足のしびれと腰痛には隠れた病気がある

腰痛と足のしびれが一緒に出たら…気をつけたい、足のしびれと病気

腰痛そのものは一般的な不調であり、日常的にちょっとしたことでも起こります。例えば、運動による筋肉痛や、重いものを長時間持つなども腰痛の原因となります。小さなお子さんをお持ちのお母さんなどは、抱っこやおんぶで腰痛を感じることもあるようです。こうした腰痛は、湿布などでも軽快しますし、長引く場合は、思い当たるような原因もあるようです。

しかし、これといって思い当たるフシもないのに、いつまでもしつこい腰痛が続く上、手や脚のしびれが起こってくるという場合、内蔵の病気が原因で起こっている腰痛という場合が考えられます。腎臓の病気や、子宮、卵巣の病気がみられると、内臓の腫れや異常が腰の痛みとして現れてくることがあるのです。

また、椎間板ヘルニアのような、腰の神経を刺激する異常があると、足のしびれの症状が起きる場合もあります。

希なケースとして、腰の付近に腫瘍が出来て、神経を圧迫することが原因となり、手足のしびれを伴う腰痛が起こることもあります。突然鋭い痛みで起立不能になる場合もあれば、鈍痛がしつこく続いて、痛みが取れないというような場合もあり症状の表れ方は様々で一概に言えません。腫瘍の出来た位置や大きさ、圧迫されている状況で違いがあります。

腫瘍の場合は、一見すると椎間板ヘルニアに似ているので、整体院や整形外科など、筋肉や骨の専門家にかかることが多いようです。こうした病院での治療で、しつこく痛みとしびれが取れないようであれば、一度、総合病院での精密検査を受けたほうが安心でしょう熟練の整体師さんの中には、経過をみて、内蔵の異常を感知して施術を断るケースもあります。このような場合、施術によって悪化の心配もあるからだそうです。

腰は体の中心とも言われ、内蔵の大部分と接触している部位ですから、内蔵の以上が腰の症状として現れることは少なくありません。しつこい腰痛が続くときは用心したほうがいいと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加