テニスボールで腰痛は消える、4工程で楽々

テニスボール二つで腰痛撃退!たったの4工程で楽になれますよ!

今も痛み、辛いですか?腰痛を緩和させるための方法を今回は纏めさせていただきました。まずは道具がなくても出来るものからいきますよ。

腰痛が酷く、触るとず~ん、ず~んと響く様な痛みがあるもの、ありませんか?あ、これかな?と分かったら、その部分にじっくりと、ゆっくりと、じわじわと30秒くらいの間、指の腹で押し込んで見る様にしてください。いわゆる指圧というものになります。直接的なものですが、痛みがこれで和らぎます。

そして対策グッズとして有名なテニスボールですが、有名ではあるものの、実際にどう使うか、詳しいことは知りませんって方がほとんどのようですね。ですから今回は、これを使ったマッサージ法もご紹介しましょう。

まずはテニスボールを二つ用意していただければと思いますが、この二つを並べて使いたいので、二つがくっついたままになるように、袋などで包み、固定しましょう。二つを並べましたら絨毯の上などに置いてください。そして後は簡単ですよ。その上に仰向けになって寝転がるんです。

テニスボールを背中で押しつぶす様にして仰向けになるわけですが、この場合テニスボールはもちろん、腰や背中を刺激できる位置に置くこと。あとはそのまま身体を上下に動かすだけですよ。ゆっくりゆっくりと、5センチ間を、10秒から20秒くらいかけて動きます。それくらいのゆっくりとしたスピードで、腰や背中の痛みを感じる部分をマッサージします。

ではテニスボールマッサージの方はおさらいをしておきましょう。手順は簡単、4つだけです。1、まずはテニスボール二つを離れないよう固定すること。2、それを絨毯の上などの硬い地面の上に置きます。3、その上に仰向けに寝転がり、ボールを腰のあたりにくるよう固定します。4、そのまま上下に動き、ゆっくりとマッサージをしてください。

この4工程、簡単ですよね?そして道具が手元になくともその場で痛みを緩和させてくれるやり方も今回分かったかと思います。これで急な痛みにも慌てずに済みますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加