腰痛と椅子

長時間のデスクワークで腰痛持ちに、椅子選びで腰痛予防となる話

腰痛にならないためには、自身の体格に合った椅子を選びましょう。理想的な椅子は、人の体格によりそれぞれですが、背中の部分は肩甲骨が当たる所まである椅子が腰痛を防止する椅子と言えます。座る面の幅は、両腕が自然に肘掛に乗る程度のものが良いでしょう。

座る面の深さは、背もたれに臀部が軽く当たるものが良いでしょう。椅子の高さは、膝を直角に曲げた時、足の裏全体が床に着く椅子を選びましょう。少し椅子が高い場合は、足載せ台を使用するようにすると、腰への負荷が軽減されます。

椅子に腰をかけた状態で、太腿を高く上げ下げすると、腰痛を防止する事が出来ます。太腿前面にある大腿四頭筋を鍛える事により、腰痛を予防する事が出来ます。椅子に長時間座りっ放しは避け、時々、太腿の上げ下げと言った「ちょっとした」運動を行うように心がけましょう。

気を付けなければならないのは、背骨がS字型にならないようにする事です。所謂猫背状態で長時間デスクワークを続けると、確実に腰を痛めます。その様な事を予防するためにも、背中の部分は肩甲骨が当たる所まである椅子を選ぶようにしましょう。

また、楽な姿勢で座る事の出来る椅子が、必ずしも腰痛予防になるとは限りません。往々にして楽な姿勢でいられる椅子は、後々、腰への負荷を増加させて行きます。年齢がまだ若いうちは筋肉の力で正しい姿勢を保持出来ますが、加齢とともに、筋肉は衰え、正しい姿勢の保持が困難となります。腰への負荷を増加させるような椅子を選ぶ事は避けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加