腰痛予防は鍛えること、でも硬くても駄目?

一般的な腰痛予防法は腹筋背筋を鍛えるだけど、硬くても駄目って何?

特定の業務を負うことになるとどうしても腰に負担がかかりますね。ですから腰痛になる前に予防をしたいと考えている方は存外多いです。腰痛になってからでは遅いためということでしょう。殊勝な心がけだと思いますよ。

ですが一般的な腰痛予防法となると、どれもこれも一貫して同じ「腹筋を鍛えろ」「背筋を鍛えろ」だけですよね。つまり、鍛えまくって筋肉モリモリにすればいいんでしょうか?そうすれば腰は頑丈になるということ?いいえ、これは違うんです。筋肉をただつければいいというのは思い違いなんです。

筋肉をただつけるのではなく、柔らかくすることのほうが重要なのです。柔軟性のある筋肉は、骨を支える役割をしっかりと行ってくれます。ガチガチに筋肉をつけただけでは護れはしないのです。

腰痛には背筋が硬いのがよくないため、筋トレよりも行って欲しいのはストレッチなどの柔軟性を高めるための運動です。トレーニングよりもストレッチ。ストレッチの中でもバランスを高めるものを徹底的に行っていただきたいのです。

それにはやはり腰痛体操が一番いいでしょう。腰痛体操の中でも、特に体幹、インナーマッスルを鍛えるようにしましょう。これが鍛えられている人は、柔軟な筋肉の土台が出来上がっており、ちょっとやそっとでは腰に痛みが出ることもなくなるはずですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加