腰椎椎間板症の特徴と治療法について

ヘルニアじゃない?腰椎椎間板症の症状の特徴と治療法

腰椎椎間板症と腰椎椎間板ヘルニアは名前こそ似ていますが、正確には違う病気です。今回は、腰椎椎間板症について、特徴的な症状を開設していきたいと思います。

腰椎椎間板症は、その名のとおり、椎間板そのものに問題があるために発症します。急性腰痛症などは、筋肉に普段かからないような負荷が急激にかかるために起こる一時的な腰痛ですが、椎間板症はそうではありません。変形性脊椎症と広義で言われているのが腰椎椎間板症です。これは、加齢や長期間に及ぶ悪姿勢の結果、椎間板が不安定になり、その結果、脊椎神経に負荷をかけ、痛みの原因になっていくのです。

腰椎椎間板症の症状として特徴的なのは、前屈時に強い痛みが出ることが多いことです。通常の急性腰痛に比べて、腰椎の脊椎への負担のかかり方が大きく、腰部周囲の関節部にも痛みが現れることがあります。慢性化することもあり、その場合は、場合によっては手術をすることを勧められるケースも有ります。

腰椎椎間板症の特徴としてもうひとつ挙げられるのは、レントゲン写真では、症状がわからないということです。そのため、腰が痛いからといってレントゲンを撮りに整形外科に行っても、原因を特定することができないのです。前屈時に強い痛みがあり、それ以外の時は痛みがほとんどないといった場合、腰椎椎間板症の可能性があります。その場合はレントゲンではなく、MRIという体の断面図をとることができる装置で調べることが必要になります。MRIは限られた大きな病院にしかないことが多いので、わざわざそこまで行くのは面倒かもしれませんが、必ず行くようにしてください。

腰椎椎間板症は根本的に治療法が変わってきます。腰椎椎間板症の治療法は、腰椎に刺激を与えることを極力避けるような、いわゆる保存療法という治療法になります。マッサージをしたり、腰を動かす行為は、この病気にとっては逆効果にしかなりません。そのため、腰痛の原因がはっきりするまでは、いたずらに民間療法に頼ることは避けるべきなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加