腰痛に効くツボ

‘ちょっと背中出して‘何故?‘腰痛に効くツボが数多くあるんです‘

腰痛に効くツボとしては、足の二の指の下にある湧泉と言うツボがあります。さらに、足の中央には腎臓と言うツボが、踵には坐骨と言うツボがあり、マッサージする事で、腰痛の症状緩和に効果があるとされています。

湧泉は、体力、気力を高揚して、体全体を活性化させる万能のツボとして知られています。足の二の指の下、土踏まずのやや上の中央が湧泉です。両手の親指の先を使って強く押し揉みます。数秒間隔で押したり弛めたりの刺激を、ツボが温かくなるまで繰り返し交互に行うと効果的です。

腎臓は、腰痛の原因として、内臓疾患に罹患しており、内臓の働きが悪化している場合、体全体にエネルギーを送り出すツボとして知られており、内臓の要の1つである腎臓を刺激する事により、腰痛の症状緩和効果が得られるとされています。

臀部の骨である坐骨は、座った姿勢の時に体重が最もかかる部分ですから、右腰が痛いときは右足、左腰が痛いときは左足という具合に、痛い腰の方の坐骨のツボを重点的に刺激すると、効果的だとされています。

また、頚椎に沿って腎兪、大腸兪、風市と言ったツボが点在し、いずれも数秒間隔で押したり弛めたりする事で刺激を加えると、腰痛の改善に効果があるとされています。その他にも、ツボについて書かれた書籍や、インターネット上で、腰痛の症状緩和に有効なツボが詳しく紹介されていますので、参考にしてみると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加