腰痛は外科と内科のどちらを受診すべきか

外科?内科?腰痛の際に受診すべき病院の違いを教えます

腰痛になったら、ほとんどの人は病院で診てもらおうと考えます。中には、自分で何とかしようとする人もいますが、痛みがひどくなり、原因がわからない場合、素人にどうにかできるレベルではないので、仕方なく病院に行こうと考えるでしょう。腰痛の場合、大抵はぎっくり腰などの急性腰痛か、長期間腰に負担を与えた末の腰痛症であることがほとんどなので、整形外科に行くことになります。この場合、腰痛の原因は腰椎や骨盤変位による神経圧迫にあることが多いので、診察を受けるべき病院は「整形外科」になります。

一方、内科を受けるべき腰痛というのも存在します。腎臓に異変が見られる場合、整形外科の医療環境では対応できません。ですが、この内臓に原因があるかどうかを判断するためにも、まずは整形外科でレントゲンを撮る必要が出てきます。そのため、内科だろうと外科であろうと、腰痛になった場合、まず最初に行くべきなのは整形外科です。そこで、腰痛の原因を特定して、はじめて、接骨院や、神経内科といった他の医療機関に診察、治療をするために移動するのです。

内臓器官に異常があり、その症状の一部として、腰に痛みが出てきた場合、レントゲン撮影した時に骨に異常は見られません。その時に初めて、内科という候補が出てくるのです。腰が痛いからといって、真っ先に内科に行くのは間違っています。まずはどんなことでも腰痛になったら整形外科に行くということを理解していれば問題ありません。

椎間板ヘルニアのような手術が必要な病気であっても、整形外科で行えるうえ、保険がきくので費用も安く済みます。ただ、明らかに外傷と言える場合は接骨院に直接行っても問題ありません。例えば、腰を何かに強く打って、その結果痛めたということが分かっていれば、腰椎捻挫の可能性が高いです。接骨院は、こうした骨や関節を痛めた時に治療することを専門としています。腰痛の際に基本的に診察を受けるべきなのは整形外科ですが、必要に応じて、複数の医療機関に判断を仰ぐのも、一つの賢い方法です。

このエントリーをはてなブックマークに追加