腰痛テーピングでコルセットは必要なくなる

腰痛用のテーピングを上手く貼れば出来ればコルセットは必要なし?

あなたはコルセットを使っていますか?あれって使ってみた事のある方なら分かるかと思いますが、どんなに丁寧に動こうとしても、どこかでつまづくのか、お腹のあたりまでズレてくることがありませんか?あれって結構動きを制限されます。

それとはまた違うのですが、骨盤ベルトもありますよね。あちらは骨盤に巻くだけあって、ズボンやスカートのサイズがちょうどぴったりだと下に着られず結局使えないと断念する結果に陥ったりと、人により苦労が絶えません。

そしてこれこそが肝心なことですが、コルセットに頼ると筋力低下を招くため、これに頼るのは良くないとも言われています。腰痛が納まりコルセットを取った時、腰回りの筋肉が落ちていて大変なことに……というのもよくあることなのです。そうした事態に陥らないため、カイロプラクティックなどでは、テーピングをすすめています。

テーピングは筋肉の動きを制限し、スポーツなどで負傷するであろうところを先に保護し、怪我の予防をする意味。そして負傷している部位の悪化を防ぐ意味合いなどもあります。関節や筋肉を固定することでねん挫や骨折などの際、救急措置として施されるものでもありますね。

こうした意味合いがあることからも分かる通り、コルセットのように筋肉の代用品として使われるわけではないため、本来あなたが持っている筋肉を使える状態にして使うことで、筋肉の衰えを防ぎ、更には腰痛も悪化しないようにするのです。腰にかかる負担を除くことで腰痛もそう酷くないようになり、動けるというわけ。

このテーピングをマスターすれば、洋服だって着られますし、外から見られても全く目立ちません。だって肌に貼り付けてあるんですから当然でしょう?

やり方は簡単です。まず背中を丸めるようにしてぐうっと前屈の姿勢を取ってください。そうしますと腰のあたりに、どんなに太っている人でもくぼみが出来ますね?こちらのくぼみの両外側になりますが、出っ張りが左右どちらにもありませんか?この部分、これを覆い隠す様にして、そこから背骨を挟んで一直線に肩甲骨まで貼り付けます。

ポイントは曲がった腰のまま貼っていますから、正しい姿勢を背中が取った時、腰の位置のテーピングが蛇腹になっているのがポイントですよ。ここが蛇腹になっていないならもう一度やり直しです。

これで基本的な腰痛のテーピングはマスター出来ましたが、他にも腰痛にきくテーピングがありますし、このテーピングではきかない類の腰痛も中にはあります。ですからこれで駄目なようでしたら、医師に相談など、専門家へ現状を訴えるようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加