腰痛

医師が言う駄目な椅子とは何?腰痛が悪化しない様な椅子の選び方!

座業の人にとって座るというのは日常のことです。事務職の方はもとよりもそうでしょうし、工場の仕事で一日中座りっぱなしで作業と言う方もそうでしょう。他にも職人さんでじっと腰を据えて作業をするという方もいますが、それらに共通するのは立つ時間の方が少ない仕事となりますが、そうした仕事の場合、椅子は大変重要な位置を占めていると言えるでしょう。何故なら一日中机に向かいあい、一日中椅子に座っているのですから当然ですよね?

けれどその椅子、本当にあっていると言えますか?いいえ、言い変えましょう。あなたにその椅子は本当にあっていると言えるのでしょうか?座業となると腰が悪くなりやすいものですが、椅子によっては何をやってみても駄目になってしまうんだとか。つまり、腰に悪い椅子というものがあるわけです。では、逆に腰にいい椅子があれば解決ですよね?

ですが腰にいい椅子って、なんでしょうか?人間、生活しているとどうしてもどこかに座るものです。それは休憩がてらであったりもするだろうし、仕事柄かもしれません。学生ならば勉強中に座るのは当たり前なこと。常に立っていられませんから座るのは当たり前ですね。ですが腰が痛むと腰痛の人は言います。そう、腰痛持ちにとっては座るというのは鬼門であったりもしちゃうんですよね。

座るのが怖いといって椅子を勧められても立っている方がいますよね。けれど、一人だけ立っていられると少々周囲としては辛いものがあります。これはどうにかならないものでしょうか?どうにかして座れるようになって欲しいですね。

そこで尋ねたのは専門医師。その医師曰く、腰に悪い椅子というものがあるそうです。それってどんな椅子なのでしょうか?それは「深くどっしりと座りこんでしまうような椅子は駄目です」これは腰に悪い典型的な椅子なのだそう。

ただし、人によって腰の形は様々です。肉付きにより変わっても来ますし、骨の大きさや形によって椅子も変えなければなりません。そうなってくるとこれがいい椅子だ!とは一概には言えず、結局のところ皆、家具売り場で探してくるよりないのですけれどね。

骨が普通と違う?骨格が違うと腰痛は治らない?当たり前の生活求む!

腰痛が酷くて運動が出来なくなった。これが悔しくていくつかの病院にいったところ、こんな話しをされたそうです。「あなたの骨は普通の人と少し違うようです」人よりも腰が弱く出来ている、そのように告げられたのは、人よりも腰の骨の数が足りないマラソン選手でした。やっと代表選手になれたのに、嘘でしょう?そのように絶望したと聞きました。

実はこれと同じように人と違う骨格を持つ方のエピソードがあります。こちらの方はヘルニアで手術をした時にそのことに気がついたとのこと。手術中、普通の人であればそのポーズを取れば隙間が生まれるところ、何故かその人の場合は血管がその隙間に入ってしまう。手術中にレントゲンでそのポーズを撮影してみたところ、驚くことに他の方よりも骨盤の位置が高いと言うのです。これでは手術が出来ないと、別の場所からの患部へのアプローチが開始され、なんとか手術は成功したものの、いっときはどうしようかと冷や汗ものだったそうです。こういった特殊な骨を持つ場合、腰痛はもう常に付きまとうものなのでしょうか?もうスポーツは出来ないのでしょうか?

腰痛というのは基本的に完全に痛みが引くまでは安静にするべきものであり、これが痛みが引いてからでなければ、腰痛改善のための運動などはむしろ逆効果になってしまいます。運動選手であったというのであれば、確かに辛いでしょう。運動が好きと言う方もそうです。苦しい、悔しいと思うはずです。けれど無理にそこで動かしてしまうと腰痛が悪化し、痛みが長引くだけです。今は安静にして、治るのを待ちましょう。

足がだる重い、腰痛が酷い!これは骨盤を治すだけで全部治るんです!

