腰痛

妊娠初期の腰痛のあまり知られていない危険?初妊娠なら知りたい事!

妊娠初期の腰痛って知っていますか?始めて妊娠すると知らなくて「何これ私病気かも!?」なんて、突如起きた腰痛にパニックを起こしてしまいがちなものですが、実は妊娠すると腰痛になるのです。

それも驚くことにお腹の赤ちゃんが大きく育ったわけでもないのに、もしかしたら腰に負担がかかりでもするのか、腰痛がするんです。不思議ですよね。しかも妊娠が初めてなんだ、と言う人の方が、腰痛が重かったりするんです。では、妊娠初期、何故腰痛が起きてしまうのでしょうか?

まず、妊娠初期の腰痛である時は、切迫流産の可能性を考えてみましょう。この切迫流産が原因であったり、そのたの異常妊娠も可能性としては考えられます。ですから女性の場合、性交渉があってからの腰痛は一度整形外科ではなく、婦人科や産院などに見せてみましょう。そちらの可能性を一度は考えておかないと、あとで後悔することになりかねません。

どうして初期に腰痛が起こるかですが、これは原因が今のところ完全には解明出来ておりません。分かっているのは女性ホルモン特有のものであり、これが過剰分泌されることによって腰痛が起こるということだけです。ですから赤ちゃんが生まれる場所を整えようと身体が母体に変化し始めたということだけ理解するようにしましょう。

妊娠したから、だからこれは自分の身体が母体に変化していく証拠なんだと思えば、その痛みも「そういうことなんだな」と納得がいくはずです。納得がいかない痛みと、納得がいっている痛みでは、我慢出来る程度が違ってきますよね。ですから大変かもしれませんが、一番酷い腰痛は、妊娠初期のころは妊娠したばかりくらいですので、少しの間我慢してみましょうね。

日常生活で行う正しい姿勢を身につければ、腰痛なんてなりません!

日常生活の上で腰痛を引き起こすポーズというものは何かあるのでしょうか?腰痛にならない人はよく、正しい姿勢を身につけているからと言いますが、正しい姿勢を知らない人にとってみれば、腰痛になる理由も、悪い姿勢も分からないものです。

よくあるのは重い物を持ってぎっくり腰になるというものですが、こちらも重いものを持つ時の姿勢が上手く出来なかったためにこのような結果になってしまうのです。では他には腰痛になりやすいとされるポーズは何かないのでしょうか?

なりやすいポーズの代表とも言えるのは女性ならではですが、高いヒールをはいていることで腰痛になってしまった。と言う方はいますね。高いヒールをはくことで腰痛になるのはなぜなのかというと、高いヒールをはくと腰がそってしまいため、それにより腰痛になってしまうのです。

ヒールをはいても腰のそりが強くならない姿勢を保てるのであれば話しは別ですが、ヒールをはきなれていない人ほどこういった形の腰痛は起こるものですから、まずは高いヒールをはいて歩く前に、準備運動ではないですが、家の中で鏡の前などで姿勢を学んで、それから外にはいていくようにすると良いでしょう。

次は車の運転ですね。これもシートをべーったりと寝かせる様にして使っている方がいますが、これも身体によくはありません。正しい姿勢はシートをハンドルに近づけるもの。膝が腿よりも少しだけ高くなるようにすること。特にシートはあまり倒さないというのは重要です。背中は丸めておかず、姿勢よく伸ばして運転しましょう。

たったこれだけのことですが、長時間どちらも行う日常的な姿勢です。これを守るだけで腰痛にならなかったり、腰痛の悪化を防げたりしますよ。

ジョギングで腰痛になるのは反り腰だから!でもどうやって確認する?

その歩き方も姿勢も、全然正しくありませんよ!――そんなことを言われても……なんて思うのは誰しも同じ。だって自分の姿勢なんて中々自覚出来ませんからね。ましてや歩き方なんて言われても、中々正しい物になんて出来ません。自分のことなんて客観的には中々見れないのだから仕方ありません。

けれど存外人は見ているもので、歩き方が正しいか正しくないか見て、中にはこっそりと点数までつけている人までいるものです。悔しいけれど姿勢よく歩いていないというのは、それだけで責められるものなんですね。

ですが歩き方はいいとしても、走りかたを言われるとこれまた難しくて頭を抱えてしまうものです。だってそうでしょう?走っているフォームなんて尚更確認が出来ません。歩行ならば室内で鏡を使えば確認も多少でしたら出来ますが、歩行とは違い室内では狭くて確認が出来ないでしょう。

ジョギングを行って腰痛が!こんな人がいました。これはフォームが悪いからであり、ジョギングの際に反り腰になってしまうからなのだろう、そのように本人も分かっているのですが結局自分だけでは中々直せないそうです。

他人から常に見て貰っていて指摘して貰うというわけでもなければ難しいですし、他人にビデオに取って貰えば見れますが、それもまた難しいでしょう。ですから結局この方は、自分で試行錯誤しながらやっている有様だと言います。こうした場合、どうすればいいのでしょうか?

まずは正しく立つことが出来るかのチェックを行いましょう。壁に背中をつけて、かかとをつけて、顎を引いて頭をつけます。この時肩が壁から浮いていませんか?後頭部がきちんと壁につきますか?出来たら姿勢そのものは正しいと言えるでしょう。

次はランニングのフォームを学びたいのですが、これは本やwebなどで美しいフォーム、そして正しいフォームを学びましょう。地道にこれは特訓をしていき、直すしかありません。そして正しいフォームを身につけてもまだ腰が痛いというのであれば、姿勢ではなく病気からくる腰痛が考えられますので、病院にいくことをおすすめします。
(⇒腰痛なのに最初からジョギング?行き成りは危険ですよ

女性諸君、肩にかけてるそのバッグ、腰に負担かけすぎじゃないの?

男性の荷物って、なんだか少ないですよね。「携帯電話と財布しかないもん。当たり前」そんなことを若い子に聞くと言われるものですが、それに比べて女性の荷物の多いこと多いこと……驚く様なものまで入っているそのバッグ。結構腰に負担かけてるって、知ってました?

日常を見直すことで腰痛は減らす事が出来るものですが、まさかあなたの持っている手荷物のことで言われるとは思いもしなかったのではないでしょうか?実は手荷物って結構重要なんです。何故なら必ず誰しも外出する時に持っているから。だから結構身体に負担をかけているんですよね。

男性は携帯電話と財布のみと言う人をよく見かけるものですが、女性は片方の肩にずっしりと重そうなものを持っています。中身はなんでしょうか?化粧品に携帯電話に手帳に傘にペットボトルに、何故か必要のなさそうなバンドエイド。持っていれば確かに安心でしょうが、毎日傘まで持ち運ぶのは重くないんでしょうか?

実はこの荷物、片方の肩で担いだり、片方の腕で持ったりすることにより、あなたの腰の片側だけにやたらと負担をかけてしまうことになるんです。これって骨盤が歪む元になってしまってよくないんですよ。では、バッグはどうすれば正解なのでしょう?どのように対処すればいいのでしょうか?

バッグを片方に持つことが駄目なのですから、いつも同じ側で持たない様にして、持つ手を変えましょう。ただし、これでも女性はその筋肉の構造上、片方だけで持つことを負担に思わないため、ついつい片方だけで持ち続けてしまうでしょうから、いっそのことバッグはショルダータイプのように、肩に引っかけるのを止めてしまうことがベスト。リュックを背負い、左右均等に力をかけましょう。

そしてなんであれ重要なことですが、腰に悪いので重いものをずっと持ち続けるなど、そうした腰をいじめることを止めてしまってください。腰をいじめていても、長い時間荷物を背負い続けるなどやめるだけで違ってきます。短時間で重いものを運ぶのは止めること。左右均等に重さをかけてやること。たったこれだけでも腰の負担は軽減させることが出来ますよ。

くしゃみで激痛!それこそが最も危険な腰痛のサインって知ってた?

腰痛って酷くなると歩けなくなったりもするものですが、これよりも、もっと酷い症状かそれと同等くらいの症状って知っていますか?下着をおろすのも辛い。身じろぎするだけでも悲鳴なんてものもあったりしますし、中には寝たら起きれないほどの痛みなんてものもあります。

ですがもっとも危険な症状は、くしゃみで激痛が走ることだったのです。なったことが無い方には中々に分かりにくいものかもしれませんが、くしゃみを一つするたびに、身体中がびしり、ぎしり、ぐきり、音が響き渡り、身動きが取れなくなるほどの腰痛に見舞われます。酷い時はそのまま気絶する方もいるんだとか。

実はこのくしゃみをして激痛が走る状態って、可也酷い腰痛になってしまっているということなんですね。この場合は座っていると痛みを感じるか感じないかにより話しが変わってきますし、それともう一つは、腰とお尻の間が痛いのであれば、その痛みには左右差があるかどうかによっても話しが変わってきます。

今現在の症状をメモし、なるべく早めに病院へ向かいましょう。なるべくでしたら総合病院ですが、総合病院までが遠いということであれば、整形外科など、近くにないか探してみましょう。まずは病院でくしゃみによる激痛が走ることを告げ、相当自分が酷い状況だと言うことの説明をすること。そして左右に痛みの差があるかないかなども伝えましょう。

生理による腰痛が酷い!噂だと冷やす方が痛みが楽になるって!本当?

女性の一月に一度の面倒な行事である生理ですが、男性には分からない、独特の鈍痛をもたらす腰痛がこれにはほとんどつきものといってさえいいくらい、どの女性も体験しているんです。ですが、これって、どうしたらいいと思いますか?女性のあなたは知っていればきちんと勉強しているのでしょうが、知らなければこれから気をつけてみましょう。

そしてあなたが男性だった場合、関係ないと言うかもしれませんが、知らないで彼女や奥さん、娘などに「毎月あるんだから痛いとか甘えるな」なんて言ってしまって、後で毛虫の如く接せられて涙目なんてことになりたくはないでしょう?今回は女性の生理の腰痛の、その対処法について学びたいと思います。

最近言われていることで、生理痛で起こる腰痛が酷い時は、冷やす様にという噂があるようなのですが、これって本当なのでしょうか?昔から言われているのは温めろですよね。温めるべき?それとも冷やすべきなのでしょうか?

腰痛まで起きるほどの生理痛となると最も酷い時期の生理痛なのでしょうが、基本的にこういった場合、温めるのが常道です。ですが場合によっては冷やすべきというのも本当なのです。ですからどちらの話しも間違ってはいない。けれど、一度婦人科で見て貰うべきでしょう。そこで特に問題点を指摘されなければ、基本的にこれからも生理からの腰痛が酷い場合は温めるべきです。ですが婦人科で「痛みが酷ければあなたは冷やしなさい」などの指示があれば冷やしましょう。そうすることで痛みが薄れます。

けれど、今度は何故ほとんどの場合には温めるなのに、一部は火安なのかという疑問がわいてきますよね?これは実を言うと、腰痛の原因が外傷性の炎症であれば、冷やさなければ腰痛は取れないからなのです。基本的に子宮の痛みは温めてとれるものの、こちらは別ということですね。

ですから生理による腰痛で気持ち悪くて居られないと言う方は、婦人科に迷わずいきましょう。誰でもくるものを何を大げさな、なんて言うのはなってみたことのない人だけが言うことであり、本当に酷い方は緊急搬送されるレベルの生理痛を引き起こしているということを忘れないでください。

そして男性のあなたは、あなたの大切な女性が辛そうであれば腰を擦ってあげましょう。労わる気持ちと手の温かさで女性の痛みが和らぎますよ。きっと感謝されるはず。家庭円満のためにちょっとの気遣いはじめましょうね。

腰痛があると太るから、この下肢筋トレ法で上手にダイエットする!

なんといっても腰痛があると太ります。運動したいのに出来なくなるからが理由ではありますが、無理して運動しても体に悪い、悪化すると医師から告げられるのもあり、どうしても食事制限で痩せるしかなくなってしまいます。運動したいけれど無理、更には食事制限でとなると、人間それでは痩せられないものです。食べたいものを食べられないとなると食べたくなるものですから難しいのも頷けるはず。痩せたいですね。腰痛持ちの方が出来るダイエットというものを今回はご紹介させていただきます。

腰が痛いというのは重力が背骨に上からかかるから、痛い。大半の場合がこれになるわけですから、まずは一番楽なのがプールでしょう。近場にあるプールで歩いたり泳いだりすること。実は同じだけの時間を歩くならばプールで歩いた方が消費カロリーは三倍以上になり、泳ぐと更にそれは大きく消費されます。つまり、歩く、走るなどの運動をするくらいならば、場所を変えて運動すれば即座に痩せられるということですね。

これは確かに楽に痩せられはしますが、毎日はちょっと厳しいですよね?毎日プールに通うのは時間的な問題で無理と言う場合もあるでしょう。そんな時は床に寝転がってみましょう。と言っても、実際に床では腰を痛めますので、柔らか過ぎないじゅうたんの上が妥当なところでしょうね。横になったら膝を軽く折り曲げて立てる。そして手を頭の後ろで組んで腹筋の姿勢を取りましょう。

これで腹筋を開始しますが、注意点をあげさせていただきます。普通の腹筋と同じようにやらないこと。視線の先におへそが見える程度の場所までしか持ちあげない腹筋をしましょう。次に腕立て伏せですが、背筋を使っていることを意識してやると、腕だけでなく背筋も綺麗についてきますよ。

仙腸関節性腰痛って一体何?座ると痛い!日常生活を送れない腰痛!

こうした時に現れる症状ってありませんか?一定区間歩くと出る腰痛妊娠期間中の腰痛生理痛の腰痛微熱と共に現れる腰痛。症状によって腰痛は腰痛でも病気だったりするので、その症状の差には注意を払うことが重要です。

実は歩いているとなる腰痛とはまた逆の、座っているとなる腰痛というものがあるんです。この腰痛は不思議なことに、一旦立ち上がってしまえば痛くはないんですが、座ってしまうと腰が痛くて動けなくなってしまう。ですが動かずにそのまま座っているともっと痛いという、大変辛い腰痛です。座ることが出来ないとなると、日常生活を送ることが困難になりますよね。そういった点でも、これは大変問題がある腰痛とも言えるのです。

この腰痛は仙骨と腸骨の関節、これらが損傷してしまっていることにより起こる腰痛であり、これは放置しておくことの出来ないものです。最も痛みが起きるのはその損傷が起きている部位周辺ということで、仙骨と腸骨と言えばお尻のあたりの骨ですね。ですから座ることが出来なくなってしまうのです。

日常生活に難ありになってしまうため、早めの処置が必要ですが、問題は適切な治療をしても痛みそのものが完治するまでに長くかかる可能性がある腰痛と言うことでしょう。一説では完治まで2カ月かかることもあるということですので、これは損傷を自覚した場合、早めに医療機関を受診し、早めの治療を受けられてください。損傷個所が大きくなるとその分完治まで長引く可能性が増しますよ。

風邪ではない?腰痛と微熱で考えられる最も最悪な病気って一体何?

微熱を伴う腰痛というものを知っていますか?これはいくつかの病気が考えられるもので、ただの腰痛とただの風邪と考えていると、もしかしたら大変なことになってしまうかもしれません。

熱と腰痛が共に現れる病気で考えられるのは、主に二つの病気が考えられますが、一つは脊椎カリエス、もう一つは化膿性脊椎炎と、どちらも厄介な病気と言えるでしょう。内臓疾患ということではないのですが、その分発見がしにくく、発見が遅れると大変な結果を生む可能性もある病気です。

この脊椎カリエスと言う病気は、病巣そのものは肺ですが、そこから脊椎へ移動し、血液を通じることで結核菌が運ばれていき病巣を腰などの脊椎に作るものです。最初は椎体が浸食されていき、やがて椎間板が破壊されるため、放っておくことが出来ない病気です。

症状の現れ方は背中と腰に多く、病巣がある部位を叩くことで叩打痛も起こるので、確かめる方法は簡単と言えば簡単でしょう。身じろぎをするだけでも痛みがあり、これになってしまうとただそこに居るだけでも痛みに呻くほどになることも。特に夜は痛みが増すため、寝ることもままならない可能性があります。

主に微熱、そして赤血球沈降速度が増しますので、見つけるのは血液検査などからでも見つけられるでしょう。更に脊椎の運動に制限がかけられるので、単純に動けないようになってくるはずです。更に悲しいことに、この病気にかかってしまうと年単位の化学療法が必要になってしまう病気なため、早期に発見したいものです。

そして次に化膿性脊椎炎とは何なのか、ですが、こちらは脊椎が黄色ブドウ球菌や、緑膿菌などの菌に侵されているという、化膿性の病気です。こちらは泌尿生殖器系の病巣から血液の流れに乗り、脊椎にこれが侵入してしまうものです。これが起こりうる可能性は、糖尿病などでステロイド製剤を使用していたりすると、かかりうる可能性があります。

症状としては脊椎に疼痛などから始まるものですが、腰や背中に広がっていくものになるため、最終的には激しい痛みに襲われ、倒れこむことも考えられるでしょう。ただ、近年では何故か痛みと発熱と共にゆるやかにこれになる場合もあり、全てが全て激しい症状を訴えるわけではないということも覚えておきましょう。

微熱と腰痛という、もっとも風邪と酷似しているこの病気。とりかえしがつかないほどの症状になるまえに一度病院にいきましょう。風邪と腰の痛みほど、厄介な病気はないのですから。
(⇒病院に連れていくなら、まずは総合病院からにするべきです

腰痛が酷いと思っていたら腰に皮膚炎?これが痛みの原因だった!

腰痛は酷いのは酷かったけれど、まさかそれが病気の所為だったなんて。こんな言葉は総合病院にかかって腰痛の原因が整形外科では分からなかった方から良く聞かれる言葉ですね。

これはFさんのお話しになります。腰のあたりの皮膚が荒れていて、住んでいるところが田舎ということもあり、どこかで何かかぶれたかしら?とその時は思ったそうですが、範囲が大変広く、これはちょっと皮膚科にいかないといけないわよねと皮膚科へ。そして医師に見せたところ、帯状疱疹ですねと言われたそうです。

帯状疱疹とはウイルス性の皮膚の病気のことで、これが腰から腹部にかけて広がっていたからこそ、腰痛があったのではないかということでした。ただ腰が痛いわけではなかったのかと驚いたようですが、それだけではなく、医師から告げられた更なる一言は追い打ちになったようです。「これだけ酷いと痛いじゃすまないはず。かなり酷い痛みだったでしょう?大丈夫だったんですか?」と言われ、労わられたというのです。

酷い症状を相当な数見ている医師ですらそんな言い方をするの?と驚いたのもありますが、はたとその時に気がついたそうです。ああ、だから最近腰痛が酷いなって思ったのかと。持病で先に腰痛があり、このように帯状疱疹があったりすると、どうしても後からかかった病気に関して人は無意識に頭の中から排除してしまうものなんですね。

ちなみにこの帯状疱疹ですが、帯状疱疹神経痛という、あとあと残る神経痛があることもありますので、この疱疹がなくなるまでは無理なことをしないように心がけましょう。神経痛が残りやすいのは高齢者になればなるほどということですが、若くとも油断して無理をしているとなることもあるので注意が必要。そしてウイルス性ということもありますので、この疱疹が出ている間は乳幼児などの耐性がほぼ無い体の方には近づかないよう配慮も必要です。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >