腰痛があると太るのでダイエットしたい

腰痛があると太るから、この下肢筋トレ法で上手にダイエットする!

なんといっても腰痛があると太ります。運動したいのに出来なくなるからが理由ではありますが、無理して運動しても体に悪い、悪化すると医師から告げられるのもあり、どうしても食事制限で痩せるしかなくなってしまいます。運動したいけれど無理、更には食事制限でとなると、人間それでは痩せられないものです。食べたいものを食べられないとなると食べたくなるものですから難しいのも頷けるはず。痩せたいですね。腰痛持ちの方が出来るダイエットというものを今回はご紹介させていただきます。

腰が痛いというのは重力が背骨に上からかかるから、痛い。大半の場合がこれになるわけですから、まずは一番楽なのがプールでしょう。近場にあるプールで歩いたり泳いだりすること。実は同じだけの時間を歩くならばプールで歩いた方が消費カロリーは三倍以上になり、泳ぐと更にそれは大きく消費されます。つまり、歩く、走るなどの運動をするくらいならば、場所を変えて運動すれば即座に痩せられるということですね。

これは確かに楽に痩せられはしますが、毎日はちょっと厳しいですよね?毎日プールに通うのは時間的な問題で無理と言う場合もあるでしょう。そんな時は床に寝転がってみましょう。と言っても、実際に床では腰を痛めますので、柔らか過ぎないじゅうたんの上が妥当なところでしょうね。横になったら膝を軽く折り曲げて立てる。そして手を頭の後ろで組んで腹筋の姿勢を取りましょう。

これで腹筋を開始しますが、注意点をあげさせていただきます。普通の腹筋と同じようにやらないこと。視線の先におへそが見える程度の場所までしか持ちあげない腹筋をしましょう。次に腕立て伏せですが、背筋を使っていることを意識してやると、腕だけでなく背筋も綺麗についてきますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加