腰痛のリハビリテーション

リハビリテーションで腰痛が軽快!理学療法とは?

痛み始めると、慢性化しやすい腰痛。辛いですよね。腰痛という症状は、「急性腰痛」と言われるぎっくり腰のように突然起きるもの以外は、慢性的な症状が続くことが多いと言われています。特に、姿勢や職業などの生活習慣で起きるものや、肥満が遠因となって起こっている場合は、腰痛の原因を簡単に取り覗くことが難しいため、長期戦の構えで治療を行っていくことに繋がるようです。

痛みには、薬物療法や、神経ブロック注射などの方法が効果が高く、痛みを緩和して日常生活に支障がないようにコントロールすることが可能です。しかし、これは、あくまでも痛みを取り除いているだけで、腰痛そのものの原因がなくなったわけではありません。薬の効果が切れてしまえば、再び腰の痛みとお付き合いすることになってしまいます。そこで、痛みを取り除くとともに、腰痛の原因を取り除くため、理学療法を進められることがあります。

理学療法というよりは、リハビリテーションと行ったほうが一般にはよく知られているかもしれません。医師の指示で理学療法士の指導を受けながら、機能回復訓練という形で理学療法が行われます。腰痛の場合、具体的には、牽引といって、腰のあたりに器具を取り付けて骨盤を固定し、ゆるい力で引っ張ることで、椎間板の負担を減らして椎骨を伸ばしたり、骨盤の歪みを正常な状態に戻すための施術を行ったりします。また、筋肉の緊張をほぐすために、ホットパッドと言われる温湿布を行ったり、必要に応じて、マッサージや電気療法といって、かすかな電流の流れる端末を体に貼り付けたりします。

施術の方法や、期間、回数は、個々の患者さんの状況によってまちまちですが、比較的あいだを開けないで通ってもらい、継続的に施術する場合もあります。せっかく牽引などで、骨盤や椎間板が良い状態になっても、しばらくあいだを開けると、また、元通り望ましくない位置関係に戻ってしまうので、最初のうちは、もとの位置に戻ろうとするものを、正常な状態に戻してやり、正しい位置を維持できるようになるまでは、しばらく通院をしてもらい、治療を繰り返しながら経過観察を怠らないことが肝心のようです。

こうした治療を受けた結果、歩くのもやっとだった状態から、痛みが取れて下肢のしびれや痛みが回復するといった効果が期待できます。医師からリハビリテーションの打診があるようなら、詳しい説明を受けた上で、利用してみるもの良い方法だと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加