座りながら出来る腰痛改善法を教えて

転職から腰痛と肥満に!座りながら出来る改善法を教えて欲しい!

今までは営業回りだったため、運動はそこで出来ていたのでしょうが、引きぬかれて入った会社では管理職になって事務仕事の方が多く、体力をもてあまし気味に。それが暫く続けば次第に慣れてしまうというもの。気づけば体がなんとなーくですが、たるんだような気がする。気が付くと腰が痛いに変化していって……これは一例ではありますが、転職を機に、生活スタイルが一気に変わってしまい、大変なことになった。というのは良くあることですね。この営業から事務に転身というのもよくあることで、気が付いたらほとんど立たなくなってしまって腰が痛いんです。そのような相談は良く受けるものです。

この座っているだけの仕事も存外辛いもので、身体中の筋肉がどんどんとなまっていく感覚がしますが、どうやってこれを解消すればいいのでしょうか?座りながら出来る腰痛解消、そしてたるんでしまったぜい肉とおさらばしたいですよね。改善法、ないのでしょうか?

オフィスでも出来る運動ということで、まずは机を手のひらでぐっと持ちあげる様に動かす運動です。机の下から手のひらをあて、肘を動かさないように机を持ちあげる様に動かします。すると腕に力こぶが出来ませんか?それを暫くキープしてください。気が付いたらこのようにやる、それだけで腕は可也の運動効果が期待できますね。

次は腹筋、そして大腿筋のトレーニングです。椅子に座った状態で膝をデスクの下からぐうっと上に押し上げる運動ですよ。ただ、本当に持ち上げようとしたら持ち上がってしまいますから、持ちあげる動きをして、机で止めて貰う感覚でお願いしますね。そのポーズで腹筋と大腿筋が緊張状態が保てるはずですので、片足ずつ交互に行ってみましょう。ぷるぷると震える筋肉がもう無理、と悲鳴をあげてくるはず。

足のインナーマッスルを鍛えるには、辞書を一冊用意しましょう。仕事中に長い時間座り仕事をする時限定で行うようにしてください。太ももの間に辞書を挟みこみましょう。これを落とさないように内側にぐっと力を込めて本をそのままで保つように努力する。これをやるだけでふくらはぎから太ももまで、インナーマッスルは綺麗にきたえられるのです。

少しずつ職場で鍛えていって、たるんだお腹周りを撃退しましょう。すると足腰も痛みがなくなり快適に過ごせるようになりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加