足が常にだるくて重い、その上なぜかいつの頃からかもう覚えていないけれど、常にむくみがあるようなぶよぶよに見えます。だから私は足ブスなんですと語るのは、20代後半の女性でした。10代からずっと足が太い、象のような足だと馬鹿にされてきたためか、その女性は可也のコンプレックスを抱いている様子。何とかならないかと尋ねられましたがこれは簡単ですよ。

実を言えばこの方、自分では気がついていないようですが腰痛も患っていたんです。あれ?足がむくんでいるのはもしかしたら腰痛の所為かもと思い、整体に通うように言い、おすすめの整体に連れていったところ、その方、なんと大変身してしまったんです。

ぶくぶくっと足がむくむ理由、実はこれも正しい歩き方が出来ていないからなんです。姿勢をただし、歩き方を修正。そして習慣となってしまっていたおねえさん座りも止めていただくと、一気にむくみが引いてきたと言います。もちろん、整体で歪んだ骨盤の位置も毎回治していただいていましたけれどね。

足の位置も腰の位置も治っていくと足がすっきりと綺麗になっていき、気がつけば誰もが振り向く美脚になっていたんです。凄いですね。これは誰も足ブスなんて言われていた女性だなんて思いません。そんな美しい足に変貌を遂げた女性本人が涙して喜ぶほどなんですから相当なことですよ。

骨盤の歪みは人それぞれ違います。何故なら生活習慣そのものが違いますし、骨格により歩き方が同じであろうと少しずつズレがあるからです。ですから真っ直ぐ歩いているようで歩けていない。真っ直ぐ腰を保てているようで保てていない。それは人に指摘されて初めて気が付くことなんでしょうね。

だから足がだるくて重い人、足がブスだと言われてショックだった人、まずは骨盤の歪みを疑ってみてはいかがですか?むくみをとったら案外、すっきり美脚が飛び出してきたなんてことになるかもしれませんよ?

腰痛持ちの友人へプレゼント?ならばオススメクッションランキング!

友人が酷い腰痛持ちなんですが、そんな友人をあまりにも不憫に思うのでプレゼントとして何か役立つグッズをあげたいんですが……何がいいでしょうか?このような質問をされたのですが、あなただったら何を贈るべきとアドバイスしますか?腰痛の方が貰って嬉しい、役に立つ!便利!といってくれるような素敵なアイテムって……なんでしょう?腰痛の方にこれが一番きく!というものは何かとアンケートしまして、その結果を元にランキングを作らせていただきました。上位3位にランキング入りした商品はこちらです。
(⇒腰痛持ちの方のバッグの中身を拝見させてもらいました!

なんといってもこれがなくちゃ寝れません!低反発マットレスで、腰の痛みで深夜起こされてしまうことがなくなります!ということで、安眠をお約束するマットレスが堂々ランクインしました。これが凄いのですが、このマットレスを使うまで夜中寝がえりを打つたびに起こされていた方が、朝までぐっすり寝れるようになったんだとか。このプレゼントならば喜ばれるかもしれませんね。

腰サポーター最強!なんてコメントまでありました。こちらはつけるだけで痛みとおさらばして快適に過ごせる奇跡のサポーターです。コルセットとは違って服の下に着ても響かないのがいいですね。

腰痛クッションも便利ですよ~。こちらは敷布団とセットで使いたい代物で、低反発製のものが大人気です。座っていても痛みがなく、すっきり快適に過ごせ、仕事中なども職場に持ち込めるため大人気。いいですよね、サイズ的に持ち運びが可能というのが、とっても素敵です。これと同様に、背もたれにつけて使うタイプのクッションも人気ですよ。こちらも酷いようでしたらお使いください。

他にも上位3位に入らなかったものの使えるグッズというと、姿勢矯正クッションや、クッションタイプのマッサージャー。お灸を自宅で出来る、電気式お灸機なんてものもありました。自分が使えたものを皆さんおすすめしてくださったので、必ずこれらの商品はききますよ。是非おためしあれ。

腰痛の治療を受けようとしたら会社が保険料の値上げ通告?これは何?

小さな会社に勤めていたAさんは、そこで運転手として働いていました。車の運転をする仕事であるため、どうしても車の運転を終えると体がギシギシとなるのが辛いと最近零していたのです。気がつけば首、肩、腰と、痛みが出始めていたのだそうです。
(⇒車のシートで腰痛になることもある

そんな痛みが続いていたある日のことです。長時間の運転を終えて会社に戻る途中、腰をぐきり。それから暫く様子を見ましたが、矢張り腰は痛めたまま、回復するはずもなく、仕方なく病院にいくことを決意しました。

ですがいざ病院にいき腰の治療を始めた時、何故か会社から連絡が入ったのです。最初の二回は既に先月の通院だったのですが、このまま今月も通院を続けようと考えていた矢先のこと。連絡の内容はこうでした。「このまま通院すると保険料を値上げさせていただきます」何故か保険料の値上げ徴収の連絡で、更には通院を邪魔するような宣告までもされたと言います。

実際にこういったことは、他にもあります。被害者側として交通事故などで通院をしているとこんなことはよくあることなのですが、加害者側の保険会社からこれ以上通院はもうしなくていいでしょう?と連絡が入るのです。ですがこの場合は止めるべきなのでしょうか?

運転手Aさんの話しの場合、会社は上場しておらず、会社保険は強制加入必要条件が揃っているきちんとした法人とのこと。ですから保険料が強制徴収なのですが、その値段が上がることそのものが有り得ない。更に言えば一年間に極端なほど多くの高額治療を受けてでもいない場合、そのような勧告は有り得ないのです。従ってAさんがこの腰痛で病院を訪れた以外病院で治療を受けていないと言う場合、この勧告そのものがおかしいのです。

ましてや治療をただ二回受けただけでこれ以上通院したら保険料増やしますなんてことはどの法律にもなく、会社の中でそのような決まりがあるとも考えにくいでしょう。ですからこのような治療を受けたくらいで保険料は増加しないことを覚えておきましょう。

会社は健康保険を利用することを制限する権限が本来なく、治療を受けない様に強制することも出来ません。ですからこれは違法となるため、結局Aさんは弁護士を立てて会社を訴えることにしたそうです。実は腰痛になった理由は、長時間の運転を会社から強いられていたからであり、その長い時間を運転しても、残業代も支払ったり支払われなかったりとマチマチであったという背景もあり、苦渋の決断だった模様。

昨今こうした会社側の経費を抑えるための圧力が増えてきていますが、萎縮するのは分かりますがきちんと調べて間違っている時は間違っていると訴える勇気も必要でしょう。Aさんのように病院にかかる権利は誰しもあるのですから。

妊婦に薬は大敵ですがそれでも腰痛は容赦ない!何まで使用してもOK?

妊婦の腰への負担は想像を絶していると考えていただいて結構でしょう。妊婦の方は毎日のように腰に10数キロの重りを常につけて生活をしていると考えればもっと単純に理解することが可能かもしれません。日がな一日それがついているんです。それも、全身の関節や筋肉が緩み、腰に更なる負担をかけてきます。その上食事に制限、薬に制限、運動に制限、冷やしてはならないと言うことで夏の暑さの中も冬の寒さの中も制限だらけ。どれだけ大変か訴えても中々理解して貰えないのが辛いところですが――そんな全てを禁止されて、必死に生活しているのが妊婦なのです。

そんな制限だらけの妊婦は、腰痛が酷くなっても薬が使えないので我慢するしかありません。それこそ自分では手が届かないのでパートナーの手を借りて腰を擦って貰うこともあるでしょう。誰かの手を煩わせることもありながら、なんとか腰の痛みを軽減させてと、痛みをどうにかしているようです。ですが中々にパートナーや家族も常に一緒というわけにもいきませんから、腰が痛くても我慢するのがほとんどでしょう。

ですが我慢がきかないような痛みも世の中にはありますよね?そんな我慢のきかない腰の痛み、何とかならないでしょうか?薬って、本当に使ってはいけないのでしょうか?湿布は大丈夫?それとも駄目?薬は何までは使ってもいいという、境界線はあるのでしょうか?

医師に尋ねてみたところ、風邪薬ならば市販程度のものならば飲んでも平気なのだとか。そして湿布は貼るタイプのもの、そして塗るタイプのもの、どちらも使用はOKだそうです。ただし、湿布はインドメタシンのように強い薬品が皮膚から吸収されるタイプのものは避けていただくほうがいいでしょう。ですが市販のサロンパスくらいならば問題はないということですよ。

ただしくれぐれも医師に相談の上使ってくださいね。人によっては使用できたりできなかったりと、差がありますからね。全員が同じとは限りませんよ。母体を大切に、労わる様に、日々を送ってくださいね。

腰痛がするのは腸腰筋のバランスが崩れたから?どうやって鍛えるの?

腰痛が始まった理由を接骨院の先生に教えて貰いました。こういうのは整形外科でも内科でも、腰痛でなくとも体の不調の原因ですから、医師に教わることはありますよね?何が原因なのか、全く教えない人の方が少ないですが、あなたも覚えがありませんか?原因はなんですか?尋ねてみたところ事細かに教えて貰ったなんてこと。この方はその先生に「腸腰筋の左右のバランスが崩れたからこそ、腰痛を引き起こしている」と言われたらしいのですが、腸腰筋って聞き慣れませんが、一体どこの筋肉なのでしょうか?
(⇒左右のバランスが崩れる日常生活のちょっとした仕草

腸腰筋とは「ちょうようきん」と読みます。これは腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉の総称です。主に股関節を屈曲させる働きをするものです。他にも脊椎を前屈させるための筋肉でもあるので、これが弱ると腰にかかる負担は増大してしまうのです。

ではこの腸腰筋を鍛える方法はというと、テーブルなどに手をついてぴんと背筋を伸ばし、膝だけを使うイメージで屈伸運動をしたり、真っ直ぐに立ったままで膝をあげたりする、膝を蹴りあげるような運動が効果的と言われています。
(⇒腰痛体操、インナーマッスルを柔軟にしよう
(⇒骨盤の歪みを取るための腰痛体操
(⇒腹筋や背筋などを無理なくつけるための腰痛体操

産後出たぽっこりお腹を撃退する!骨盤ベルトよりも運動の方が効く!

産後直ぐにお腹を引き締めるようにしないと、ぽこっと出たお腹が元に戻らないとよく言われていますよね。実は出産後、産休中の看護師さんがガードルを二枚重ねにしてお腹を引き締めていたんです。それくらいやってようやくお腹って引っ込む様ですね。なんだか考えてみると物凄くきつそうなんですが、もしかしたらそれくらいやらないといけないほどに骨盤が開いてしまっていたのかもしれません。

骨盤は中々引き締まらないものですし、腰も痛くなってくるしで散々ですが、産後2ヶ月でお腹がまだぽっこりといっているようだとしたら、もうこのお腹が凹むことってないんでしょうか?元に戻らないのでしょうか?

骨盤ベルトをしめたり、整体にいったりして、治った!と喜ぶのはいいものの、それをやめると直ぐに元通りのぽっこりお腹。あれれ?なんて思うけれど矢張り戻ってしまう。

骨盤が緩みっぱなしというのは、これは筋肉や関節、その間が緩んでしまっている証拠です。ですからこの骨盤周辺の筋肉を鍛えれば骨盤ベルトをせずともぴったりとお腹はおさまるというわけですね。

骨盤にくっついている筋肉とはつまりインナーマッスルのことです。これを鍛えるには腰痛体操もいいですが、インスパイリングというインナーマッスルを集中して鍛える運動もいいですよ。頑張って妊娠前の体型まで戻しましょう。

腰痛を悪化させない食べ方って?ちょっとした配慮こそが腰痛を防ぐ!

