰痛体操が一番いいでしょう。腰痛体操の中でも、特に体幹、インナーマッスルを鍛えるようにしましょう。これが鍛えられている人は、柔軟な筋肉の土台が出来上がっており、ちょっとやそっとでは腰に痛みが出ることもなくなるはずですよ。

大腰筋性腰痛は諸症状を引き起こす切っ掛けになる病気ですよ!

あなたは腰の症状として、今までどのような症状に見舞われたことがあるでしょうか?もしかしたら腰が詰まった感じがしたことってありませんか?これ、大腰筋性腰痛かもしれませんよ。
(⇒痛みがどこか分かりにくい腰痛とは?

この大腰筋というのは、背骨の後ろ側の突起の出ている方、自分で確認出来ますか?この指で触れてぽこぽことするところがありますよね?こちらから骨盤の前を通る様にして大腿骨まで繋がっている筋肉のことで、身体の一番奥の方に位置するインナーマッスルと呼ばれるものです。これは身体を支えるための重要な役割をしている筋肉であり、これが弱ることで骨盤がガタガタになることもある、大変な筋肉でもあるのです。

この身体を根本から支えるようにしている筋肉である大腰筋に、もしも問題が起きたとしたら、身体全体のバランスに大きな影響が起こります。ですからこれが元で起こる症状は文字通り、身体中のあらゆる場所で起こるのです。

腎臓、背中、腰、首、頭痛、肩コリ、これらの場所に一気に症状が出ることもあります。ですが逆に言えばこれら諸症状は、この大腰筋性腰痛を治すことで一気に解決するとも言えるわけですね。

腹筋背筋を無理なくきたえる腰痛体操!交互にこれを鍛えて腰元気!

腰痛をどうにかしたいなら、まずは腹筋背筋をつけること!誰でもこれくらいのことは教えられるものですが、こうしたものを腰痛の人がどうやるかがポイントになるのだと思います。腰痛体操はそういうものを無理なく出来るように作られたプログラムなため、無理な運動を最初からして悪化させたなんてことにはなりません。

この腰痛体操は、腹筋や背筋の力を、無理のない力のかけかたで強くするための腰痛体操です。ゆっくりとした動作で行いましょう。そしてこれを行う前の注意点ですが、腰痛体操は腰に痛みが無い時に行うものであり、腰に痛みがある時に行うと悪化しますので注意が必要です。地面を使って行う時は、床が硬過ぎないこと。自宅であれば絨毯の上などがベストですよ。
(⇒体幹を鍛える腰痛体操を簡単に理解する!
(⇒骨盤の歪みを取って楽になる腰痛体操

まずは床の上に仰向けに寝転がってください。次は両手をそのままお腹の上に当てます。同時に膝は立ててください。そしてお腹を押さえる様に手を組みましたら、頭を持ちあげてお腹――というよりもヘソを覗きこむようにして、ぐーっと腹筋の力を使って覗きこみましょう。このとき同時にお尻を浮かせられれば浮かせてください。結構きつい姿勢ですが、腰には負担がかかりませんよね?

腹筋を鍛えたので次は背筋です。背筋を鍛えるので、今度はうつぶせに寝てみましょう。その状態で両腕は身体にぴったりとつけて、上体をゆっくりおこします。ただし、アシカのように上体を完全に持ちあげなくていいですよ。胸が少し床から持ち上がるな、くらいでOK。腹筋の運動をしたら背筋。背筋の運動をしたら腹筋のように、腹筋だけをやり過ぎないように注意をしてくださいね。

腹筋の運動を5秒間キープ、これを3回。そして背筋の運動を5秒間キープ、これも3回。これを毎日繰り返せるようになりましたら、次は回数を少しずつ増やしていくと良いでしょう。じょじょに筋肉が増えていくことにより、腰の痛みも軽減していき、そのうち腰痛に呻くこともなくなっていきますよ。

腰痛のメカニズムを知ればあなたのしつこい腰痛ともおさらばです!

腰痛のメカニズムは、一度どこかに入り込むと抜け出ることの出来ないサイクルになっていると言われています。それはどのようなものなのでしょうか?あなたはそのサイクルを知っていますか?

腰にコリや痛みがまずは発生したとします。するとなんとなく不安になりますよね。「痛い、これは病気かな」なんて。誰しも腰の痛みが酷ければ酷いだけ不安になるはず。違和感だけでも不安になる方はいますから、痛みなんて発生した途端にたまらなくなるはずです。

そんな不安から、いつしかそれは体の不調に対する心配などに変化していき。気がつけばなんでこんなに腰が痛いのだと、怒りに変化していくこともあるでしょう。自分の身体が自分の思う通りにならなくなるのですから不快感が募り、怒りになるのはおかしいことではありません。

そうした感情の抑圧から生まれたストレスにより、自律神経が乱れ、更には交感神経が緊張してしまい、脳と筋肉が常に緊張状態になっていきます。すると常に跳んだり駆けたりしているような感じですね。

そうなると今度は筋肉が緊張しているのですから、常に筋肉は収縮していますので、それにくっついていくようにして血管が収縮します。すると血行が悪くなり、血液により送られるはずの酸素が筋肉の中から欠乏していってしまうのです。

そうなると今度は痛みの物質が筋肉の中に発生します。すると、腰から更に痛みは広がり、更にコリも広がっていき、更なる不安、そしてストレスが蓄積していくのです。

恐ろしいこのサイクルに入りこんでしまうと、全く抜けられる余地が無くなってしまいます。ですから腰痛にならないための予防が必要と言われているんですね。

腰痛に不正出血、性交渉からはそんなに日がたっていないのに何これ!

女性は定期的に出血があるため、血を見るのは慣れているものですが、生理開始日よりも随分と前のこと、ちょっとトイレにいこうと下着をおろし、便座に腰掛けようとした瞬間、ぽたぽたっ!出血があったとしたらどうしますか?生理前だからこれは生理ではないと、病気を疑いますよね?性交渉は生理が終わって一週間前後に行い、それから更に一週間ほど経った頃、これが起こりました。

いわゆる不正出血でしょうが、これは早すぎる生理と考えていいか?……というと、少し難しいでしょう。何故なら女性の月経周期は基本的に28日と決まっています。早すぎても流石に二週間程度で来るのはおかしいです。では妊娠かというとそれは分かりません。ただし基礎体温が低温のままということでしたら妊娠は有り得ないので、そこが最初の別れ道と言えますね。

不正出血が続き、腰痛がある。この不正出血の所為で腰痛まで起こっているのだろうかと思い不安になることもあるでしょう。ですがもしかするとこの出血は性交渉からの出血の可能性もありますので、こう言った場合は婦人科へと即座に向かうようにしてください。そこで腰痛もあることを伝え、現在の状況を事細かに説明することです。

腰痛はこちらも性交渉による腰痛の可能性があります。これは男女関係なく腰の動かし方などでなってしまう時がありますので、変なことやったかしら……などと落ち込まずに大丈夫です。ちょっとしたことで腰痛になることもあるので変に落ち込んだり恥ずかしがったりせずに病院に行きましょう。兎に角こう言った場合は、真っ先に出血をどうにかするようにすることが必要です。

特に女性の場合は子宮内の病気であることも考えられますから、そちらは放っておくとじょじょに悪化し、取り返しがつかなくなることも。これは避けたいので早めの受診をしましょうね。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >