シートが原因で腰痛、腰掛座布団で改善

新車に変えた途端腰痛発生!原因はシート?腰掛用座布団で改善する!

最近では「大きな車は燃費が悪くて……」「エコカーに乗り替えました」なんて言っている人、増えましたよね。燃費が悪いから新しい燃費の良い車に乗り換え。時代はエコカーでしょうと言って、電気自動車に乗り換え。震災を教訓に電気自動車に乗り換えなんて人もいますが、乗り換えてから困ったことになるなんてこと、ありませんか?

「これに乗り始めたら腰が……」そう言う人、結構いるんです。どの車も万人向けに作ったからと言って、あなたにぴたり当てはまるわけではありません。新車に乗ったらなんだか腰がおかしいってこと、ありませんか?座りが悪い、腰の位置が合わない。ずるっと滑ってお尻が変な一にはまる、そういう苦情ではないけれど……というコメントは良く見かけます。

こうなってくると腰に負担が大きくかかり、後になって腰痛持ちになってしまった、ヘルニアになってしまった、なんてことがあるんです。これ、どうしますか?そのままにしておいたら、よくないですよね?

この原因は勿論シートです。新車のシートが良くなかったわけですが、これからどのようにするか、それが問題でしょう。新車を購入したとなれば、少なくとも2年くらいは最低でもその車と付き合うはず。となればこのままでいいはずがありませんよね?

実際に乗り換えてから、乗り疲れ、そして腰痛に悩まされた方が対処法として上げているのは、腰かけ用の小さな座布団、これをお尻の下に敷く、または背もたれの腰のあたりにつけること、などが良いということでした。

ただし、これでも駄目だった場合はシートのつけかえを検討してくださいね。何年も付き合うことが分かっているシートを、ずっと腰に負担のかかるものにしておくなんてこと、良いわけがありませんからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加