腰痛を治す鍼治療

腰痛治療のもうひとつの道、鍼医による鍼治療

腰痛に鍼が効くという話を聞いたことがある方は少なくないと思います。日本には現在でもたくさんの鍼灸院があり、多くの鍼医が治療を行っています。鍼は東洋医学の一つで、古い歴史を持ち、日本に伝わって以降、日本人の生活や体型などの特徴に合うように調整されて現在に至っています。基本的には整体などと同様、体の自然治癒力を利用して不調を改善させるという考え方のものです。整体の場合は、骨や筋肉の関係を施術者が、手で刺激することで調整していきますが、鍼灸師の場合は、鍼をうち、あるいは、灸を据えることでツボを刺激して、治癒を促すという方法をとっています。

整体と鍼灸が異なる点は、鍼師、灸師がどちらも国家資格制度があるところです。整体は現在のところ、日本の国が認めた国家資格というものはありません。一方で鍼灸師は国家資格保有者が施術を行いますし、健康保険が適用となることもあります。(適用となるのは一部の症状に限定され、手続きも必要になります)

鍼灸院による鍼治療で一番多いのは、やはり、ぎっくり腰の治療です。必ずしも即効性があるというわけではなく、治療後の経過には個人差がありますが、旧来より、その治療効果は認められていて、今でも根強い人気と信頼があります。施術の内容は、個々人によって痛みや、もともとの体調、基礎疾患の有無などが様々で一概には言えませんが、治療を受ける人の体調や体質に合わせ、カスタマイズされた鍼や灸が選択されるのが一般的なようです。

鍼灸と言われると、若い人には「怖い」「痛い」「熱い」といったネガティブイメージが強いようです。これは、一方では情報化社会の弱点で、本場中国での鍼灸のイメージが誤って伝わっているせいもあるのかもしれません。日本における鍼灸は、中国のものとは若干違っており、針の長さは中国の約半分程度のものを使っていて、痛みは少なく、灸も直接肌に載せることはしない方式になっています。ですから、暖かさは感じますが、火傷しそうなほど熱いということはありません。ツボの刺激が鍼灸の真髄ですから、中国式ほどの長い針や、熱い急は必要ない、という判断に次第に変化してきた結果のようです。

鍼灸を愛用しているスポーツ選手やアスリートは多数いらっしゃいます。スポーツ選手の腰痛は選手生命を左右するため、重要な治療方法として選択されているのだとも言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加