腰痛持ちでも出来るストレッチはないか?

腰痛持ちでも出来るストレッチって何かない?筋肉をモリっとつける!

腰痛があると運動出来ませんよね?運動しているうちに腰が痛みだして休もうとする。一度腰が痛いと痛みを持ち始めたら横になって痛みが引くのを待つしかありません。それが悲しいとは思いますが現実です。これでは運動らしい運動なんて出来ません。

けれど太りやすい時期というのは誰しもあります。冬や秋はご飯が美味しい季節です。だからどうしてもついつい食べ過ぎてしまいますね。あれを食べてはこれを食べ、気がつけばもっちりと腹周りと腰回り、そして下半身に肉がついていました、なんてことは「あるある!」な話しでしょう。これ、なんとかしたいですね。

ズバリ、腰痛があるならじゅうたんや床の上でストレッチすればいいんです!まずはごろんと地べたに横になりましょう。次に両足を揃えておきます。片足ずつでいいので真っ直ぐにしたまま、床から10センチから30センチくらい持ちあげましょう。するとこれを10回もやるときついなぁと思います。そうしたら同じ回数だけ逆側をやりましょう。たったこれだけで膝関節などを保護する筋肉がついてきます。

そして腰を守りながら出来る筋トレと言えばこれですね。腕立て伏せ。ただし元から筋力が無い方用にと言うことで、膝はそのまま床についたままで結構です。今度は床に腹ばいになってみましょう。次に腕を床につけて、膝も床につけて、膝から上を真っ直ぐ一枚の板のようなイメージをしながら腕立て開始です。

最初から数をこなそうと思うのではなく、背筋を使っているぞ、腹筋を使っているぞ、腰回りの筋肉を使っているぞ。腕の筋肉も使っているぞ。このように筋肉を使っているとイメージして使うことによって、段々と筋肉が使われることを覚えます。これにより、歩くときでも随分と腰の周辺の筋肉が腰を支えながら歩くようになってくれるはずですよ。

筋肉は鍛えるのと同時に、徹底的に使うことを体に覚えさせましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加