腰痛

腰痛持ちでも出来るストレッチって何かない?筋肉をモリっとつける!

腰痛があると運動出来ませんよね?運動しているうちに腰が痛みだして休もうとする。一度腰が痛いと痛みを持ち始めたら横になって痛みが引くのを待つしかありません。それが悲しいとは思いますが現実です。これでは運動らしい運動なんて出来ません。

けれど太りやすい時期というのは誰しもあります。冬や秋はご飯が美味しい季節です。だからどうしてもついつい食べ過ぎてしまいますね。あれを食べてはこれを食べ、気がつけばもっちりと腹周りと腰回り、そして下半身に肉がついていました、なんてことは「あるある!」な話しでしょう。これ、なんとかしたいですね。

ズバリ、腰痛があるならじゅうたんや床の上でストレッチすればいいんです!まずはごろんと地べたに横になりましょう。次に両足を揃えておきます。片足ずつでいいので真っ直ぐにしたまま、床から10センチから30センチくらい持ちあげましょう。するとこれを10回もやるときついなぁと思います。そうしたら同じ回数だけ逆側をやりましょう。たったこれだけで膝関節などを保護する筋肉がついてきます。

そして腰を守りながら出来る筋トレと言えばこれですね。腕立て伏せ。ただし元から筋力が無い方用にと言うことで、膝はそのまま床についたままで結構です。今度は床に腹ばいになってみましょう。次に腕を床につけて、膝も床につけて、膝から上を真っ直ぐ一枚の板のようなイメージをしながら腕立て開始です。

最初から数をこなそうと思うのではなく、背筋を使っているぞ、腹筋を使っているぞ、腰回りの筋肉を使っているぞ。腕の筋肉も使っているぞ。このように筋肉を使っているとイメージして使うことによって、段々と筋肉が使われることを覚えます。これにより、歩くときでも随分と腰の周辺の筋肉が腰を支えながら歩くようになってくれるはずですよ。

筋肉は鍛えるのと同時に、徹底的に使うことを体に覚えさせましょう。

土日祝日に腰痛になりました!こんなときどう対応する?温めるべき?

足を怪我した、指を切った、子供が高熱で大変!けれど土日祝祭日って時はありませんか?運が悪いにも程があるとは思いますが、ちょうど時間がぴったりと重なってしまって大変。どうしよう?!こう言う時ほどパニックになっていますから、中々こうやって動けばいいという答えが、ぱっとは出て来ないものです。こんな時、実際にどうすればいいのでしょうか?あなたは直ぐに思い浮かびますか?

ですが腹痛が酷くて病院にかけこんでみたところ、腸が活動を停止していて、その所為でお腹が痛かったという方もいたそうで、休日診療のお陰で一命を取り留めた、なんて方も居る中、腰に激痛が、なんて場合は何となく一日様子を見ておこうという気持ちになるのが悲しいところ。だって腰に激痛となると下手に動かせませんものね。

こういう休日に腰が痛いと言う場合、応急処置ではありませんが、冷ますか温めることで少し回復するんだとか。ですが間違った対処をすると腰痛は悪化しますよね。一体どちらをやればいいんでしょうか?温めるんですか?冷やすんですか?

実を言うと冷やす、冷ます、温める、熱をあてる、これらの判断って物凄くシビアなんです。はっきり言って素人判断は危険極まりないんですね。ですから誤って冷やしてはいけないところ、冷たくしてしまい悪化。熱をあてたら気持ち悪くなって吐いてしまった。なんて場合もあります。医師にあとから大目玉を食らったで済めばいいですが、それで済まずに大変なことになってしまっては元も子もありません。責任問題に発展しかねませんよね。

こういう休日で病院がやっていない場合は、まず温度を変化させないことを心がけてください。湿布を使って冷却してみたところ悪化した、良くしようとしたのになんて言っても駄目なものは駄目。温度が変化しないタイプの湿布を貼り付けて熱を逃がさないようにすること。下手に冷やさないようにすることを心がけてください。

そして休日診療にいくか、またはその日動けそうにないならば次の日朝一番で病院へどうぞ。

出産をしてから腰痛腹痛が同時に来るように!これって私だけ!?

あなたは出産をした後、普通でいられましたか?いくつか話しに聞きますが、獣となる、裂ける、死にかける、などなどありますが、出産後も何故かずっと続く症状があり、それは出産から時間を経てじょじょに治っていくものではないとしたら、どうしましょうか?実はそんな症状があるんです。
(⇒出産直前、妊娠後期の腰痛の秘密

出産後下痢が続き、腰痛腹痛が続き、辛い。胸やけまで続いてなんだかよく分からないし、出産後なのに陣痛が続いているんじゃないかというくらい体全体が痛むというこの症状。出産したのに出産後もそれがずっと続く女性がいると考えるとぞっとしますよね。

結局これは病気なのか、それとも出産時の後遺症なのかということですが、これは後者。出産時の後遺症なのです。赤ちゃんを産んで嬉しいだけではなく、後遺症があると聞くと出産が怖いものになってしまいそうですが、事実現実にある話なので覚えておくと今後のためになりますよ。

実は出産したまま骨盤が開きっぱなしになってしまう方がいます。これ、赤ちゃんを産むときに坐骨が開くものなのですが、最近増えているのが開かない方ですね。この開かない方は大変な難産になったり、更にはそのまま難産がたたり亡くなったりして、あまり良い結果を生みません。ですが開けば開いただけでこんな結果になったりもして、全てが全ていいかと問われると微妙なラインになったりも。

産後、これはじょじょに治るものですが、治らない場合もあります。開いたままであるとこうして下痢が止まらなかったり、陣痛がそのまま続く様な痛みがあったり、腰痛がおさまらず辛かったりと、常に痛みに泣くことになるので、この状態になってしまっているかのチェックは重要です。

まずは仰向けになって内またにします。正常な状態は量は死の開きは45度くらい。ただし両方綺麗に開いてずれてなんて方もいますが、片方だけだと「あ、大丈夫っぽい」なんて思ってしまいますが、片方だけもありますからね。注意が必要です。女座りが楽に出来るのもよくありません。

骨盤の矯正のためにまずは整体やカイロプラクティックなどで見て貰うことが一番の近道です。矯正するにしてもどこがずれているか知らねばなりませんからね。そこで分かったら次はゴムバンドなどを巻きつけて矯正などしてみましょう。大腿骨の外側の出っ張りより、少し上のあたりです。そこにゴムベルトを巻きつけて締めつける。これで骨盤がじょじょに矯正されていくはずですよ。
(⇒妊婦が愛用、骨盤ベルトの正しい巻き方とは?

腰痛持ちでお風呂は皮膚が弱くて×!温めるには何をするのがベスト?

腰痛は持っているんですが、普通の人のようにお風呂に長く入って腰を癒すと言うことが出来ません。Yさんは皮膚が弱く、アトピーでもあります。そのため長湯は出来ないどころか、湿布も腫れず、コルセットも皮膚がかゆくなって出来なくて……と、中々に深刻な様子。何をすれば腰がよくなるのか、そしてどうしたら痛みなく過ごせるのか、必死に考えても中々答えが出ません。そんな中の相談でした。

どうしたらいいのでしょうか?緊急と銘打たれてきたこの相談メール、どうにかして痛みを失くすための方法を考えてあげたいですね。整形外科にいっても中々効果がないということでしたが、そういうことであれば次は鍼灸院にいってみるのもいいでしょう。鍼などであれば皮膚が弱くともやりようがあります。お灸は皮膚が弱いのであれば辛いでしょうが、鍼ならば問題ないはず。

そして整形外科であったとしても、湿布が駄目というのであれば、塗り薬で湿布というものもありますし、軟膏というものもあります。一度医師と相談して、塗るタイプが大丈夫かどうか、調べてみるのもいいでしょう。どちらにせよ一度整形外科にいき、もう少し詳しく見せて検査をいくつかするべきかと思いますよ。

場合によっては骨そのものに異常もしくは、骨格そのものに異常がある場合もあります。その場合は湿布ではなく筋肉の付け方などで治る場合もありますから。皮膚などで悩まずとも腰は良くなる可能性もあるかもしれません。その道を探るのも一つの手だと思いますよ。

まずは鍼灸院と整形外科を考えてみること。ただし整形外科の医師には鍼灸院と同時に通うのでしたら同時に通っていることがバレないようにすること。バレると「もう来なくていいよ」と整形外科の医師は言う方もいますので、そこは注意してくださいね。

9割の腰痛は自分で治せる、この本を試した人の感想、知りたくない?

「9割の腰痛は自分で治せる」このタイトル、あなたはどこかで見た事がありませんか?これ、実は本のタイトルなんです。タイトルの通り、腰痛を解消する方法を載せてある本なんですが、実際に効くかどうかというのが腰痛の人にとってみれば一番気になることですよね?

ですがこの本、開いてみると直ぐにも分かるのですが、ページ数を稼ぐように文字がでかでかと並んでいて、中身はとっても薄い本だったんです。更には腰痛解消法が分かりにくく書いてあり、さっぱりなんです。結局じゃあ何の本なんですか?そんな風に言いたくなってしまうところですが、この本、実を言うと著者の腰痛アカデミーという会員制のセミナーをすすめるための本であり、セミナーのパンフレットだったのです。

ですから中途半端にぼかして書かれている解消法であるため、どうしても真似してやろうとすると逆に悪化してしまうか、もしくは悪化しないにせよ効果がほとんど現れることがないのです。

本気で著者のすすめるセミナーを受けたいと言う方はこの本を購入してもいいですが、セミナー受講は3万円になりますので、病院にいくのとかわらないかもしれませんね。
(⇒スポーツ選手絶賛のエルグって何?本当に効果はある?

毎朝歩くと痛いんだよね…これって実は怖い腰の病気かもしれません!

狭窄症と言う病気をあなたはご存知ですか?これもまた腰痛が症状の一つの病気なのですが、これが不思議なことに、ある一定の区間を歩くことで痛みを発する病気なのです。

痛みを発する場所は神経が発生源の場合と、血管性といって血管周辺に起こるものの二つがあります。神経性の場合は腰椎及びお尻の部分が、長く立っていることや背中をそらすことにより、痛みが発生しやすくなります。

そして血管性の場合は腰から大腿部、お尻、ふくらはぎまで進行します。またはその逆で、ふくらはぎの方から上がっていくこともあります。どちらも広範囲に渡って痛むため、これにかかると大変辛い病気なのです。

兆候と言われるものは、歩くことで生まれる痛みが、この狭窄症である可能性を疑わせます。そのため歩いて痛いと言う場合は、少し気に留めておいた方がいいでしょう。座ったままで居てなった、そういう場合も確かに気に留めているべきですが、これはあまりに特殊な症状ですから必要です。因みに神経性は安静時にも痛みがありますが、血管性の場合は安静時痛みがないので注意。

あなたがもしも朝起きて、さあ出勤だと言う時のこと、そんな時に毎朝駅まで歩くと何故か腰が痛む。これはもしかしたら狭窄症の可能性がありますよ。この毎朝駅までなど、ある特定の距離を歩くことで痛みが出るという、特殊な症状こそがこの狭窄症なのです。

ですからこの症状が出た場合は必ず気に留めておくこと。毎回その距離と決まっている場合は、病院へ行き、医師に迷わず相談しましょう。
(⇒風邪と間違いやすい恐ろしい腰痛の病気

枕、あっていますか?布団だけじゃなく枕も腰痛には重要な鍵だった!

良く腰痛の方は言いますよね。「マットレスを変えたら、腰の痛みがなくなって、良くなったの!」「せんべい布団に変えたら、腰の痛みが無くなったの!」って。実は腰痛の方だけではなくどなたにでも言えることですが、寝具というものは案外馬鹿に出来ないものなんですよ。

実を言うと人間の一生で一番お世話になるところは寝室だと言われています。それはそうですよね、人間の三大欲求である睡眠欲、これを満たすためにはどうしても寝室やベッドなどの寝具は必要になります。そして睡眠時間はある程度までしか削れない、必ず取らねばならないものです。ですが結構これらをないがしろにする人って多いんですよ。

睡眠がしっかりしていないと鬱になりやすかったり、風邪もひきやすかったり、他にもまともに思考が働かなかったりと、根本的に人間の生活の基盤を脅かすものばかりが言われていますが、存外寝ることに重きを置かない人が多いです。ですがこれに重きを置くことがどれだけ重要なのかわかるエピソードを一つお教えしましょう。

特集で枕とベッドを紹介していたニュースがあったのですが、特注の枕を使い、その場で横になってみた途端のことです。バギギギバキッ!肩から背骨、腰椎まで全ての骨が鳴り、一瞬しんとなりました。そうなのです、この方今までずっと肩から腰から全て痛かったのだと言います。とどのつまり何が言いたいかと言いますと、マットレスも枕も、自分にきちんとあったものでないと、大変なことになってしまうということなのです。

きちんと自分にあった枕とマットレスがセットになることで、人は安眠が約束されます。そのニュースでの方も、枕を変えた途端、背筋がきちんと正され身体中が楽になり、腰の痛みも解消されたと言います。

ではそんな枕の選び方のご紹介です。枕の高さをあなたの首や肩のカーブに合わせること。S字カーブを描いた低反発まくらなどもありますが、ああした形のものを思い浮かべてください。あのような形がいいのです。最近では枕の専門店もありますので、そちらで選ぶのがいいでしょう。専門店なので店員さんも詳しく話しを聞いて、あなたにあったものをチョイスしてくれますよ。

枕と布団、どちらがかけても安眠は約束されません。そして、あなたの正しい姿勢もこれがないと、約束がされないものなのです。

腰痛で整形外科は今の時代有り得ない?内科受診から始めるがベスト!

膝、腰、肩、だる重~い。そんなコマーシャルがいつぞや放映していましたが、実際に疲れるとその三点は大変痛みやだるさが出てくる場所でもありますよね?でも皆疲れているし、疲れからきているんだろうし、なんて言い訳をして病院にいかないで、湿布を貼って何とか凌ぐ。あなただけではなくて、大半の人が病院よりもこんな風にしているはず。

随分と酷い状況になってからこりゃまずいと病院にいくわけですが、そこで整形外科へ行ってみて、レントゲンを撮ったのに異常は写らないと言われ、首を傾げました。あれれ?何故なのでしょうか?医師から告げられたのは「腰痛の原因はそうですね……恐らく疲労ではないでしょうか?湿布を処方しておきますね」後は飲み薬で痛みどめのようなものを貰ったりしておしまい、これはなんだか納得がいきません。でも、実際にこんなケースはままあることです。困ったことに整形外科で最初に行うこのレントゲン、実を言うとあんまり写るものが多くないんですよね。

酷い方だと脚のしびれや腰に刺されるような痛みが常にある場合もあったりして、レントゲンに写らない?これで?絶望感でいっぱいになって医師を信用しなくなるなんて人もいたりしてもう大変です。かく言うあなたはどうですか?誤診でしょう?なんて思ったこと、ありませんか?

ある方が、あまりの腰の痛みから整形外科に通うようになり、けれど全く良くならないため内科へと受診した結果、腎臓結石であったため、酷い腰痛があったと分かりました。その方は手術して事なきを得ましたが、実際こうしたケースが多いのが事実。ですが整形外科ではレントゲンに写らなければ別のケースを考えず、ほとんどの場合はそのままリハビリに回してしまうそうです。

医師の診断は、まずは内科からがベスト。これが現在の腰痛のスタンダードな受診の順番となっています。これを守らないで整形外科からいくと、無駄な労力と共に、痛みをただ長引かせるだけですよ。

足のだるさは腰痛に繋がっているの?痛くて外出が億劫、何とかして!

毎日の通勤ラッシュ、いやになりますね。電車通勤だと人ごみに揉まれながら出社。そしてマイカー出勤だと渋滞に巻き込まれつつの出社です。なんとかならないのー?誰しもそのように一度は思ったことがあるはずでしょう。

社内では女性は最近ナースシューズが流行りなのかはいている方を多く見かけます。男性はサンダルだったりスニーカーだったりもしますが、基本的には革靴ですね。履き物が悪いのか、足が緊張していて、帰宅し履き物を脱いでも痛いまま。朝のラッシュも悪いのか、それともそれは関係ないのか、何故か足がだるくて仕方ありませんよね。これってなんなのでしょうか?

足というよりも、膝、腰、つま先まで痛い。特に腰は非常に痛い。何故こんなに痛いのかと仕事が終わるとへとへとで、アフターファイブにどこかにいこうなんて元気もありません。なんとかしてほしい!病院に行く暇もないのですが、こう言う場合はやっぱり行った方がいいのでしょうか?

足が痛い場合、腰が元気な人はいませんよ。なので足が痛いんですから腰が痛いのも頷けますね。勤務先の近くに病院があれば、そのまま病院に勤務が終わった後飛びこむべきでしょう。

まずは腰痛が坐骨神経痛のように、直接的な足の痛みと関係がないかどうか調べましょう。そのためにも一度病院へ。そして足のだるさの原因と、腰の酷い痛みの原因を探ったら、これの治療をしていき、少しでも快適な生活を取り戻しましょう。朝から大変かもしれませんが、もしかしたら足のだるさと腰痛が取れましたら、もっと楽に通勤ラッシュ、乗り越えられるかもしれませんよ?

初めての激痛、腰痛なのは分かるけど!これは知っておきたい応急処置

今まで生きてきた人生の中で、初めての腰痛でパニックとなってしまった。恥ずかしくて旦那に暫くからかわれた……なんて語るのは、主婦のAさん。Aさんはそれまで運動をしていたこともあり、腰痛なんてなったこともないし、肩コリだってなかったそうです。なのに行き成り腰がずきーん!驚きのあまり背中を刺されたような痛み!?と、涙ながらに助けてと、旦那さんに助けを求めたそうです。旦那さんもさぞかし驚いたことでしょう。それもぎっくり腰でもなく、単に酷い腰痛だっただけなのですから。

ですが腰痛は腰痛、放っておけば酷いことになりかねませんよね。何度も大きな痛みを繰り返していると、ヘルニアになることだってあります。そうなると、どうにか対処したいものですが……さて、どうするべきなのでしょうか?

基本的には腰痛は、痛みが走ったら安静にすること。痛みが引くまでは腰の周囲の筋肉を鍛えて補強することもままなりません。そこで無茶をして動くと悪化するので動かないこと。まずはこれが応急処置といえます。次にぎっくり腰の場合は冷やす事とされていますが、これで痛みが引く場合はこのまま冷やし、悪化するようなら無理でも時間を作って病院へ行きましょう。

そして次の腰痛が起きるのが怖いというように怯えるのであれば、ドラッグストアでコルセットを購入してください。痛みが出たらコルセットを巻きつけて安静にすること。まずはこれで当座は凌げます。

兎に角時間がなければなんとかして作り、一度病院へ行きましょう。その際は総合病院をおすすめしますよ。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >