腰痛

10年も腰痛と付き合っているBさん、ならばと紹介された先の出会い

病気や怪我などの身体の痛みで、慢性化してしまったものは長く付き合うことを覚悟しなければならない、それは誰しも同じことですね。慢性的な病気と言えばぜん息などがそれにあたるでしょう。あとは交通事故に見舞われればそのままその後ずっと続く倦怠感に悩まされることになるのでしょう。痛みは続くのだから、諦めるより他ない、そう向き合うことに決めてしまえばじっくりとどっしりと構えるだけですね。そんなこんなとしていたBさん。実は腰痛と10年以上もの付き合いがあったのです。

10年と言うと想像を絶する年数ではありますが、腰痛なんてものはあなたもなんだかんだと言いつつも、何年か付き合いを続けているはず。ちょっとやそっとの年数だと思っていたらあっという間に付き合いは友人よりも長くなってしまった、なんてことに。

それだけ腰痛との付き合いが長いと、どうしても勤め先の先輩や、同僚、友人や知人、近所の方、皆知るところになってしまうのは致し方ありません。何故ならどうしても周囲に迷惑がかかってしまうから。悔しいことに腰痛を持っているといつなるか分からないため、周囲にどうしても迷惑がかかってしまうのです。

ある時Bさんに紹介したいところがあるんだけどと紹介されたのは整体だったと言います。別の場所で整体には行ったことがあったBさん、そう良くはならないと知ってはいたものの、周囲の勧めですから一度はいかねばと足を運びました。ですが驚くことにこの整体で腰を治療して貰ったところ、帰宅時には背筋がぴんとして帰れたというのです。それまでは腰を曲げて生活することも多かったと言うのに。

嬉しくて有難うございますと泣きながら帰ったBさん、5回もその整体に通うようになったところで痛みはすっかりと無くなり、今では腰に違和感が出たらいくくらいになったそうです。その整体の整体師さん曰く、Bさんは姿勢が悪く元から体が歪みやすくなっているようです。ここはBさんの改善点ですね。

ですから歪んできたなと感じたらきていただくようにして、今ではこまめに通わずとも大丈夫になったみたいで良かったですねと言うことでした。姿勢に気をつけることも大切というのはBさんの話しで良く分かったかと思いますが、矢張り自分にあった病院や整体など、どこかにあるということなんでしょうね。諦めずにあなたも自分にあった治療や医師を探してみてくださいね。腰痛を失くしてレッツ快適ライフですよ。
(⇒ぎっくり腰からヘルニアになってしまったAさんの体験談

腰痛のあまり嘔吐!なのにマットレスを変えただけでぴたりと治った!

結構多いのが、体の半分が痛いと言う人ですね。右側半分が痛い。それも特に腰痛から来る痛みなのか、肩コリ、首の痛み、足のむくみが酷い、なんて相当な症状の方までいらすほど。腰痛による痛みって結構範囲が広いんですよね。不思議です。

左側、右側、どちらの方が痛くなってもだるくてしんどくてどうしようもありません。けれど毎日生活しなければなりません。だから土日に運動をして、時間を作っては腰痛にいいと聞いた温泉まで言った方もいるそうです。兎に角必死になりますよね。体が片方動かないなんてことになれば当然誰しも必死になります。

けれど痛みは減らず、温泉に行っても余計酷くなる一方とのこと。何故なのか……冷房も苦手、エアコンは体に悪いからつけません。扇風機を少しふかせるくらいで終わり。これでも腰痛になるものでしょうか?

体を冷やす事もしていない、体は鍛えている、暴飲暴食もしておらず、なぜこうなるのか分からない。内臓疾患を疑いますが病院にいっても何か違う様子。何故いけないのか原因についていくつか考えられるので、こう言う場合はまずは整形外科!――ではなくて、今度は「ここ」にいってみてください。

まずは歯医者です。噛みあわせがきちんとしていなくてこのようになっている可能性があります。どこか歯がおかしくなっているかもしれません。早急に歯医者に行って、そこで検査してみましょう。

次に考えられるのが布団でしょう。一時期腰痛が酷過ぎて、毎日のようにゲーゲー吐いてしまっていた方も、布団をデコボコマットレスに取り変えたところ、一晩で腰痛が解消されたという事例もあります。まずは歯医者で噛みあわせがおかしい、親知らずが出てきてしまっているか、などの諸々の検査をしていただき、それでも違うようなら布団を取り変えましょう。

骨盤ベルトは正しくないと無意味?!正しくつけて快適ライフを手に!

腰痛となると、まず真っ先に整形外科にいくとコルセットを出されますが、病院に行くのもなぁ……といかない方は、自分でこれらの腰痛対策グッズを購入してこなければなりません。コルセットも確かにドラッグストアで売ってはいますが、正直に言いましょう。洋服を着ても、これがまた分かりやすく目立つんです。だから売ってるのは知っているけれど、買う人は中々いません。

だから病院に行かない人が買うのはコルセットではなく、骨盤ベルトになるでしょう。これならば洋服を上からきてしまえば誰も気が付きません。何あれ?もしかして何か下にきているの?なんてじろじろ見られることもありませんし、自分でもこれなら目立たないとほっとするはず。ですがこの骨盤ベルト、コルセットと同じで巻き付け方が問題になってくるんです。

腰痛ベルト、そして骨盤ベルトは巻く場所が異なりますのでその点を間違わない様にしてください。そして、つける場所により効果の程も変わってきます。骨盤ベルトの場合、ベルトの上端部分を、骨盤の一番出っ張っている部分、この下のくぼみに合わせる様にして巻きつけてください。この時骨盤がしっかりサポートされるように、きゅっときつめにしてみましょう。ここがポイントですよ。

不安定になった仙腸関節という部分、こちらを安定化させることにより、歩きやすくなります。骨盤が安定することで歩くのも立ち上がるのも全て健康的にこなせます。腰をおさえながら「いたた……」なんて言いながらはおしまいですよ。

ただし注意点が。妊娠している場合も骨盤ベルトを巻き付けますが、この場合は腹部を圧迫することにもなりますので、妊娠時期につける骨盤ベルトは締め付け過ぎないことを条件に使用してください。間違ってもぎゅうううっと、きつく巻きつけることのないようお願いします。

薬の副作用の所為?腰痛も血便も、もしかしたら病気が原因なのかも!

何カ月もの間腰痛があり、あまり仕事以外では外出しないようにしていた。これはそんな酷い腰痛を抱えていた生活の中で起きてしまった出来ごとでした。

とある日のこと、何故か便に血が大量についていました。「痔……?」なんとなく嫌な想像と共に、なんとなくお腹を撫でました。この方は女性なのですが、生理かと見まがうほどの出血量でした。ですが生理はこの間終わったばかりだったのを思い出したのです。ですからこれは矢張り違うと思い痔という結論に至ったと言います。
(⇒酷い腰痛のする生理は二種類の病気が考えられる

ですが女性でも男性でも、痔というのは悲しいですよね。肛門を医師に見せるというのは矢張り誰しも気がひけますから、この方も同じく「嫌だなぁ、酷くならないようにしないと」この日はそう考えました。とりあえず抗生物質を飲んで大人しくその日は寝たらしいです。ただ、この時飲んだ抗生物質が、半月ほど前に風邪で貰った抗生物質だったというのが気になるところですが。

更にあくる日のことです。最初の日よりは少し少なめの血が便器の中にあり、痛みはないのにおかしいなと首を捻ります。更に次の日のこと。今度は肛門から滴ってくる血に気が付きました。まるで生理のようで気持ち悪く拭いましたが、今度はガスがお腹にたまっているような感覚がするとのこと。腹部がおかしいのです。

腰痛がある、血便と肛門からの出血。抗生物質は可能性があるのでしょうか?これらを踏まえ病気を調べてみましたが、恐ろしいことに大腸がんではないかという結論にいたり、現在は気が気ではないと言います。さて、この方は現在どうした状況におかれているのでしょうか?

状況を整理してみると、切れ痔に相当する可能性が極めて高いでしょう。腰痛とはその場合は、関係ないと言うことですね。因みに肛門から出てきた便と出血の色からどの部分に出来た痔であるかの区別がつきます。鮮血であればあるほどに、肛門の近くで傷が出来て出血しているということです。ですから今回のケースは切れ痔の可能性が高いと言えるでしょう。

ですが薬の副作用の可能性は全くとは言えませんが無いはず。血便が出る疾患は、大腸がん以外では腹痛や発熱などの症状を伴うものばかりです。腰痛も内臓疾患であれば症状として考えられなくもありません。ですから抗生物質を飲んだというだけでそれ以上のことが書かれていませんでしたので詳しいことはこの時点では分かりません。ですが風邪薬として処方されていたものを飲んだということは、恐らくは発熱していたから飲んだのでしょう。そのため腸の病気も考えられなくもないということです。

てっとり早いのが鍼治療?リハビリ科に鍼があるところを探すといい!

腰に違和感がある――二十代を過ぎた頃からこんな時が増えてきたんじゃありませんか?あなたも腰に違和感を感じていませんか?常に痛いわけではないけれど、身体をふいにねじってしまうと痛いな、なんて思ったり、我慢出来るくらいだけれど痛いことは痛いなあ……なんて思ったり。中々に微妙なラインで病院にいくのもなんとなく億劫になりがちに。そういったレベルの腰痛、自宅で何とかしてしまいがちですよね。

寝てれば治るからいいかなって思います――確かに寝ていればじょじょに痛みはおさまってきて動けるようになってしまうものです。でもこれって治ったわけでは無くて、一旦痛みが引いただけで根本的な解決にはなっていませんよ。実際に原因を取り除いたわけでもないのでそれは当然と言えば当然です。

この程度ならば家で何とかして出来るはずだと思うものですが、じゃあ実際に完全に腰痛が治る方法となると頭を悩ませてしまうものです。だったらやはり病院ですが、病院にいくなら今度はこれも当然と言えば当然ですが、パッ!と直してしまいたいものです。

そんな時は整形外科とリハビリ科の同時にあるところを探し、更にそのリハビリ科に鍼療士を置いているところを探しましょう。中々見つからないかもしれませんが、リハビリ科にそうした鍼の治療が出来るところがあると、牽引などで無駄に効果の無い治療を続けることなく治せます。

寝すぎの所為で腰痛じゃないかも?骨盤ダイエットが原因かも…?

骨盤ダイエットって知っていますか?床に腰をおろし、足は前に揃えて伸ばす。そして床についたお尻に、くっつけるようにしてバスタオルを丸めたものをあてて、このまま後ろに上体を寝そべる様にして倒します。この時バスタオルのお陰で腰が床から浮いたようになりますよね?このまま5分置くだけを毎日続けるだけで痩せる。そんな簡単楽ちんダイエットが骨盤ダイエットなのです。

この骨盤ダイエット、二日続けてやってみたところ、腰にあてられたバスタオル枕を取って起き上がろうとしたら起き上がれなくなりました。あれれ?なんて思ってよろよろと起き上がりますが、力が入りません。

骨盤の位置が戻ったからこんな感じになるんだろうか?そんな風に二日目は思いましたが三日目、四日目と続くほどに違和感は強くなっていきます。これ、大丈夫なんでしょうか?骨盤ダイエットって、もしかして腰によくないのでしょうか?

骨盤って、レントゲンなどでないかぎり、絶対に分からないものです。視認出来ないものであり、更には骨は表皮状を撫でたとしても触れられる部分は限られているものでもあるものですよね。椎間板なんて触れることすら適わない、そんな場所ではありませんか。それなのに骨盤が歪んでいたのが枕一つで治ったと分かってしまうというのがおかしいというものです。ですが枕一つで治ったとうたっているのだからこれを推奨している方はおかしいですよね。

そもそも骨盤が歪んでいるのが治ったとは、どのような状態を指すのでしょうか?この歪んでいるのが治ったというのは、レントゲンなどで可視化しているわけでもないため、骨盤ダイエットが本当に骨盤の位置を戻したのかどうかも分かりません。よって単なる怪しげな体操としか言えないのです。

もしかしたら腰痛の疾患を元から抱えていた可能性もありますが、腰が痛いのは、この骨盤ダイエットの所為と考えていいでしょう。まずは整形外科などを受診して、腰がおかしいことを伝えましょう。その際はこのような枕を挟んで寝そべったなど、現物を持っていき、医師に伝えると分かりやすくていいですよ。

体幹や下肢の筋肉を柔軟にする腰痛体操を、たった3分で理解する!

病院などで配っている腰痛体操の説明が書かれているパンフレット。こちらを貰いに行くのが億劫と言う方のために、今回はその一部をご紹介させていただきます。完全に病院で配られているものと一致はしないかもしれませんが、少しでもあなたの腰のサポートになればと思います。

それでは体幹――インナーマッスルの柔軟性を高める腰痛体操の勉強をしたいと思います。これはインナーマッスルと同時に、下肢の筋肉に対しても有効ですよ。

まずは床または絨毯の上など、なるべく硬い地面の上に仰向けに転がってみてください。ただし寝転がって痛いのでは逆効果になりかねませんので、ほどほどに硬い地面にしましょう。

そこで寝転がったら両手で膝を抱え込んでください。そのまま背中は自然に丸くなるのに任せて丸めます。ただし丸くなって地面の上で揺れろというわけではないので、腰に負担がかからない程度に背を軽く丸める程度にしましょう。

この状態から今度は片方の膝だけを手でぐっと掴み抱え込むようにしましょう。そしてもう片方の足はそのまま真っ直ぐ伸ばして床につけます。これを左右行いましょう。この二つの動作で足の付け根の柔軟性、そして背筋の柔軟性が上がります。

次は四つん這いになってみてください。その状態で方足だけを後方に伸ばし、膝とアキレス腱を伸ばして見ましょう。これも左右交互に行います。左右共に10秒から20秒くらいやりましょう。ここまでで腰に痛みが出たら直ぐ中断してくださいね。痛みが出ても腰痛体操を行っていると逆に腰痛は悪化しますからね。

次は立ったまま、足を交差させた状態を作ってみましょう。そして上体をそのまま前におろしていきます。ここで個人差が出てきますが、両手が床につくのが理想ですが、あなたはつきますか?つかないようでしたら出来るところまでで結構です。やってみましょう。ただし無理をしないことです。ここまでで背筋と足の付け根が完了しました。

最後に注意点です。何度も口酸っぱく言うようですが、痛みが出たら腰痛体操はむしろ腰痛を悪化させるものになってしまいますので、痛みが出た時は中断すること。痛みがおさまるまでは暫く行わないことが、腰の為になります。次に腰痛体操は腰痛が今後起こらない様にという、予防のためのものであることを理解してください。ですから痛みがある時に行うものではないのだ、ということですね。

妊婦が何故腰痛が酷いと訴えるのか、その理由を徹底解明いたします!

妊娠期間中、どうして腰が痛くなるのでしょうか?女性特有の腰痛は結構な数あるということですが、生理期間中も相当辛い腰痛に襲われるものですよね。これを毎月繰り返していたかと思えば、今度は妊娠期間中も腰痛って、なんだか嬉しくありません。せめてこの期間だけでも無くなればいいのになんて考えてしまう人は少なくはないでしょう。

実を言うと妊娠期間中は腰が痛む理由があったんです。男性ホルモンと女性ホルモンの二つのホルモンが一番世の中で知られているものかもしれませんが、この女性ホルモン、こいつがくせものだったのです。

女性ホルモンの一つ、リラキシン。これは卵巣ホルモンの一種なのですが、月経前と妊娠三ヶ月から産後少しの間に分泌されるこの物質。これが結構厄介なものなのです。このリラキシン、名前からしてリラックスに似ていますが、関節を緩める作用があるもので、出産時に骨盤を緩めることで出産を助ける役目を持っています。

ですが出産時以外でも骨盤だけではなくて、他の骨も全て緩めてしまうものだから困りものです。骨盤どころか腰椎はぐにゃぐにゃにされてしまいます。更にはじん帯すら緩んでしまう。

筋肉、じん帯、腱に関節、それら全てが緩むというのは大変なことです。なぜなら関節の動く範囲がこれにより過剰になってしまいます。それはつまり関節を支える役目を追っている筋肉やじん帯、腱に多大なストレスがかかるということ。

妊娠期間中はお腹が張りだし、それにより腰椎へかかる負担そのものが更に増します。これにより妊娠期間中、妊婦は腰が痛くなってしまうということなのです。

ですから妊婦がよく口にする「寝るのも辛い、立っているのも辛い、何もしなくても辛い」これは事実であり、何怠けているんだ!病気じゃない癖に!なんて言う旦那は、化けの皮が剥がれたわねとばかりに、愛想をつかされかねませんよ。

働いている男性と違って、仕事で帰ってくれば楽になるのとは違います。体そのものが負担になるのですから、もう少し妊婦を労わってあげましょうね。パートナーならばそれくらいは当然というものですよ。
(⇒妊娠後期に腰痛が酷い!妊婦が知りたい秘密とは?

ぎっくり腰は何故なる?ぎっくり腰は腰そのものになる理由があった!

腰痛の原因については様々ありますよね。ストレス性だとか、内臓疾患だとか、他には姿勢が良くないからなど様々です。中には更年期障害だったから腰痛になった場合もあり、本当に腰痛は多種多様な理由でなりうる病気と言われています。

急性腰痛、いわゆるぎっくり腰ですが、腰痛の中でも特に怖いこの急性腰痛。上記の理由とはまた少々違う理由でなるんです。その理由をあなたは知っていますか?人間の背骨のうち、腰の部分にある腰椎は5つの骨が縦に並んでいるもので、それぞれ椎間板という軟骨のクッションと、椎間関節でつながっているのです。

人間は進化の過程で立った姿勢になりました。ですがこの姿勢、上体の重さを腰で全て受け止める様にして支えるために、この腰椎にストレスが多大に加わる結果になってしまっています。仕方ないこととは言え、あまりにも腰椎にのみ重労働を強いているというもの。そしてこの腰椎部分が過重から、椎間板やこの関節部位が痛んできます。これにより急性腰痛になるのです。

ですからその弱った腰椎にとどめをさす行為というのが、重いものを悪い姿勢で取ることや、くしゃみをすることなのです。それらが引き金になり、急性腰痛とは起こるものなのですよ。

腰痛を治すには何?ツボがいい?初めての腰痛になったから知りたい!

何のスポーツでもいいですが、スポーツが趣味だと言う方は皆さん、どこかしら体を悪くしてしまいがちですね。テニスだと腕を振るため腕が悪くなりますし、バレーならば突き指に。スポーツ選手も例にもれず同様のようです。腕を悪くした、足を悪くした。故障と言ってメジャーリーガーとなった選手がニュースに上るのもよくあることですよね。そんななか、マラソンやゴルフなどで腰を痛めたと言う方も多いはず。

スポーツで痛めた腰、中々治らず辛いんですよね。元から運動が好きな方にとってみれば、動けなくなるというのは余程辛いはず。更には腰が駄目となれば歩くのも困難になってしまう方すらいるのですから、辛いという言葉一つで言い現わすのは困難でしょう。そんなスポーツで生まれた腰痛、これを治すにはどうしたらいいでしょうか?

スポーツ医学という専門の治療を行えるところで見て貰うのが本格的ではありますが、過度の運動により筋肉が疲労してしまい、それによる腰痛ということでしたらツボが一番良いでしょう。ぐにぐにと整体などでマッサージと共にツボを押して貰うと腰の痛みも吹き飛びますよ。

ただし、ツボや鍼治療、整体、カイロプラクティックもそうですが、これらはヘルニアや分離症を患っていた場合は逆効果となりますので、そこは原因をはっきりさせてから、治療を行うようにしてください。ですからまずはスポーツ外来に。またはスポーツ整形認定医の元で診断を仰いでください。疲労からというのであれば湿布しか処方していただけませんので、そのまま整体にいきましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >