腰痛

どのコルセットにする?腰痛持ちの味方は慎重に選びましょう!

腰痛ベルトは、腰痛バンドと言う名称でも販売されています。腰痛ベルトは、ゴム素材が主な素材です。一方で、コルセットは、整形外科や整骨院などで利用されている医療用の器具を意味します。

コルセットは整形外科で処方され、入手する事になる医療器具です。価格は数万円台と、かなり高価ですが、健康保険の適用を受ける事が出来ますので、1~2万円以内で購入する事が出来ます。

注意しなければならないのは、コルセットは、腰痛ベルト同様に、腰痛を治す器具ではないと言う事です。常に、腰回りの筋肉に負担をかけないように、筋肉を締め上げて、腰痛の軽減を図るための器具がコルセットです。

コルセットは、常時装着しなければ効果は現れませんので、常時装着しても蒸れにくい、通気性の良い商品を選択しましょう。コルセットで腰回りの筋肉全体を安定させる事で、腹部にある程度の圧迫力を与える事になります。従って腹腔圧が上昇して、体の中から体を支え、腰にかかる負担を軽減します。

また、背中側も固定する事で、脊椎が後に反り過ぎる事を防ぎます。そうする事で腰全体にかかる負担も、さらに軽減されます。骨盤にも圧力がかかりますので、仙骨が移動する事も抑制します。また、コルセットは腰全体を包み込みますので、保温効果ももたらします。

この様に、慢性の腰痛持ちになってしまった人にとり、コルセットは、腰回りの筋肉を引き締めて、脊椎への負担を軽減する器具として、欠かせないものとなっています。種類もかなり豊富に上市されていますので、価格と相談の上、主治医の意見も参考にして購入・着用すると良いでしょう。

腰痛持ちの貴方にぴったりのクッション、たくさんありますよ!

腰痛持ちになってしまった人向きのクッションも、数多く販売されています。どれもが、柔らか過ぎず固過ぎず、ちょうど良い固さに造られており、腰を包み込む様な形状をしています。

いくつか紹介してみますと、「BackJoy」という、座布団とクッションの中間型のクッションが、4,980円で販売されています。腰を包み込む様な形状に造られており、長時間デスクワークに従事する人に人気の商品です。

価格7,800円と少し値は張りますが、「ルルドのマッサージクッション」も人気の高い商品です。ちょうど良い固さに造られており、インテリアとしてソファの上に置いて使っても良い一品です。TV番組で紹介され、有名になった商品です。

「CuCu(キュッキュッ)」は、価格2,980円と手頃で、腰にフィットする形状で人気のあるクッションです。デスクワークの際に使用するも良いでしょうし、自宅の椅子に置いて使用しても良いでしょう。

「テンピュールのクッション」も人気がある商品です。柔らか過ぎず固過ぎない高反発素材を使用しており、腰痛持ちの人には嬉しい、腰に優しい造りになっています。仕事に、自宅の椅子に、オールマイティに使える腰痛を緩和するクッションです。

インターネットサイト「アマゾン」、「楽天市場」などを検索すると、多数の商品がヒットします。使用目的にぴったりの、腰痛を緩和するクッションが必ず見つかるでしょう。腰痛持ちも人は、是非使用してみましょう。

腰痛持ちに?諦めずに腰回りの筋肉弛緩などの改善策を実践!実践!

腰痛を改善するためには、腰の周囲の筋肉を弛緩させる事が効果的だと言われています。デスクワークを長時間強いられる人は、椅子の高さや位置を調節して、腰回りの筋肉が強張らない様に工夫しましょう。

仕事の合間に首、肩、腰の周囲の筋肉を弛緩させるようなストレッチを実践するだけでも、腰痛改善に効果があるとされています。可能ならば、休日などに軽い運動、特に体をほぐす運動を継続させると、腰痛改善にさらに効果的でしょう。会社帰りに、少し寄り道をしてみる、1駅手前の駅で電車を降りて自宅まで歩くと言った習慣を身に付けるだけでも、腰痛改善に効果的です。

入浴の際には、長めの半身浴に浸かるようにしましょう。そうする事で、腰回りの筋肉を弛緩させる事が出来、腰痛改善に一役買うとされています。半身浴は副交感神経の働きを活発化させ、リラックスする事が出来ます。良質な睡眠をとる事も可能となります。

