腰痛

数年悩んでいた腰痛がサプリで綺麗さっぱり、これって病気だったの?

もう5、6年もの間、腰痛を抱えて生活をしていたSさんは、既に我慢をすることに慣れてしまい、我慢を我慢と思ってもいなかったそうです。腰痛とは常にあるものだし、付き合うものだ。そんな風に思うようになっていました。けれどある日のことです、腰痛が何故かすっと消えたことに気が付きました。あれ?何か特別なことしたっけ?Sさんは特にこれといってやったことはありませんでした。腰痛のためにやったことなんて一つもないのになんでだろう?

この痛みが消える数日前のことです。Sさんは爪が薄くなってきたことに危機感を抱き、亜鉛サプリメントを購入してきました。亜鉛が足りないことで爪が薄くなってくるため、亜鉛サプリメントは男女の区別なく、購入する方が多いのです。そのためSさんもこれにならうように購入しました。

毎日規定量のみ、なんとなく毎日を過ごしていると、なんだか最近調子がいいかもしれないと思えるようになったと言います。そうです、それは腰の痛みが段々と減ってきていたからだったんです。それこそが亜鉛サプリメントの力だったのです。

亜鉛サプリメントが何故腰痛にきいたのかというと、実は鉄分欠乏が原因になり、関節痛が起こることもあるのです。原因不明のこの関節痛ですが、亜鉛不足を補うことで治るので、亜鉛をとりあえず飲んでみよう、治った!で治ってしまうので特に問題視されていません。

病院では通常、腰やひざの痛みを訴える患者には、治療を始める前にレントゲンを撮っていますが、これを撮る前に現在では血液検査が必要だと提唱されています。ですからほとんどの病院で腰が痛い、膝が痛いと訴えてくる患者は、レントゲンも血液検査も、ほぼ同日、同時進行で行われる初回の検査になっています。それはこれを調べるためなのです。

これは器質的疾患ではなく、機能的疾患による腰痛です。ですからこうした亜鉛を摂りこむことで治るように、原因となるものを取り除くことでその痛みがなくなるのは何ら不思議なことではないのです。
(⇒腰痛改善の飲み薬は効果がある?

子供が小さいと病院に行けない!肩コリ腰痛家でどうにか退治したい!

お母さん達って毎日大変ですね。子供がまだ赤ちゃんで小さいから中々外出することも出来ない。外に夕飯の買いだしをするだけでも一苦労なんて言っているのを聞けば、毎日御苦労さまですと言いたくなるものです。せめて目が離せるようになればと言っているのを聞くと、どれくらいまでの間不自由することになるのかと、ある種では同情したくなるものですが……そんな時にお母さん達が倒れてしまうこともあります。本当に大変ですよね。

出産後の腰痛って結構問題になっているんです。ですが、それは何故なのでしょうか?実は出産後、赤ちゃんを抱くときに、まだ身体中が出産よりも前、妊娠よりも前の状態に戻っていないからなのです。ですから腰に思いっきりきてしまう。そりゃあそうですよね。赤ちゃんを抱えるのって結構な重労働ですものね。

肩コリ、頭痛、腰痛、普段の生活の中で、せめてその痛みを和らげることが出来れば、今すぐ倒れてしまうことはなくなるわけですし、手が空いた時に病院にかかることも可能になるはずですよね?

最近流行の子供を抱っこするための肩かけ布。こちらは片方だけに力がかかりあまりよくありません。片側だけに荷重がかかる状態は腰によくないからです。ですから両方均等に力がかかるタイプのものに変更しましょう。これだけでも腰や肩に対する負担は減るはずです。

赤ちゃんを床におろし、赤ちゃんと遊んであげる時に、自分の身体をストレッチ出来る。そんな赤ちゃんと一緒に出来るタイプのストレッチが現在では普及しつつありますので、それを行うことで自分の身体を鍛え、そして常に健康でいられるようにすることです。子育て大変でしょうが頑張りましょうね。

無闇に揉むことが腰痛にはいいことじゃない!腰痛悪化してもいいの?