腰痛のためにはどんな栄養を取ればいいのでしょうか?腰痛を改善するためにはビタミンを摂取するといいと言いますが、ビタミンと一口にいっても分かりませんよね。それにビタミンも何種類もあるものですし、種類が多すぎて中々全ては摂りきれないでしょう。

ビタミンの種類が多く含まれているのは特に野菜が多いものですが、野菜は中々量が取れません。厚生省などで言われている量を摂ろうとすると、ボウル一杯に野菜を摂らないといけないこともあったりして、これは現実的とは言えません。何か他に、効率よく摂ることの出来る、腰痛を改善するための画期的な食べ物などはないのでしょうか?

はっきり言って画期的な栄養素となるとありません。ですが腰痛を改善するための食事の取り方はあるのです。まず気をつけて欲しいのが、腰痛は腰回りが冷えることで血行が悪くなり、腰痛を悪化させることもあるということ。これを覚えておいて欲しいのです。腰痛が悪化する理由は冷えと血行の悪くなったからということですが、では冷たい食べ物を食べることは良いか、と言えば悪いということ。

ですから食べ物はなるべく温かいものを食べること。内臓を冷やさず、腰痛の悪化を防ぎます。こういった少しずつしか気をつけられませんが、腰痛を改善するためのこの食べ方を心がけ、行っていくことで、内側から腰痛を悪化させることは防げるはずです。そうした少しの配慮をすることで、悪化を防げるなら安いものですよね?

妊娠後期になると腰痛とおしりの痛みに悲鳴!妊婦が知りたい秘密

妊娠七カ月、今までは早くお腹が大きくなあれと考えていただけなのに、なんだか腰が痛いので「こういうものなのかしら?」と新米ママさんは最初からずっと何かしら疑問を抱えていました。実際に初めての妊娠、出産、となると分からないことだらけでどうしたらいいのか分かりませんよね?こういうものなのかしら?さて、実際に妊娠七カ月頃になると腰が痛くなるものなのでしょうか?
(⇒妊娠後期になってくると寝にくいけれど、これがあれば良く寝れる

妊娠中に腰が痛くなるのは人によりますが、あります。腰の左側だけがズキズキして、痛い。右の腰がズクズクと刺す様に痛い、などなど。人により様々です。家で出来る対処としては温めるのは勿論のこと、お風呂で勿体無いかもしれませんが、シャワーを痛い場所にかけてあげることなんかがきくそうですよ。

けれどもっと効果があるのは整体です。妊婦が整体?いっていいの?マタニティウェディングで産毛の処理を断らない場所が増えてきたとは言え、妊娠期間中に整体なんて出来るのか!?なんて誰しも思うはず。ですがこれが出来ちゃうんですよ。

そもそも妊娠期間中となると薬など一切が使えないため、病院などは自然と足が遠のきます。病気にかからない様に細心の注意を怠らずに過ごす日々。けれど薬を使わないからこそ、整体では処置出来るのでしょう。

腰痛防止のマタニティガードルをつけてもやっぱり痛いものは痛くて、旦那さんに腰を擦って貰ってもやっぱり痛い。泣きそうなほどに辛い痛みを整体では「妊婦さんでも大丈夫ですよ」と引き受けてくれるそうです。ただし、妊婦ですから無茶なことは出来ませんよ?

妊娠していますから、優しくマッサージが基本になるそうですが、痛みは随分と楽になるそうです。あまりにも辛いと泣くのであれば、一度整体に相談をしてみてはいかがでしょうか?痛みが楽になるはずですよ。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >