腰痛

片側だけの腰痛が普通なの?これこそが病気のサインは間違い!!

腰が片側だけ痛むってことありませんか?時々、ずきずき痛む。こういう場合は腰痛といっても、なんだか普通の腰痛とは違うように思いますよね。普通と違う腰痛となると、では、最初から疑うべきは病気なのかも?ということでしょう。その考えに皆さん行くのは至極当然のことでしょう。

腰の片側だけが痛いというもの、それも時々しか痛まないというのは、恐らくは表面的な痛みではなく、内側――それも奥の方の痛みということでしょう。素人考えではなく、まずは一度病院にかかるべきです。

ですがこれだけは覚えておきましょう。基本的に人間という生き物は、片方が痛くて、それを庇うように足を動かす。腰を捻る。こういう動きを無意識にしてしまうものです。ですからこれにより庇っている方の腰の痛みが更に増すものです。この悪循環で痛みは時を経るごとに増していくんです。

筋肉痛であれ、神経痛であれ、それは同じです。内臓疾患であれば右側が痛むと言う場合であれば尿路結石を疑ってください。ほとんどの内臓疾患からの腰痛は、左ですが、右はほぼ間違いなく尿路結石を疑ってください。左は疑わしい臓器がいくつかあるので、医師の元へはやめにどうぞ。

腰痛といっても、脊椎の方が痛いのであれば病気というよりもヘルニアを疑うべきなので、こちらは最初から整形外科にいってもいいでしょう。内臓疾患を疑う場合、脊椎の痛み以外は一度はそれを疑ってかかるべきです。

腰痛というのは左右どちらかの「痛みを庇う」ことにより生まれることがほとんどです。ですからどこを庇って生まれたものかを見分けることが、腰痛の原因を探る手掛かりにもなります。どこが痛いかを病院に行く前に自分で少し探っておくといいでしょう。痛みがあまりにも酷いと、人間はそこを麻痺させて痛みを少しでも和らげようとする生き物です。ですから痛みの場所を覚えておくことも重要なことですよ。

腰痛改善にいい飲み薬のCMは本当に効果があるの?その真実が知りたい

肩こりや腰痛って確かに体の中の痛みかもしれませんが、「これは病気ではない!」こんなイメージがありますよね。それは臓器が痛い、臓器が悪いというわけではないからかもしれません。臓器が悪いなら確かに病気でしょう。ですからこれを内側から治すというのも頷けます。ですが大概の場合のコリには運動して治すものだという、治療というよりも本人の努力で補える、予防的なやり方で治癒するものが一定の効果があると言われるものであったりして――いまいち薬で治ると言われてもしっくりきませんね。
(⇒まさかこんなもので長年悩んでいた腰痛がなくなるなんて……

ですが最近テレビなどのコマーシャルでも見かけることが増えましたが、飲んでこのコリが良くなるものがあると言われています。これは本当なのでしょうか?なんだか疑わしく感じてしまうのは、一人や二人ではないはず。試してみたいと思っていても、何とはなしに疑わしくて手が出ないという人も多いかと思いますので、今回はこれの効果が本当にあるのか調べてみました。

肩や腰の痛みは、主に筋肉疲労により起こってくるものですよね。では筋肉疲労とは一体なんでしょうか?これは筋肉が疲労することで痛みが発生したり、だるく感じたりするあの症状のことですが……これは筋肉の中に疲労物質が貯まることでなるものです。

では、その疲労物質はどこからくるのか、ということですが、これは主に乳酸がこの筋肉の中に蓄積し、これがたんぱく質と結びついて乳酸タンパクとなり、筋肉がパンパンに張る筋肉疲労の状態になるのです。

ではその乳酸を体外に出してやれば筋肉が疲労しないわけですが、それは適度な運動をしていれば、上手く流れていくのですが、適度な運動をしない人は上手くこれが排出されないため、コリが長く続くというわけです。ですから良く、肩コリ腰痛の予防に運動しろと言われるわけですね。

話しを飲み薬に戻しますが、これが何故効果があると言われているかと言うと、体内ではビタミンCは生成されません。ですから摂取することで取り入れる必要があるのですが、このビタミンCやその他のビタミンB群などが疲労物質を体外へ排出する役割を担ってくれるのです。ですからコリを解す薬は効果があると言うこと。

そして薬を買ってくるのは……と言う人や、副作用がと言っている人に朗報なのは、お酢もこれと同じ作用をもたらすということ。ですからビタミンCや、その薬を大量に摂取しなければならないのかと落ち込んでいる人は、毎日少量のお酢を飲むだけでもいいんです。

お酢は酸ではありますが、体内に吸収される状態の時にはアルカリ性になっており、体の酸性を中和して、更には肩コリや腰痛など、体の中の疲れを取ってくれるんです。買いに行くのは……と言う人は是非お酢を少し飲む、これを続けてみてはいかがでしょうか?

妊婦独特の背中痛と腰痛が酷いんです!対処法があれば教えて!

妊娠して六カ月にもなると、お腹が目立ってくるようになってきますね。この頃にもなると周囲からもお母さんになったんだなと分かりますから、おめでとうございますなんて、初めて会う方からも言われたりするようになりますよね。ちょっぴりくすぐったい気持ちになりながらも新しい命が宿っていることに嬉しさを感じるようになったりしているんじゃないでしょうか?ですがちょうどこのころなのです。妊婦特有の腰痛や背中の痛みにうなされ出すのも。
(⇒妊娠するとどうして腰が痛いの?それはあなたの身体が母体になりつつあるからですよ

生理痛の様な感覚と共に腰痛がしてきた。気がつけば背中まで痛くなって夜も眠れない。これに対処する方法はないのでしょうか?まだ臨月でもないのにどうにかしなければこれでは参ってしまいますよね。

腰痛や背中の痛みを産院で訴えてみたところ、子宮が右側から大きくなってくるので、太い血管を圧迫して辛いのだと言われたそうです。ですから右側に症状のほとんどが出てくるはずとのこと。(稀に逆の方もいますが)お腹の中の赤ちゃんの様子によりそれは幾分変化してくるものですが、こうした場合、左を下にして寝れば楽に眠ることが出来るということですよ。

腹部が内側から圧迫されるので、どうしても血管が潰れ、血流が悪くなります。これにより腰や背中が痛くなるので、温めるといいでしょう。血液は温めることで血流の促進を促すことが出来ますから、温めると楽になるんですね。ですから湯たんぽなどを抱えて寝るのもよし、カイロなどを背中や腰に貼ってみるもよし、そうするだけで楽に眠ることが出来るはずです。

めまいに腰痛異常なしと診断、食い下がったら精神科へ行けって何?

二日前くらいからの症状で、めまいとだるさ、更には腰痛に首の痛み。こんな症状って何が考えられますか?どこの科にかかるべきなのでしょうか?

どこにかかるべきか分からず、とりあえず近くの整形外科へ向かうと、そこではとりあえずで出された薬だったのでしょうか?出されたものを飲んで見ても痛みは軽減しません。めまいもだるさも続いていたので別の今度は内科にかかってみました。ですがこちらも特にこれといって効いた感覚もないため効果なし。

仕方なく別の医者をと探して紹介状なしで総合病院へいったところ、大学病院へ回されました。そしてそこでも同じようにこんな症状ですと相談してみたところ、同じ薬を処方されましたが、当然薬はききません。ですが痛みは日に日に酷くなっていきます。流石に酷い痛みだったので「痛みどめをくれませんか……?」そのように訴えたところ、何故か精神科にかかってくださいと言われました。どういうことなのでしょうか?もしかしてストレス性の痛みだったということでしょうか?

精神科にかかってみても結局治らないのでまた別の総合病院へかかったけれど、最終的に精神科へとまた回されました。そちらに回される理由は一体なんなのでしょうか?

医者というものは基本的に自分のいうことを聞けない患者のことを憎く思う部分があるようで、セカンドオピニオンも嫌がる医者が多いのもこのためと言われています。海外では自分の診断に絶対的な自信があれば、セカンドオピニオンを受けられたところで何ら困ることはあるまいと、鷹揚にこれを頷いて送りだすものですが、日本ではまだまだそれが浸透していないようで、そういったことにはならないようです。

自分の判断が信じられないのか!と言われても、患者としては単に痛みを取って欲しいから病院にきているわけであり、その薬がきかないからかえてくれと訴えているだけなのですが、それは中々に医者には理解して貰えません。

ですからこの医者じゃ駄目だ、と思ったら、即座に別の病院を探し歩くことを考えた方がいいでしょう。あわない医者、あわない考え、自分の症状の原因を突き止められない医者では、時間の浪費をするばかりで、痛みと長く付き合うだけになりますからね。無駄な時間を使いたくないならば、早々に見切りをつけるのも手と言えますよ。

腸骨筋性腰痛は、痛みがどこだか分からない?はっきり言えますか?

なんと説明すればいいか分からない痛みって結構ありませんか?痛いんだけど、どう説明すればいいかな?なんとなく、ズーンとする痛みですとか、ビリビリってするんですとか。あまりにも抽象的なくらいならまだいいですが、どこって言いにくい、そんな痛みこそが一番問題なんです。

どこか分かりにくい痛みだと、どこだか分からないので特定するのに時間がかかりますし、医師としてもそれじゃあ困るんだよねが本音のはず。ただし、実際にどこだか分かりにくい痛みというのはあるものです。

お尻の奥の方が痛いかなあ、なんて腰痛というよりもそちらの方が痛くて悩ましく感じている。そんな風に訴える方が整形外科に来ることもありますが、実はこれ、いまいちはっきりとした位置に痛みがこなくて、人によっては下腹部が痛かったり、お尻のような気がするけれど、もっと奥の方だから、膀胱かな?腸かな?なんて病気を疑うこともあるんです。

これは体型により痛みの部位が変わってきてしまうので仕方ありませんが、分かりにくいのは問題ですよね。これは背中側というよりも、お尻側から、骨盤の前までをぐるりと通る様にしている筋肉が痛みを訴えるため、どうしてもどこが痛いとは言いにくく分かりにくいのです。本人でさえ分かりにくい症状がこの症状であるため、仕方ないといえば仕方ありません。

筋肉の位置も位置なため、整体でも接骨院でも、施術がしにくいことで有名で、整形外科も含めて施術するかた、医師の方、全員が苦手とする病気なのです。
(⇒日常生活をおくりにくくなる腰の病気

予防運動は毎日するけど他は?腰痛に効果のある食べ物が知りたい!

腰痛を予防するためにあなたは何をしていますか?腰痛体操していますか?毎日これをやっているけれど、どうにも歳の所為か軟骨がすり減って身体中がぎしぎし言うんですよ。そんな風に50代の男性は告げました。確かに腰痛体操では軟骨が足されるわけでもないし、これはどうにもなりません。

こうなってくると内側から鍛える以外の方法も考えなくてはならないのかもしれません。腰痛を予防するためには、他に何をすればいいのでしょうか?内側からとなると、あとは食べ物になるのかもしれませんね。

食べ物となると腰にいいといわれるのは、ネバネバした食べ物です。オクラ、納豆、ヤマイモなど、ネバネバとしたものの中にはムコ多糖類というものが含まれており、これは骨と骨の間の椎間板の構成成分の一つでもあるのです。ですからネバネバ食品を食べることで、痛みを取る効果は期待できませんが、椎間板の材料となる成分を摂取して関節の回復を期待出来るということですね。

また、最近ではテレビコマーシャルなどで騒がれているグルコサミンやコンドロイチン等の成分も注目を浴びています。こちらもこちらで関節など、骨のつなぎ目などに良いとされています。

これら腰や関節にいいとされる成分を摂取することと、腰痛体操などを兼ね合わせて行うことで腰痛をばっちり予防、改善できるはずですよ。
(⇒亜鉛サプリが良かったの?腰痛がこれを飲んだら綺麗さっぱり消えた不思議
(⇒腰痛改善の市販薬、これって効果あり?

女性特有の腰痛、生理には二つの腰痛があるってあなたは知っていた?

腰痛が辛くなりやすいのは女性の方が多いですが、その理由は矢張り生まれ持った性質の所為かも知れません。子供を産む大役があるからか、女性はどうしても腰痛を抱えやすいのです。

腰痛を元から抱えていた場合、更に女性達は妊娠や出産後、そして生理などの段階を踏まえるごとに腰痛が悪化する可能性が極めて高くなります。そこはむしろ諦め、受け入れるより他無いのかもしれませんね。前向きにことを考えた方がいいのかもしれません。それこそ、痛みの出にくいようにどうすべきか、などです。

今回はそうした女性特有の腰痛についての説明ということで、生理と腰痛についてのお話しです。生理と腰痛は大きく分けて二つあります。一つは月経前緊張症、もう一つが月経困難症と言う二つの腰痛です。

月経前緊張症とは、月経の開始より少し前に始まるもので、これは月経のはじまりとともに痛みは軽減していき、じょじょに減少、そして消滅します。月経時、黄体ホルモンと言うものが、子宮からプロンスタグランジンという子宮を収縮させる物質を分泌するのですが、この物質の分泌が多すぎてしまうと、下腹部の痛みと共に腰痛などが発生するのです。従って腰が痛い!となるのですね。

因みにこれはストレスの値が高いとでやすかったりするため、ストレスを感じない生活を送ることがとても大切になってきます。そしてこれになる方は大体の場合が繊細な精神の持ち主がなる場合が多いため、気をつけておくようにと、気を強く持つようにと、このように考えていても可也難しいでしょう。

ですから気を強くなどではなく、一旦気持ちを外におくことも重要かもしれません。仕事などで疲れたなど、考えることを放棄する。そうすることで少しはストレスを感じずやれるようになりますし、ストレスを与えて来るものがもしも人であったならば、その人物も、「またやってるのか」「暇なのか」など、失礼かもしれませんが幼稚な、などとその相手に対して思うことで、自分の気が楽になることもありますよ。

そして後者である月経困難症ですが、こちらは月経時に伴う腰痛のことであり、他にも下腹部の不快感や、下腹部の痛みなど、治療を必要とするほどの痛みを伴うものですね。これは月経前緊張症とは違い、月経そのものが終了することで無くなるものです。

ただし、こちらの場合は加齢と共に悪化しますので、腰痛も悪化していくと考えて間違いないでしょう。治療の必要性がありますので、婦人科などに早めの受診が必要になってきます。
(⇒妊婦の辛い腰痛を軽減させる方法とは?

骨盤の歪みを取る腰痛体操は壁と床を使い楽々出来るって知ってた?

骨盤が歪んでいたり、傾いていたりすると腰痛が酷くなります。整体や接骨院にいくと、骨盤が歪んでいますね、なんて言われたりしませんか?これはその傾きを少しでも減らし、腰痛を押さえたり、腰痛を解消するための腰痛体操です

まずは仰向けになるのですが、硬めの床の上に寝転がってください。ただし、硬すぎるのも腰によくないので、絨毯などが敷かれた床の上がいいでしょう。そうした床の上に仰向けに寝転がりましたら、その状態から膝を曲げる様にして少し持ち上げます。そのまま背中はつけたままにしてくださいね。

床に寝ることで骨盤の位置がより分かりやすくなったかと思いますが、この骨盤を持ちあげる様にします。床からお尻が浮くように、肩と足の裏は床につけたまま、お尻だけをくっと持ち上げてみましょう。これを10秒くらいをくっ、くっ、くっと、ゆっくりと3回から5回行ってください。

次は壁に背中をつけてみましょう。背中、お尻、肩、ぺったりとくっつけてくださいね。背中は特に腰などは少し浮くでしょうが、それで結構です。そのままかかとだけは20cmくらい壁から離してください。そのまま、ぐーっとお腹に力を入れ、腰を壁に押し付けるような動きをしてみましょう。これを7秒間力を込めては緩める。力を込めては緩めるを3回繰り返します。

これで骨盤の歪みは取れ、背筋の緊張が緩み、腰のそりが減るでしょう。痛みが出たら腰痛体操は中断し、身体を少し休めるところまで一旦戻りましょうね。

流行りのトレンド、腰痛にはエルグがおすすめ!エルグってなに?

流行りのものを知っていないと周囲についていけませんよ?なんて広告によくあおりとして載っているものですが、腰痛にも流行りの波が来たようです。知らない方もまだ多いのではないかと思いますのでこの流行の品をご紹介させていただきましょう。

腰痛にはエルグがいいというのはもっぱらの噂です。ですが知らない方からすれば、何かのブランド?何とはなしにそんな名前っぽい気がするものの、その程度で記憶にも残らないかもしれません。このエルグ、現在はスポーツ選手の間などで人気が上昇しているところのようで、なんだか嘘っぽいですが身につけるだけで体のバランスを整えてくれるんだとか。なんだか新興宗教などが配るアイテムのような胡散臭さですがエルグとはそうしたものなのだそうです。

人気商品なのか、今回手に入らなかったので検証出来なかったのですが、エルグは身につけるだけで体のバランスを整えるだけではなく、人間が持っている潜在的なパワーや回復力を高めてくれるようなものでもあるんだそうです。

なんでも特殊な天然鉱石を使っていて、それがそのパワーを引き出すアイテムの肝心要の部分なんだそうですよ。そして、その天然鉱石を使い、作られたのがエルグ レス・ペイン・ベルトというのです。腰痛のサポートベルトなのですが、コルセット骨盤ベルトの中間くらいの見た目をしたこのベルト、腰を中央部からしっかりサポートしてくれるため良いんだとか。

実際に使用したことのある方などのブログが数件見つかりましたが、効いている!という効果を実感する声がちらほら見受けられますので、他の腰痛改善グッズじゃ駄目だった。そんな方は試してみるのもいいかもしれませんよ。これをつけて二週間で腰の痛みが消え失せたなんて人もいたので、賭けに出る気持ちで一つ購入くらいならアリではないかな?なんて、思ったら買い時かもしれません。

酷い腰痛で接骨院にいったら「骨盤歪みすぎ!」姿勢改善で治った!

酷い腰痛を患っている方がいました。この方は病院を何カ所も回ってみても「ヘルニアかもしれないねぇ」で、原因がはっきり分からずいまいち消化不良に。結局どういうことなの?なんで腰が痛いんだ?首を傾げながら痛みと戦う毎日だったそうです。実際こういった方が世の中には少なくありません。腰痛があるからと言っても、原因が何だと中々言い切れないのが腰痛というものなのです。

そんな腰痛、ある日新しく出来た接骨院にいってみたところ、そこで「骨盤が歪み過ぎているから痛いんでしょう」と言われました。はっきりとここが悪いからと言われたのが初めてで、それから暫くその接骨院に通うことにしたとのこと。治療を開始して分かったのが、とんでもなく全身の骨が歪んでいたというのですから驚きですね。

動物には動物の歩く正しい姿勢と言うものがありますが、人間には人間の歩く姿勢がきちんと存在します。けれどそれが出来ている方がどれくらいいるでしょうか?腰痛を患っているとほとんどの方はこれがきちんと出来ておらず、正しく歩けていないためにどんどんと全身の骨が歪んでいってしまうんです。これこそが更なる腰痛を引き起こす原因になっていたのです。

正しい姿で歩けない理由は姿勢にあります。姿勢がきちんと保てていないために正しく歩けず、更には歩けないがために腰痛が起こります。これはどれか一つでも順番が違っていても同様の結果を生みます。ですからこれは、正しい姿勢を普段から心がけ、更には歩き方もきちんと正す事。こうすることで腰痛が起きることも防げますし、これから腰痛が起きないように腰回りの筋肉を増強することも出来るというわけですね。

まずはお近くの整体で骨格の歪みを正して貰い、それから正しい姿勢を心がけてみてください。そうすることでぴしっと腰の位置も正され、痛みもなくなっていくはずですよ。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18