ゴルフで腰痛にならないためにはどうするか

ゴルフで仙腸関節性腰痛と椎間板性腰痛を防ぐために守るべきことは?

ゴルフをしていると、必ずと言っていいほど密接な関係がある病気が出てきます。それが腰痛です。ゴルフをしていて腰痛になるのは、腰をひねる運動によって、普段使わない筋肉を酷使して、それが原因で腰を痛めるのです。

では、ゴルフをして腰痛にならないためにはどうすればいいのでしょうか。ひとつ確実なのは、ゴルフ自体をやめてしまうことです。ある意味100%原因を取り除けるので確実といえば確実ですが、腰痛になるほどゴルフをやっている人は、大半がゴルフが大好きな人です。その人たちにすぐ辞めろといってもなかなか難しいでしょう。そのため、今回は、ゴルフを続けながら、かつ腰痛を回避する方法について考えていきます。

腰痛といっても、ゴルフの場合、仙腸関節性腰痛というものと椎間板性腰痛という2つのタイプの腰痛があります。どちらの場合も基本的な対応は変わりません。まず、一番大切なのは、自分の限界を知っておくことです。この限界とは、自分が無理なく使える筋肉がどの程度あるのかということです。腰痛とは、言ってしまえば、筋肉痛をこじらせたようなものです。少々乱暴な理論ですが、要は、しっかりと腹筋や背筋といった腰周りの筋肉が鍛えられていれば、このような腰痛を引き起こすことはないのです。また、関節の柔軟性も筋力と同じぐらい大切です。腰痛にならない一番の対策は、体作りにあります。

ゴルフの場合、腰をねじる運動の過程で、腰の周りに急激な負荷がかかり、腰痛症になったり仙腸関節を痛めたりするのです。そのため、ゴルフをする前にある程度知っておくことがあります。まず、前述しましたが、自分の肉体のスペックと限界点です。これを把握し、限界以上の運動を控えれば、腰痛は起こりません。また、ゴルフの前にしっかりと柔軟体操とストレッチを行い、プレイ後は、マッサージなどをして、腰の疲労を残さないように心がけることが重要です。

ここからは専門的になってしまうのである程度省略しますが、ゴルフのプレイングの過程で、避けるべき行動や、直すべき癖もあります。質の悪い腰の使い方をしていると、必要以上に腰に負荷がかかり、腰痛を助長することになります。

スイングで問題になるのは、体重移動です。通称リバースピボットといい、右利きの人の場合、バックスイングをするとき体重が左足から右足へと移動することです。通常と逆の体重移動をしていることで、これをやると、腰に負荷がかかる上に、バランスが崩れ、飛距離が出ない原因にもなります。その他にもアドレスの際に姿勢が乱れていたり、フェードボールを打ったりすると肩の均衡が崩れ、腰椎の位置をズラす結果にもなります。

間違ったスイングや、重心移動は、腰に負担をかけるだけでなく、プレイ内容自体を悪くしてしまいます。コントロールやコースが悪くなったり、飛距離が伸びなくなったりします。しかも腰も痛めるといいことなしです。そのため、自分のプレイスタイルで問題点があったり、肉体の限界以上のプレイングをしている場合、すぐに改めるのが、スコアと健康の両方にとって賢明なことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加