腰痛解消にストレッチ

‘何?腰痛持ちになってしまった!‘そんな場合はストレッチを実践!

長時間座ったままの姿勢でいると、腰痛の原因になります。人間は本来、二足歩行をする動物ですから、座ったままでいると、上半身の筋肉が次第に衰え、腰にかかる負荷が増大。その結果、腰痛を発症する事になるのです。

その様な場合、ストレッチを行う事で腰痛の解消につなげる事が出来ます。具体的には、次の要領で行います。椅子に浅く腰掛けて股を開きます。背筋を大きく伸ばして、頭を両足の間に入るぐらいに上半身を曲げます。そして、深呼吸を数回して元の姿勢に戻します。

次に、椅子に深く腰掛け、背筋、両腕・肘を充分に伸ばします。深呼吸をしながら上半身を徐々に後ろに反らせ、息を止めてしばらくその姿勢を維持します。そして、深呼吸をしながら、元の姿勢に戻します。

仰向けになります。そして両手を頭の後ろで組みます。右ひざを曲げて、そのまま下半身を左側に次第に捻ります。右ひざを左側の床につける要領で腰の筋肉を伸ばし、そのまま数秒間動作を静止。その後、次第に右ひざを元の位置にもどしストレッチします。

やはり、仰向けになります。両ひざを抱え込む姿勢をとり、数秒間その姿勢を維持します。そして、次第に元の姿勢にもどします。この動作を数回、繰り返します。この様な一連の運動で、強張っていた各所の筋肉を解きほぐす事が出来ます。

この様なストレッチを日々、僅かな時間で構いませんから実践する事で、腰にかかる負荷を軽減する事が出来、腰痛の症状を緩和する事が可能となります。上記に挙げた方法に依らずとも、とにかく、下半身の筋肉を解す運動を少しでも実践する事が肝要と言えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加