コルセットは腰痛持ちの必需品

どのコルセットにする?腰痛持ちの味方は慎重に選びましょう!

腰痛ベルトは、腰痛バンドと言う名称でも販売されています。腰痛ベルトは、ゴム素材が主な素材です。一方で、コルセットは、整形外科や整骨院などで利用されている医療用の器具を意味します。

コルセットは整形外科で処方され、入手する事になる医療器具です。価格は数万円台と、かなり高価ですが、健康保険の適用を受ける事が出来ますので、1~2万円以内で購入する事が出来ます。

注意しなければならないのは、コルセットは、腰痛ベルト同様に、腰痛を治す器具ではないと言う事です。常に、腰回りの筋肉に負担をかけないように、筋肉を締め上げて、腰痛の軽減を図るための器具がコルセットです。

コルセットは、常時装着しなければ効果は現れませんので、常時装着しても蒸れにくい、通気性の良い商品を選択しましょう。コルセットで腰回りの筋肉全体を安定させる事で、腹部にある程度の圧迫力を与える事になります。従って腹腔圧が上昇して、体の中から体を支え、腰にかかる負担を軽減します。

また、背中側も固定する事で、脊椎が後に反り過ぎる事を防ぎます。そうする事で腰全体にかかる負担も、さらに軽減されます。骨盤にも圧力がかかりますので、仙骨が移動する事も抑制します。また、コルセットは腰全体を包み込みますので、保温効果ももたらします。

この様に、慢性の腰痛持ちになってしまった人にとり、コルセットは、腰回りの筋肉を引き締めて、脊椎への負担を軽減する器具として、欠かせないものとなっています。種類もかなり豊富に上市されていますので、価格と相談の上、主治医の意見も参考にして購入・着用すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加