妊婦に何故運動が必要なのかその理由

腰が痛いのに妊婦に運動が必要か?それはきちんとした理由がある!

女性特有の腰痛、生理編ホルモン編で説明した通り、女性と腰痛とは常に密接な関係を築いているといっても過言ではありません。ですが妊娠時期、特に後期は更なる腰の痛みと戦わなければならないでしょう。

妊娠後期は体重の増加がもっとも多く、多い方で15kg程度の体重増加があります。妊娠後期、末期が最も高い数字になり、羊水そのものでさえ700mlもの量を、妊婦は腹部、腰に抱え込んでいることになるのです。これだけでも相当な負担が腰にあるということですね。

妊娠によって体重が増えると、どうしても妊婦は姿勢が悪くなっていきます。ここら辺は全て産院で教わることかと思いますが、母体にかかる負担から妊婦を守るために、きちんとした姿勢をとることがどれだけ重要なことか、しっかりと頭に入れること。これも重要なことですよ。

これだけ重くなる腹部と、その荷重がかかる腰ですが、これを守るために、妊婦に求められるのは適度な運動です。何故なら女性ホルモンの増加により筋肉やじん帯が緩み、それにより腰への負担が増加します。ですがそれらを更に痛めつけるのは運動不足による弱った筋肉が追い打ちをかけるのです。

筋力が低下したところに更に筋肉が痛み、関節に更なる負荷がかかります。そしてより大きな負担を腰にかけてしまうという、こうした図式が出来上がってしまうのです。ですから適度な運動は負担でしょうが、続けましょう。辛いでしょうが自分の身体のためでもありますし、出産後の腰痛が酷くならないためでもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加