腰が痛いなと思ったら、家族に揉んで貰うようにしています。笑顔で話しているのは老齢のIさんです。この方は息子夫婦と共に暮らしているため、孫などにも揉んで貰うそうなのですが、それを羨ましそうに聞いていたのはIさんよりも幾分、年齢が若いGさんでした。Gさんは自分も、もしも腰や肩がおかしくなったらやって貰いたいものだと考えていましたが、その念願がこのたび、叶いそうだとのこと。

実はGさんの家の近所に、娘夫婦の稼ぎ頭である旦那さんの勤める会社の系列企業があるということで、このたび執行辞令が降りたらしく、娘夫婦が同居をしようと持ちかけてきたというのです。Gさんは早くに連れ合いの方を亡くされていたこともあり、このことを大変喜んだそうです。

そして娘夫婦が戻ってきてから半年くらいのことでした。IさんGさんも参加した、地元で行われた地域対抗の運動会でのことです。張りきったIさんとGさん、矢張り年には勝てず、揃って腰を痛めてしまったのです。

ただしIさんはしょっちゅう腰を痛めていたため、今回もかと家族のもとで安静にしていたようなのですが、Gさんの家では初めてのことでしたから、Gさんが娘さんに「揉んで欲しい」と腰のことを指さして言うものだから、頑張って腰を揉んだのです。けれどこれが実は逆効果になるって、知っていましたか?

実は安易なマッサージってとっても危険なんです。今回Gさんがなったのは急性腰痛、いわゆるぎっくり腰です。ぎっくり腰の場合、マッサージは大変危険なものです。それは素人に揉まれたからではなく、マッサージそのものが危険ということなので、その点は良く覚えておきましょう。

ぎっくり腰のような急性の腰痛の場合、腰はまさに今、炎症を起こしている患部ということ。ですからその炎症を起こしている患部を温めてしまうことになるので、絶対にしてはいけないのです。

もちろん整体師の手によるマッサージでも無理です。悪化してしまいますので、この場合は冷やすか、またはそのまま安静にしておくこと。もしくは整形外科などを受診するようにしましょう。

無理に動かしたり温めることにより、急性腰痛は悪化します。その場では揉むことで楽になった気はしますが、後になってから悪化するのがこの急性腰痛です。忘れないようにしてくださいね。

腰が痛いのに妊婦に運動が必要か?それはきちんとした理由がある!

女性特有の腰痛、生理編ホルモン編で説明した通り、女性と腰痛とは常に密接な関係を築いているといっても過言ではありません。ですが妊娠時期、特に後期は更なる腰の痛みと戦わなければならないでしょう。

妊娠後期は体重の増加がもっとも多く、多い方で15kg程度の体重増加があります。妊娠後期、末期が最も高い数字になり、羊水そのものでさえ700mlもの量を、妊婦は腹部、腰に抱え込んでいることになるのです。これだけでも相当な負担が腰にあるということですね。

妊娠によって体重が増えると、どうしても妊婦は姿勢が悪くなっていきます。ここら辺は全て産院で教わることかと思いますが、母体にかかる負担から妊婦を守るために、きちんとした姿勢をとることがどれだけ重要なことか、しっかりと頭に入れること。これも重要なことですよ。

これだけ重くなる腹部と、その荷重がかかる腰ですが、これを守るために、妊婦に求められるのは適度な運動です。何故なら女性ホルモンの増加により筋肉やじん帯が緩み、それにより腰への負担が増加します。ですがそれらを更に痛めつけるのは運動不足による弱った筋肉が追い打ちをかけるのです。

筋力が低下したところに更に筋肉が痛み、関節に更なる負荷がかかります。そしてより大きな負担を腰にかけてしまうという、こうした図式が出来上がってしまうのです。ですから適度な運動は負担でしょうが、続けましょう。辛いでしょうが自分の身体のためでもありますし、出産後の腰痛が酷くならないためでもあります。

ヘルニアの初期手術、PLDDだけではない初期手術の多様性とは?

ヘルニアの手術は初期にやるべきだというのは何故なのか、あなたは知っていますか?後期にやる手術であると、どうしても背中を開いて行う手術になってしまいます。それは壮絶なまでの苦痛が伴うからなのです。

過重などで押しつぶされた軟骨、これを取り除くのはメスで行われます。これによりどうしても大きく切開して背中を開くことになるのですが、これは患者の体力も著しく奪うものであり、医師本人も大変な神経を使うことになるのです。ですが初期手術であるとPLDDなどの日帰り治療なども選択出来て、気持ちの面でも楽でしょう。それは医師もそうですが、患者本人もそのはずです。

因みに他の初期手術はないのかというと、内視鏡手術などで小さく背中に穴をあけて、そこから軟骨まで到達。その軟骨中央部まで穴をすすめると、そこから中央部の軟骨を吸い取るなんて方法もあります。

これはPLDDの蒸発させる中央部の軟骨と同じ考え方であるものの、こちらは吸引という方法を取ります。他には軟骨の中央部を薬剤の注入により溶解させるという手段もあり、初期の頃の手術選択は多種多様に選べるのです。

ほとんど直ぐに元の生活に戻れるこうした初期手術。これを選択した方が、実際に体力を奪われることなく元の生活に戻れるため楽でしょう。その上切開しなければならない後期手術は長ければ半月ほども入院を強いられますが、初期であれば長くとも三日程度の入院で済みますよ。

腰痛でしんどい!初期ヘルニアにはplddが効果絶大って知ってた?

あなたはPLDDというものを知っていますか?これは椎間板ヘルニアの日帰り手術として近年注目を集めているものなのですが、これの特徴は傷口がほとんどのこらず、日帰りで手術出来ること。そして術後の痛みがほとんどないことでも知られています。

更には筋肉を傷つけることなく手術出来るため、術後の回復が早い事でも有名です。こんな特徴を持つことから、女性に人気が絶大で、ヘルニアと言えばPLDDを選ぶ、それくらい近年ではメジャーな手術法なのです。

このPLDDの仕組みですが――ヘルニアの手術は、治療前は椎間板より突出してしまっている髄核。こちらを切除摘出してやるのですが、レーザーで中央部寄りの突出していない髄核部分を蒸発させることにより、椎間板内に引き戻すことが出来るのです。

軟骨の柔らかさが、中央部が減ることにより元に戻ろうとする力が働き、中央に寄るようにして戻るのですが――ただし、これは初期ヘルニアのみに使える手法といっても過言ではありません。

なぜなら軟骨とは、歳を経るにつれて硬くこり固まっていくものであり、擦り減っていくものでもあります。そのように硬くなってしまうと元に戻る様な柔軟性は全く働かないため、もしもこのこり固まってしまっている軟骨にレーザーを照射したとしても、硬くなっているので中央部へと引き戻される働きはなくなってしまっているのです。

このPLDD、手術拘束時間は半日程度の拘束で終わり、日帰りで帰れるので楽楽です。多くの方が仕事の合間や、休日を利用して手術を受けられていますよ。

内臓からくる腰痛かもと言われ検査したら出てきたのはリンパ腫!

三週間前くらいから腰が痛くなってきて、発熱もしていました。段々とそれが強くなってきたあたりでこれはなんだ、おかしいぞと思い、整形外科にいってみることにしました。ですが原因不明、特に何らかの原因も見つからず、痛みはどこからきているのかも分からなかったのです。

それから一週間経ってからのこと、今度は背中まで痛くなってきました。更にお腹を押すとなんだかお腹も刺す様な痛みがして、やっぱりおかしいと再度確信を持って病院へいくことに。ただし最初にいった整形外科にはいっても無駄だと思った為に、近くの整体にいってみました。するとそこで言われたのは内臓的なものかもしれないので、病院で検査をしてみてくださいね、とのこと。整体では結局マッサージをするとむしろ痛みが増す為断念しました。

更にその次の日のことです。大きな病院に向かい、そちらでこんな症状がと訴えてみたところ、血液検査やレントゲンから始まり、CTに尿検査、エコーまでしてもらい、ようやくそこで見つかったのがリンパ腫だったのです。長々とかかりましたが道理で整形外科で見つからないわけですね。

(悪性)リンパ腫とは、リンパ節、脾臓、扁桃などの細胞が悪性化することによる、無制限に増殖し続けてしまう病気のことで、白血球と同じように血液のがんです。これがあることにより、腰が痛みを発していたのです。恐らくは全身痛かったはずですが、気が付くのが遅れれば、更に悪化していて全身が病魔に侵され手遅れになっていたことでしょう。

このリンパ腫というのは、身体の表面近くのリンパ節が最初、腫れて来る病気で、小さなこぶのような腫瘍が表面に浮き上がってきますが、でやすい部分が首や脇の下などとなっているものの、決まってそことなっているわけではなく、今回腰が痛むといったように、別の場所に症状が現れることもあります。

リンパ節が腫れて痛い。発熱があり、節々が痛い。リンパ節が腫れているかどうかは中々見つけられず、発見が遅れることがあります。ですが血液検査をすれば大体が、がんかそうでないかは分かるはずです。ですからまずは整形外科ではなく、発熱など腰痛とは別の症状があった時は総合病院などの大きな病院へ向かいましょう。そこでは腰痛を訴えれば血液検査をまずはしてくれるはずですよ。最初から整形外科では中々そうはなりませんが、総合病院ならば話しは変わってきますからね。

授業中に腰が抜けるような痛みと感覚!怖いです!何が起きたの?

それは授業中のことでした。体育の授業で試合形式のサッカーを行っていた時のこと、ドリブルをしていた時、腰を捻ったような気がするのですが、その時に何故か左足に電流が流れたような感覚がして、気がつけば痛みに地面の上でのたうちまわっていました。けれどその時は、周囲も足をくじいたか何かしたんだろうと思ったのか、保健室へ連れていかれて終了。自分でもその時以外痛みがなく、今は特に痛くないからといって、湿布だけ貰って帰りました。

それから一週間後のことです。同じく体育の授業中、今度は隣のクラスとサッカーの試合になりました。流石に隣のクラスが相手ともなると、遠慮が若干無くなるのか激しいものになりました。その時またも腰が抜けるような激痛が……そのまま結局先生が病院に連れていってくれたのですが、腰を痛めただけでしょうとのことでした。先週も痛かったのにといっても、本当にただそれだけなんです。

それから三日前が最新の日付なのですが、三日前に腰がまた抜けるような痛みが突き抜けていき、もうこれは駄目だ。早くなんとかしないと手遅れになるんじゃないか?と、危機感を抱いています。

――このような相談をサッカーが大好きな少年から受けました。なんだか恐ろしいように思うのですが、診断がこんなものというのが不思議ですよね。ですがこれは恐らく、何も診断が降りなかった理由は、左右の背筋のバランスが崩れてしまったからという、単なる筋肉のつきかたの問題で起きている腰痛であったために診断がおりなかったのだと思いますよ。

これはどういうことかと言いますと、片方の筋肉だけが沢山ついているということ。ですから筋肉が沢山ついている方の腰に、負担が増してしまっているんです。普通は逆だろうと思いますが、負担と言っても別に荷重が沢山かかると言うわけではありません。腰の周辺の神経を圧迫してしまって、負担が増しているのです。ですからこれは、恐らくサッカー少年が、軸足ばかりを無意識に使っていたという現れなのではないかと思いますよ。

だからこれは両方の筋肉をバランスよく鍛えることで腰痛を解消出来るでしょう。身体を鍛えることで腰痛も解消出来ますし、更には自主トレーニングにもなるんですから一石二鳥ですね。
(⇒サッカーをしていて腰痛になった!これって治せるんですよ

抜け毛と膝、腰の痛みがハンパない!出産後の異様な変化に戸惑い?

出産後、行き成り変わったことって、あなたには何かありましたか?それも、劇的な変化です。人によっては面白い変化や嬉しい変化が出ているのですが、あなたには何かそんな赤ちゃんからのプレゼントはあったでしょうか?

「私は痩せやすい体質になったかな」「体臭が変わったって言われます」「生理痛が楽になったと思う」そんな嬉しい変化や面白い変化の他に、酷い腰痛がするようになった、なんて方もいました。

出産後、腰の痛みと膝の痛みが出てきたかと思えば、何故か抜け毛が凄まじい量になるなどの、わけのわからない変化まで起こり、育児ストレスからの脱毛症なの?と涙目の女性が。これって育児ストレスじゃないんです。この変化は出産後、ホルモンが一時的に乱れたことにより起こった抜け毛で、腰痛もそれによるものでしょう。

大きな赤ちゃんで難産だと言う方に、特にこれが多いようです。抜け毛と腰の痛みや膝の痛み、指に腱鞘炎を起こす人までいるそうです。ですが不思議なことにホルモンが元通りになると、これがぴたりとおさまってしまうんです。ですから今は確かに不安でしょうし、辛いでしょうが、暫くの間これに付き合えば自然とおさまりますよ。

ただし腰痛は長く続くようでしたら、もしかしたら出産後、骨盤が戻らなかった可能性がありますので、これは婦人科に行くようにしてくださいね。

ほとんど知られていない更年期障害が原因の腰痛について知りたい!

あなたは、いずれあなたの身にも訪れるであろうはずの、更年期障害についてご存知ですか?詳しく知らないと言う人がほとんどの中、自分の母がそうだったから知っていると言う人もいるでしょう。テレビでもよく見るこの更年期障害。実は付き合うのが大変難しい病気でもあるのです。

40代くらいから気にし始めなさいと言われる更年期障害ですが、最近おかしいかな?といった程度の症状から始まるため、気がつかない方が多いそうです。因みに男性でも女性でもなりますのでご注意を。

更年期障害の症状はこちら。頭痛、ほてり、イライラ、肩コリ、月経異常(これは女性の場合になります)、眩暈、不眠、性欲低下、良く分からない不安感などなど。耳鳴りなんかもあるので、一つ二つの症状ということもなく、これって更年期?と気がつくまで別の病気を疑ってしまうものです。

この更年期、病院にいっても医師によっては「ただのうつ病ですね」と診断がおりたりもするのでご注意を。誤診によって別の薬を飲まされて悪化なんてことにもなりかねません。そしてこの更年期障害、実は腰痛とも関係があるのです。
(⇒実は腰痛はストレスからなることもある

節々が痛い、身体が重い、だるくてイライラする。これらは更年期障害の症状でもありますが、結局更年期障害はホルモンバランスの崩れによるものであるため、この更年期障害が原因の腰痛である場合、更年期を過ぎるまで待つしかありません。手立てがないのです。ですからホルモンバランスが崩れているからだと理解し、そして周囲にも理解して貰いましょう。

更年期障害には薬があります。正しい薬を処方して貰い、症状の改善を試みてください。ある程度の年齢になりましたら、ぎっくり腰だから仕方ない、ではなくて、まずは更年期を疑ってみてくださいね。そして、整形外科で駄目、整体も駄目、カイロプラクティックも駄目……気がつけば原因が全く分からないどころか、どこにいっても駄目で全滅だ、なんてこともあるかもしれません。ですがそれはきちんとした専門家が見ていないからこそ気がつかないだけなのです。我慢しても治らない、別の薬を飲んでも治らないのも当然ですよ。適した薬で快適な生活を送りましょうね。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >