コルセットの効果と問題を踏まえた腰痛治療

コルセットって何?急性腰痛に対して効果的な治療方法を解説します!

腰痛に悩まされている人の中には、コルセットの使用を考えた人もいるのではないかと思います。コルセットと言われても、知らない人にとっては全く何のことだかわからないでしょうから、ここで簡単に説明します。コルセットとは、主に、腰に巻くベルトのような固定器具のことです。たいていは腹巻のような形状をしており、腰に巻くことで腰椎を固定し、腰の痛みを軽減する役目を持っています。さて、これだけ聞くと、コルセットは非常にいいものに見えてくるかもしれません。しかし、どんなものにも必ず欠点があるように、このコルセットにも問題点があります。

コルセットの主な役目は腰の痛みの軽減です。例えば、腰痛の人が寝るとき、腰に体重がかかるため、痛みで眠れないということがあります。そんな時に活躍するのがコルセットです。コルセットを骨盤に合わせるように装着することで、仙腸関節という腰の大事な関節を支えて、加えて腰痛のために痛みで力が入らない腰の筋肉を補助してくれます。その結果、腰にかかる負担を軽減し、痛みを抑え、腰痛の患者が快適に寝ることができるようになります。

さて、ではそんなコルセットにどんな問題点があるのでしょうか。コルセットの一番の問題点、というより誤解されやすい点は、「装着することで症状が改善されることはない」という事実です。意外と多くの人が、コルセットをつけていれば、自然に腰痛が良くなると考えているのです。これはむしろ逆で、腰痛を回復させたいなら、できるだけコルセットを付けないようにしなければいけません。なぜ、腰痛の治療過程で利用されるコルセットそのものが腰痛の治療にとってよくないのでしょうか。

コルセットの鎮痛効果の正体は、正確には姿勢を矯正させるとともに血流を抑えることによって痛みがあらわれないようにする器具です。そのため、ずっとコルセットをつけたままでいると、その部分が押さえつけられたままになり、鬱血状態になり、回復しなくなります。そのため、コルセットをつけるのは、痛みでどうしようもないという場面だけにするべきなのです。

ですが、その認識さえきちんと持っているのであれば、コルセットは非常に便利な器具であることも間違いありません。重度の腰痛の場合、コルセットの着用は必須になるでしょうし、付けていたほうが、何かと動きやすい面も確かにあります。大切なのは、少しずつコルセットをつけない時間を増やしていき、腰への負担を与えない姿勢を無意識のうちに取れるようになることなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加