足のしびれを伴う腰痛の原因とは何か

足がしびれて腰が痛い場合はどこが悪いの?神経と腰椎の解説

腰痛を起こしている人が、同時に足のしびれを訴えるケースがあります。このケースは、単なるぎっくり腰では起こりにくい症状で、事態が深刻化している証拠でもあります。今回が、腰痛と足のしびれにどんな関係があるのか説明していきます。

しびれるという症状は、神経が圧迫され、感覚が麻痺しかけている状態です。腰痛の場合、大抵が、椎間板を通して、脊椎神経を圧迫します。これは、椎間板ヘルニアに多い症状です。この神経を圧迫するというのがしびれの原因になっているのです。腰にある脊椎神経は、下半身の神経が多く通っている部分です。腰椎椎間板症や椎間板ヘルニアによってこの脊椎神経が圧迫されると、足に通じている神経の反応が悪くなり、足の痺れとして現れるのです。

対処法は個人でどうにかなる範囲を超えていることが多いので、大事になる前に医師に診察してもらうことが必要です。基本的には、腰痛に伴う神経症状に分類されるので、整形外科を受診することが確実です。民間医療は、しびれなどの症状の時にはおすすめしません。というよりも、下手な民間医療は事態を悪化させるリスクが非常に高く、むしろ避けるべきです。

また、最後になりますが、腰痛とは全く関係ない足のしびれが現れたときは、特に注意が必要です。中でも、急に足の痺れが出てきたり、ろれつが回らないといった症状が併発した場合、腰ではなく脳に原因がある場合が多く、この場合は一刻を争う症状であるケースです。脳梗塞や動脈硬化が疑われるので、脳神経外科や神経内科といった専門医を受診する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加