腰痛がもらたすしびれ

下肢全体にしびれを感じたら放置しない事!厄介な事になりますよ

腰痛によるしびれは、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になると、下肢にしびれが感じられるようになります。椎間板ヘルニアになると、飛び出してしまった繊維輪軟骨中の髄核が末梢神経を傷付け、しびれを感じるようになります。

坐骨神経とは、身体の中で最も太くかつ長い神経で、太い箇所では親指程の太さがあります。坐骨神経痛になると大腿部、腰部、膝、踝など、下肢全体でしびれが感じられるようになります。

また、脊柱管狭窄症も、下肢全体にしびれを感じる疾病です。脊柱管狭窄症は加齢とともに、発症率が高まります。脊柱管の中には脳から足にかけて神経が走っています。加齢により脊柱などが変形し、神経を圧迫する事で、脊柱管狭窄症は発症します。

脊柱管狭窄症になると、少しの歩行でもしびれを感じ、100mの歩行も困難となる程にまで重症化します。整形外科で問診を受け、レントゲンやMRIにより、脊柱管の症状がどの様になっているのかを検査して、治療法を決定します。

症状の重さによりますが、すぐに手術を行うわけではありません。まず、身体の基本的動作能力の回復を図るために、治療体操などを中心に、電気療法やマッサージなどの物理的手段による理学療法や、運動療法を行います。これを保存療法と称します。

保存療法を継続しても症状の改善が見られない場合、手術の必要が生じる事もあります。しかし、手術により、却って神経を傷付ける惧れもあります。手術の実施には、主治医の慎重な判断が求められます。決して、手術により必ず治癒するわけではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加