背もたれのない椅子が腰痛によくない理由

背もたれのない椅子は腰に悪い!腰痛を悪化させる日常生活の落とし穴

腰痛になった場合は、基本的に、腰に負担をかけないように日常生活を過ごすことが大切になってきます。しかし、その日常生活の中にも、意外と落とし穴があったりするのです。今回は、背もたれのない椅子に潜む、腰痛の悪化要因について解説していきます。

椅子に座るという行為は、前傾姿勢が取りにくくなっている腰痛患者にとって非常に負担が少なくなるとされています。そのため、一日の大半を座って状態で過ごすのが、筋肉の負担を避ける意味でも賢い方法であることは間違いありません。ですが、それは、正しい椅子を選択できていればの話です。間違った選択のもとに椅子を使用していると、症状を改善するどころか、一層悪くしかねないので注意が必要です。

一番選んではいけない椅子が、今回テーマとなる「背もたれのない椅子」です。背もたれのない椅子といっても、その種類や大きさには非常に多くのものがあり、一概に全部ダメとは言いにくいのですが、これだけははっきりしています。同じぐらいのサイズの椅子で、背もたれのある椅子と背もたれのない椅子があった場合、腰により多くの負荷をかけるのは、間違いなく背もたれのない椅子です。

ではなぜ、背もたれのない椅子が腰痛にとってよくないのでしょうか。背もたれが果たす役割は、簡単に言ってしまえば、腰を支えすことです。つまり、本来、筋肉を使って姿勢を保つ必要がある私たちの体ですが、背もたれのある椅子に座ることで、本来背筋部にかかる悲嘆を背もたれが肩代わりしてくれるのです。また、背もたれにのある椅子に深く座り、体を後ろに寄りかからせるような姿勢をとると、自然と背筋が伸び、腰椎にかかる負担を軽減するとともに骨盤の矯正という効果も期待できるのです。

一方、背もたれのない椅子の場合はどうでしょうか。まず、座ることで、重心が臀部へ移動します。そして、人間の体の中で一番重いのは頭です。その頭を支えるために、どうしても、前傾姿勢になってしまうのです。背もたれがある場合は、体を後ろに持っていくことで頭を支える必要がないのに対して、背もたれがない場合、肩と腰で、上半身を支えることになり、結果的に腰に、立っている時以上の負担を与えるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加