腰痛と湿布選び

腰痛は温湿布?冷湿布?腰痛によく効くシップの選び方

誰でも一度は経験する腰痛。痛みを感じたとき、応急処置や家庭でできることは「湿布する」だと思います。実際テレビCMなどでも、腰痛や肩こりに効く!といったキャッチコピーで様々な湿布薬が出されていて、ご覧になったこともあるのではないでしょうか?

しかし、気をつけてみると、こうした湿布には「冷感湿布」と「温感湿布」の二種類があり、「どっちがいいの!?」と、悩んでしまった経験はないですか?特に、物知りな方では、「ぎっくり腰に温めるのはよくない」とか「内臓からくる腰痛は、温めてはいけない」などの話から、余計にどちらにしたらよいのかで迷ってしまったことはありませんか?

家庭での湿布は、基本的には応急処置でしかありません。ですから、湿布を貼って良くなったような気がしても、それは一時しのぎに過ぎません。まずは、「湿布は医者にゆくまでの時間、つらい症状を減らすためだけのもの。」ということをよく理解しておきましょう。もし、急に激痛が走ったとか、見てもらえる時間帯であれば、まずは医師の診察を受けることを優先しましょう。

さて、応急処置として湿布を行うとき、まずは、痛む場所にそっと触れてみて、温湿布か冷湿布かを決める方法があります。

幹部に触れてみた感じが、熱を持っていて熱いと感じるようなら冷湿布が適切です。また、そういう場合は、冷やしてみるとひんやりと気持ち良いと感じると思います。触れた手の温度差がひやりと感じるようなら、熱を持っていると見て間違いありません。このような時は、楽にするつもりで揉んだりすると痛みが一段とひどくなったりします。

逆に、痛むところが冷えていて、触れた手が暖かく感じると言うような場合は、温めたほうがよい傾向です。このような時は、温めたほうが良いことが多いようです。

このような状態の時は、もんで気持ちが良いと感じることも多いようです。

いずれも応急処置として短時間の症状緩和としては有効な方法です。その日のうちに病院に行けるような状況ならば、湿布は時間稼ぎにしかなりませんから、早急に病院を受診しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加