牽引してはいけない腰痛

その腰痛、牽引療法はNG?牽引が逆効果になる腰痛の種類

腰痛の理学療法の一つが牽引です。椎間板ヘルニアの治療などでよく行われ、骨盤に器具をつけてつま先の方向へ引っ張ることで、脊柱を伸ばして、椎間板にかかる負担を減らす目的で行われます。

牽引を行うと椎間板にかかる重量不安が和らぎ、また、腰部、臀部の筋肉の緊張も緩和されるので、全体として痛みが軽くなるという利点があります。腰の周りには、神経根と呼ばれる、脊髄から枝分かれして、腰、下肢に向かう、枝分かれした神経の根元部分があり、この部分の炎症が腰痛の痛みになっていることが知られています。牽引を行うと、この神経根の炎症も沈静化される効果があるので、足のしびれや、下肢痛と言われる、脚全体にかかる痛みも和らぐ効果が期待できます。

牽引の方法は、引っ張るのと伸ばすのを交互におこなう、「間欠牽引」という方法と、数時間継続して、弱い力で引っ張り続ける「持続牽引」の二つがあります。後者は入院しなくては行えませんが、前者は通院で治療を受けることができます。

牽引することによってマッサージに似た効果も得られるので、心身もリラックスすることができ、精神的な痛みの軽減効果も狙えます。腰痛がメンタルヘルスからも起こることはよく知られていることで、精神面での負担が筋肉の緊張をおこして腰の痛みにつながっているような場合にも効果が期待できるでしょう。特に、下肢の症状が強く起こっているような場合は、牽引が有効で、効果も高いです。

しかし、高齢で骨粗鬆症があるときや、長期の負担で骨が変形している場合、急性の症状があるときやえ印象が疑われるような時は、牽引をすると、かえって病状が悪化して、痛みがひどくなるようなこともあります。椎間板ヘルニアでも、牽引が効果をなさないケースがあることは報告されています。

脊椎分離症やすべり症がある場合は、牽引は避けたほうが良いと言われています。以前そのような所見があるときは、治療を始める前にきちんと報告しておくべきでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加