重い荷物を持ち上げる時には、中腰などの不適切な姿勢をとらない様に注意しましょう。不適切な姿勢ばかりとっていると、腰痛が恒常化してしまいます。その代表例が筋膜性腰痛症、所謂ぎっくり腰です。介護関係の職業の人は、要介護者の体を持ち上げる時などに腰に負担がかかり、腰痛が職業病化しています。介護関係の職業の人も、体重を支える時などに、適切な姿勢を保つ事が腰痛改善につながります。

また、腰回りを冷やさないように注意しましょう。冷え症になってしまうと、筋肉が強張り、腰痛の度合を高めてしまいます。以上の事項を実践しても腰痛の明確な改善が見られない人は、腰痛ベルトなどの補助器具の使用も視野に入れましょう。腰痛改善に効果はあるとされています。

長時間のデスクワークで腰痛持ちに、椅子選びで腰痛予防となる話

腰痛にならないためには、自身の体格に合った椅子を選びましょう。理想的な椅子は、人の体格によりそれぞれですが、背中の部分は肩甲骨が当たる所まである椅子が腰痛を防止する椅子と言えます。座る面の幅は、両腕が自然に肘掛に乗る程度のものが良いでしょう。

座る面の深さは、背もたれに臀部が軽く当たるものが良いでしょう。椅子の高さは、膝を直角に曲げた時、足の裏全体が床に着く椅子を選びましょう。少し椅子が高い場合は、足載せ台を使用するようにすると、腰への負荷が軽減されます。

椅子に腰をかけた状態で、太腿を高く上げ下げすると、腰痛を防止する事が出来ます。太腿前面にある大腿四頭筋を鍛える事により、腰痛を予防する事が出来ます。椅子に長時間座りっ放しは避け、時々、太腿の上げ下げと言った「ちょっとした」運動を行うように心がけましょう。

気を付けなければならないのは、背骨がS字型にならないようにする事です。所謂猫背状態で長時間デスクワークを続けると、確実に腰を痛めます。その様な事を予防するためにも、背中の部分は肩甲骨が当たる所まである椅子を選ぶようにしましょう。

また、楽な姿勢で座る事の出来る椅子が、必ずしも腰痛予防になるとは限りません。往々にして楽な姿勢でいられる椅子は、後々、腰への負荷を増加させて行きます。年齢がまだ若いうちは筋肉の力で正しい姿勢を保持出来ますが、加齢とともに、筋肉は衰え、正しい姿勢の保持が困難となります。腰への負荷を増加させるような椅子を選ぶ事は避けましょう。

‘ちょっと背中出して‘何故?‘腰痛に効くツボが数多くあるんです‘

腰痛に効くツボとしては、足の二の指の下にある湧泉と言うツボがあります。さらに、足の中央には腎臓と言うツボが、踵には坐骨と言うツボがあり、マッサージする事で、腰痛の症状緩和に効果があるとされています。

湧泉は、体力、気力を高揚して、体全体を活性化させる万能のツボとして知られています。足の二の指の下、土踏まずのやや上の中央が湧泉です。両手の親指の先を使って強く押し揉みます。数秒間隔で押したり弛めたりの刺激を、ツボが温かくなるまで繰り返し交互に行うと効果的です。

腎臓は、腰痛の原因として、内臓疾患に罹患しており、内臓の働きが悪化している場合、体全体にエネルギーを送り出すツボとして知られており、内臓の要の1つである腎臓を刺激する事により、腰痛の症状緩和効果が得られるとされています。

臀部の骨である坐骨は、座った姿勢の時に体重が最もかかる部分ですから、右腰が痛いときは右足、左腰が痛いときは左足という具合に、痛い腰の方の坐骨のツボを重点的に刺激すると、効果的だとされています。

また、頚椎に沿って腎兪、大腸兪、風市と言ったツボが点在し、いずれも数秒間隔で押したり弛めたりする事で刺激を加えると、腰痛の改善に効果があるとされています。その他にも、ツボについて書かれた書籍や、インターネット上で、腰痛の症状緩和に有効なツボが詳しく紹介されていますので、参考にしてみると良いでしょう。

実に多様な腰痛の症状、注意!忍び寄る病魔の足音かもしれません!

一口に腰痛と言っても、その症状は実に多様です。腰痛は大別すると急性腰痛症と慢性腰痛症に分かれます。急性腰痛症の代表的な症状に、筋膜性腰痛症、所謂ぎっくり腰が挙げられます。不適切な姿勢で重い荷物を持ち上げた時に、激痛が走り、症状は恒常化します。

慢性腰痛症には、加齢が原因な脊椎の変形などから生じる腰痛が挙げられます。腰痛と言っても、具体的にどの部位が痛むかによっても、診断は異なって来ます。背中の下部が痛むようでしたならば、椎間板ヘルニアの疑いがあります。

腹痛を伴う、もしくは腰の左右が特に痛む腰痛の場合、何がしかの器質的疾患に罹患している惧れが考えられます。具体的には内臓疾患に罹患している惧れ、特に、胆石、膵炎、もしくは膵臓がんなどの悪性腫瘍に罹患している惧れがあり、早急な検査と治療が必要となります。

また、発熱を伴う腰痛の場合、内臓のどこかしらの炎症が考えられます。その場合は、抗炎症剤の投与で改善が認められる事もあります。一方で、腎盂腎炎、急性腹膜炎、急性虫垂炎、急性膵炎に罹患している場合も、腰痛の症状が現れます。

上記の様に、腰痛の症状は実に多種多様ですから、具体的に、腰のどの部分が特に痛むのか、腹痛や発熱を伴っていないかなどのチェックも、診断の必要不可欠項目となって来ます。場合によっては、腰痛は重篤な疾患に罹患している事のシグナルかもしれないのです。

‘MRIの検査してもらおう‘待った!大病院は混み合ってますよ!

腰痛を治療する場合、いきなり大規模な病院へ行くのは止めましょう。確かに、病床数500床以上の大病院(厚生労働省の規定による)には、CT、MRIなどの検査装置が備えられており、大病院への通院は、腰痛の原因究明と治療の早道に思えます。

しかし、腰痛でかかる事になる整形外科は、どこの大病院でも混み合っており、紹介状も必要となります。3時間待ち3分診療が当たり前になっており、当座しのぎの痛み止めが処方されるだけに過ぎない事が、大病院での診療のほとんどを占めます。

ですから、最初はかかりつけの医院やクリニックに出向き、とにかく、腰痛の症状を医師に詳しく聞いてもらう事が重要です。姿勢の悪さなどが原因の腰痛の場合、適切なストレッチ療法が指示されるかもしれません。脊椎に原因があり重度の疾患でない腰痛の場合、ケースバイケースの治療法を勧められる事もあります。検査も出来ます。

検査の結果、椎間板ヘルニアなど、かかりつけの医院やクリニックでは処置しきれなくなって、主治医に初めて大病院への紹介状を書いてもらい、大病院で精密な検査を行い、腰痛の原因となっている疾患を特定して、治療に当たるのが常道と言えます。

椎間板ヘルニアなどの疾患に罹患してしまった場合、手術を行わなければならないでしょうから、大病院に入院する必要性が生じて来ます。しかし、繰り返しますが、いきなり大病院へ行っても、検査を行ってはもらえず、かかりつけの医院やクリニックで十分に症状を確認してから、大病院へ行く事が、回り道をするようですが、腰痛治療の早道と言えましょう。

腰痛と言っても症状は多様、あなたの症状に合った適切な治療はどれ?

腰痛は、そのほとんどが手術などを必要としない治療法により、治療可能です。まず、病名がつかない腰痛持ちになってしまった時は、日常の姿勢に気を付ける事が重要です。デスクワークが仕事の大半を占める人は、ストレッチを実践して、腰痛を克服しましょう。

寝具にも気を使いましょう。余りに柔らかすぎるマットレスなどの使用は避けましょう。脊椎がゆがみ、余計な力が腰にかかり、腰痛を悪化させてしまいます。腰痛持ちの人は、起き上がる、横になる時などに、急激な姿勢の変化を伴う動作は避けましょう。

椎間板ヘルニアなどの病名を持つ腰痛持ちの人は、場合によっては手術の必要性が生じてきます。具体的には、脊椎を支える金属製の支柱を体内に埋め込む必要が生じます。その他にも、疾患により、何らかの外科的療法が必要な場合も有り得ます。

投薬療法としては、神経障害を回復させるのに有効とされるビタミンB12を投与する事があります。痛みに関しては、消炎鎮痛剤の投与が一般的な投薬治療法と言えます。その他にも、筋肉を弛緩させるための、一種の筋弛緩剤を投与する事があります。

最も手強いのは、がんなどの器質的疾患による腰痛の治療です。要因となっている疾患が特定出来た場合、その疾患の治療に専念する事になります。不幸にして、疾患名が特定出来ない場合は、対処療法に頼らざるを得ません。

その腰痛、原因は足音なく忍び寄る病魔のシグナルかもしれませんよ!

腰痛の原因としては、長時間のデスクワークなど恒常的に姿勢が腰に悪い事によるもの、老化に伴うものなどが挙げられます。一方で、器質的疾患によるものも挙げられ、器質的疾患による腰痛の原因には背骨の疾患によるものと、内臓疾患によるものとに分けられます。

腰痛の原因となる背骨の疾患としては、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症と骨粗鬆症などが挙げられます。いずれも、老化が伴っている事が共通点として指摘されます。内臓疾患としては腎臓結石、尿管結石など泌尿器科系の疾患が挙げられる一方で、大動脈瘤などの血管の障害、さらにはがんどの悪性腫瘍も、腰痛の原因として指摘されています。

姿勢の悪さと加齢により発症する事で、腰痛の原因として上位に位置している椎間板ヘルニアは、腰から足先にかけてしびれ、鈍い痛み、筋力の低下などの症状が現れます。脊髄神経を極度に圧迫するため、重篤な場合は排尿困難に陥る場合もあります。

同じく姿勢の悪さにより発症する腰痛の原因としては、筋膜性腰痛症、所謂ぎっくり腰が挙げられます。不適切な姿勢で重い荷物を持ち上げた時に突然腰に激痛が走り、恒常化します。ぎっくり腰は加齢によらず、若年者でも発症する症状ですから、重い荷物を持ち上げる時などは、適切な姿勢を保つように十分な注意が必要です。

器質的疾患、特に悪性腫瘍などによる腰痛には、さらなる注意が必要です。整形外科を受診して、レントゲン写真などに特に異常が見られない場合は、内科を受診して、腰痛の原因を探る事が重要です。単なるデスクワークの長さから生じた腰痛だと思っていると、重篤な器質的疾患に罹患していたという場合も有り得ます。腰痛がそのシグナルだったと言う事も、十分に有り得ます。たかが腰痛、されど腰痛と言えるでしょう。

‘何?腰痛持ちになってしまった!‘そんな場合はストレッチを実践!

長時間座ったままの姿勢でいると、腰痛の原因になります。人間は本来、二足歩行をする動物ですから、座ったままでいると、上半身の筋肉が次第に衰え、腰にかかる負荷が増大。その結果、腰痛を発症する事になるのです。

その様な場合、ストレッチを行う事で腰痛の解消につなげる事が出来ます。具体的には、次の要領で行います。椅子に浅く腰掛けて股を開きます。背筋を大きく伸ばして、頭を両足の間に入るぐらいに上半身を曲げます。そして、深呼吸を数回して元の姿勢に戻します。

次に、椅子に深く腰掛け、背筋、両腕・肘を充分に伸ばします。深呼吸をしながら上半身を徐々に後ろに反らせ、息を止めてしばらくその姿勢を維持します。そして、深呼吸をしながら、元の姿勢に戻します。

仰向けになります。そして両手を頭の後ろで組みます。右ひざを曲げて、そのまま下半身を左側に次第に捻ります。右ひざを左側の床につける要領で腰の筋肉を伸ばし、そのまま数秒間動作を静止。その後、次第に右ひざを元の位置にもどしストレッチします。

やはり、仰向けになります。両ひざを抱え込む姿勢をとり、数秒間その姿勢を維持します。そして、次第に元の姿勢にもどします。この動作を数回、繰り返します。この様な一連の運動で、強張っていた各所の筋肉を解きほぐす事が出来ます。

この様なストレッチを日々、僅かな時間で構いませんから実践する事で、腰にかかる負荷を軽減する事が出来、腰痛の症状を緩和する事が可能となります。上記に挙げた方法に依らずとも、とにかく、下半身の筋肉を解す運動を少しでも実践する事が肝要と言えましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >