腰痛の改善方法

腰痛持ちに?諦めずに腰回りの筋肉弛緩などの改善策を実践!実践!

腰痛を改善するためには、腰の周囲の筋肉を弛緩させる事が効果的だと言われています。デスクワークを長時間強いられる人は、椅子の高さや位置を調節して、腰回りの筋肉が強張らない様に工夫しましょう。

仕事の合間に首、肩、腰の周囲の筋肉を弛緩させるようなストレッチを実践するだけでも、腰痛改善に効果があるとされています。可能ならば、休日などに軽い運動、特に体をほぐす運動を継続させると、腰痛改善にさらに効果的でしょう。会社帰りに、少し寄り道をしてみる、1駅手前の駅で電車を降りて自宅まで歩くと言った習慣を身に付けるだけでも、腰痛改善に効果的です。

入浴の際には、長めの半身浴に浸かるようにしましょう。そうする事で、腰回りの筋肉を弛緩させる事が出来、腰痛改善に一役買うとされています。半身浴は副交感神経の働きを活発化させ、リラックスする事が出来ます。良質な睡眠をとる事も可能となります。

重い荷物を持ち上げる時には、中腰などの不適切な姿勢をとらない様に注意しましょう。不適切な姿勢ばかりとっていると、腰痛が恒常化してしまいます。その代表例が筋膜性腰痛症、所謂ぎっくり腰です。介護関係の職業の人は、要介護者の体を持ち上げる時などに腰に負担がかかり、腰痛が職業病化しています。介護関係の職業の人も、体重を支える時などに、適切な姿勢を保つ事が腰痛改善につながります。

また、腰回りを冷やさないように注意しましょう。冷え症になってしまうと、筋肉が強張り、腰痛の度合を高めてしまいます。以上の事項を実践しても腰痛の明確な改善が見られない人は、腰痛ベルトなどの補助器具の使用も視野に入れましょう。腰痛改善に効果はあるとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加