キネシオテープによる腰痛改善方法

キネシオテーピングを知っていますか?腰痛を緩和するテーピング

腰痛の原因の一つに、骨格や筋肉のアンバランスが挙げられます。本来、人体は、ほぼ左右対称のバランスの良い形をしています。それが、日常生活や仕事、スポーツなど、何かの原因で、筋肉や骨に、ズレが生じてしまい、そのまま戻れなくなってしまうと、正常な状態とは異なるアンバランスな状態で筋肉が伸縮するために、腰痛や肩こりの原因となるのです。

このような状態をテープを貼ることで改善できる方法が考案され、トップアスリートやアマチュアスポーツ選手のあいだでも利用されるようになりました。キネシオテーイングという方法で、姿勢の崩れをテープを貼ることで矯正できるため、腰痛や肩こりを改善するばかりでなく、正しい姿勢が保てることで、フォームの崩れを防ぐことができ、結果として怪我の予防にもつながると言われています。大リーガーや相撲選手などの利用や、サッカーのベッカム選手が用いたことなどで知られています。キネシオテーピングは、骨折などの保定に使うホワイトテープと異なり、体の運動の自由度を妨げません。また、リンパの流れも妨げないことから、スポーツに非常に適しています。

近年では、オリンピック選手がカラフルなキネシオテープを活用して競技を行う様子などが放映されて、おまじないの一種?などの話題も呼んだようです。

キネシオテープは、正確な貼り方を習得することで効果を発揮します。整形外科医やトレーナー、理学療法士、整体師、カイロプラクティックなどの分野では広く活用されています。腰痛の場合は、背中の腰周辺にキネシオテープを貼ることで腰痛の軽減や予防の効果を発揮できます。体の背部であることと、腰椎の位置など、骨格に関わる正確な知識も必要となりますので、自分で貼るのは少し難しいかもしれません。

キネシオテープの専門家たちは、利用者のために、講習会や技能訓練会などを行っています。キネシオテープの利用に興味のある方は、こうした講習会を利用して使い方を学ばれると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加