腰痛の際に行くべき医療機関と各名称の違い

腰に痛みが出たらどこに行けばいいの?整骨院と整形外科の違いとは

腰痛になった時に、専門家に判断を仰ぐべきだということは誰でもわかります。そうして、さあ病院に行こうとなった時に、似たような場所がいくつかあるのに気づきます。整形外科、整骨院、接骨院、整体院。ぱっと思いつくだけでもこんなにたくさんあり、自分がどれに行けばいいのかわからないという人が非常に多いのです。そのでここでは、腰痛になった時に、最初にかかるべき医師と、それぞれの違いについて解説していきます。

まず、腰痛などになった時、何よりも優先していくべきなのは整形外科です。整形外科に在籍しているのは、医師免許を取得している医師のみです。国から正式に手術を行うことを許可されている人たちなので、ある意味、体の構造のスペシャリストです。整形外科でできることは、手術を始めとして、レントゲンの撮影や注射治療をはじめとした、一通りの治療すべてをまかなっています。また、手術などの費用がかさむ治療においても保険が適応されることがほとんどで、腰痛になったら、まず整形外科へ行くべきだということには、費用的なメリットがあるということでもあります。

次に、それぞれの医療機関の違いについてです。整骨院というのは本来は接骨院のことです。その接骨院ですが、基本的には、外傷による治療を専門としています。整形外科が医師免許を取得した医師なのに対して、接骨院は柔道整復師という免許を持った人で構成されています。骨折、捻挫、脱臼といった、外部からの干渉によって発生した、関節や骨に関わる怪我の治療に特化した人たちです。そのため、腰が痛いという場合は、体の内側に問題がある腰痛の場合、整形外科に行くことが望ましいのです。

最後に整体院についてです。整体院は免許や資格などを持っていない人が名乗ることが許されている名称です。治療に対する信頼度では、この中で最も低いでしょう。また、治療に際して、整形外科や接骨院と違い、保険の対象にはなりません。治療費はすべて自己負担です。よほど信頼がおける整体院でなければ、うかつにかからない方が安全とも言えます。

まとめます。整形外科は医師免許を持った人が、体の異常全てに対して治療や診断を行える場所。接骨院(整骨院)は、外傷によって関節や骨に怪我を負った場合、それらを治療する場所。整体院は、技術に自信が有り、免許を持たない人が、自分で開業でき、独自の治療法を提唱しているところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加