腰痛が酷くなる!それは内臓から来ていた

日増しに腰痛がひどくなる!それって実は内臓から来ているんですよ!

毎日生き生きと働いていたと言う方が、突如として痛みに襲われて病院へと言う話しは良くききますが、腰痛が行き成りきた!という方はほとんどギックリ腰じゃないの?なんて言われますよね?だから寝てなさいと言われて暫くそのまま自宅療養なんて人が多いはず。

そして悪化してから病院に行くなんて人が多いものですが……最初の腰痛から一カ月後、二か月後なんて時間が経ってからいくと、病院では「どうして最初の時にこなかったの?」と、まるで嘘つき扱いか、呆れられます。それだけでもいくのが億劫になるというのに一言余計なんですよね。まあ、それは置いておくとして。整形外科でレントゲンを撮って異常なし。とりあえず湿布を処方しておきますねと言われて思うことは「え?散々ねちねち言っていたわりにはたったのこれだけ?」なんて不満が湧きあがると言うもの。でもそれ、実はいく科が間違っていたのかもしれませんよ?

内臓疾患で腰痛を伴うものという病気は山ほどあります。まずはあなたが女性であるならば子宮周辺の病気を疑いましょう。子宮がんは最悪のケースですが、子宮筋腫や生理不順などによっても腰痛は出てきます。他には胃腸の病気もそうですし、膵臓、腎臓、膀胱なども腰痛を伴います。そうした内臓疾患があると腰に激痛が走るというケースもあり、腰が痛いからといって最初から整形外科に向かうのは正直、いかがなものかと思いますよ。

まずは総合病院にて腰が痛い、他の症状なども全て訴えて受付の肩に指示を仰ぎましょう。あなたの症状にあわせて少しずつ調べてくれて、適切な科を必ず見つけ出してくれるはずですよ。
(⇒内臓疾患だけではない総合病院で分かる腰痛の原因

このエントリーをはてなブックマークに追加