腸腰筋のバランスを鍛えるにはどうすれば?

腰痛がするのは腸腰筋のバランスが崩れたから?どうやって鍛えるの?

腰痛が始まった理由を接骨院の先生に教えて貰いました。こういうのは整形外科でも内科でも、腰痛でなくとも体の不調の原因ですから、医師に教わることはありますよね?何が原因なのか、全く教えない人の方が少ないですが、あなたも覚えがありませんか?原因はなんですか?尋ねてみたところ事細かに教えて貰ったなんてこと。この方はその先生に「腸腰筋の左右のバランスが崩れたからこそ、腰痛を引き起こしている」と言われたらしいのですが、腸腰筋って聞き慣れませんが、一体どこの筋肉なのでしょうか?
(⇒左右のバランスが崩れる日常生活のちょっとした仕草

腸腰筋とは「ちょうようきん」と読みます。これは腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉の総称です。主に股関節を屈曲させる働きをするものです。他にも脊椎を前屈させるための筋肉でもあるので、これが弱ると腰にかかる負担は増大してしまうのです。

ではこの腸腰筋を鍛える方法はというと、テーブルなどに手をついてぴんと背筋を伸ばし、膝だけを使うイメージで屈伸運動をしたり、真っ直ぐに立ったままで膝をあげたりする、膝を蹴りあげるような運動が効果的と言われています。
(⇒腰痛体操、インナーマッスルを柔軟にしよう
(⇒骨盤の歪みを取るための腰痛体操
(⇒腹筋や背筋などを無理なくつけるための腰痛体操

このエントリーをはてなブックマークに追加