布団だけではなく枕も腰痛には重要である

枕、あっていますか?布団だけじゃなく枕も腰痛には重要な鍵だった!

良く腰痛の方は言いますよね。「マットレスを変えたら、腰の痛みがなくなって、良くなったの!」「せんべい布団に変えたら、腰の痛みが無くなったの!」って。実は腰痛の方だけではなくどなたにでも言えることですが、寝具というものは案外馬鹿に出来ないものなんですよ。

実を言うと人間の一生で一番お世話になるところは寝室だと言われています。それはそうですよね、人間の三大欲求である睡眠欲、これを満たすためにはどうしても寝室やベッドなどの寝具は必要になります。そして睡眠時間はある程度までしか削れない、必ず取らねばならないものです。ですが結構これらをないがしろにする人って多いんですよ。

睡眠がしっかりしていないと鬱になりやすかったり、風邪もひきやすかったり、他にもまともに思考が働かなかったりと、根本的に人間の生活の基盤を脅かすものばかりが言われていますが、存外寝ることに重きを置かない人が多いです。ですがこれに重きを置くことがどれだけ重要なのかわかるエピソードを一つお教えしましょう。

特集で枕とベッドを紹介していたニュースがあったのですが、特注の枕を使い、その場で横になってみた途端のことです。バギギギバキッ!肩から背骨、腰椎まで全ての骨が鳴り、一瞬しんとなりました。そうなのです、この方今までずっと肩から腰から全て痛かったのだと言います。とどのつまり何が言いたいかと言いますと、マットレスも枕も、自分にきちんとあったものでないと、大変なことになってしまうということなのです。

きちんと自分にあった枕とマットレスがセットになることで、人は安眠が約束されます。そのニュースでの方も、枕を変えた途端、背筋がきちんと正され身体中が楽になり、腰の痛みも解消されたと言います。

ではそんな枕の選び方のご紹介です。枕の高さをあなたの首や肩のカーブに合わせること。S字カーブを描いた低反発まくらなどもありますが、ああした形のものを思い浮かべてください。あのような形がいいのです。最近では枕の専門店もありますので、そちらで選ぶのがいいでしょう。専門店なので店員さんも詳しく話しを聞いて、あなたにあったものをチョイスしてくれますよ。

枕と布団、どちらがかけても安眠は約束されません。そして、あなたの正しい姿勢もこれがないと、約束がされないものなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加