妊婦が腰痛に悩む理由を徹底解明する

妊婦が何故腰痛が酷いと訴えるのか、その理由を徹底解明いたします!

妊娠期間中、どうして腰が痛くなるのでしょうか?女性特有の腰痛は結構な数あるということですが、生理期間中も相当辛い腰痛に襲われるものですよね。これを毎月繰り返していたかと思えば、今度は妊娠期間中も腰痛って、なんだか嬉しくありません。せめてこの期間だけでも無くなればいいのになんて考えてしまう人は少なくはないでしょう。

実を言うと妊娠期間中は腰が痛む理由があったんです。男性ホルモンと女性ホルモンの二つのホルモンが一番世の中で知られているものかもしれませんが、この女性ホルモン、こいつがくせものだったのです。

女性ホルモンの一つ、リラキシン。これは卵巣ホルモンの一種なのですが、月経前と妊娠三ヶ月から産後少しの間に分泌されるこの物質。これが結構厄介なものなのです。このリラキシン、名前からしてリラックスに似ていますが、関節を緩める作用があるもので、出産時に骨盤を緩めることで出産を助ける役目を持っています。

ですが出産時以外でも骨盤だけではなくて、他の骨も全て緩めてしまうものだから困りものです。骨盤どころか腰椎はぐにゃぐにゃにされてしまいます。更にはじん帯すら緩んでしまう。

筋肉、じん帯、腱に関節、それら全てが緩むというのは大変なことです。なぜなら関節の動く範囲がこれにより過剰になってしまいます。それはつまり関節を支える役目を追っている筋肉やじん帯、腱に多大なストレスがかかるということ。

妊娠期間中はお腹が張りだし、それにより腰椎へかかる負担そのものが更に増します。これにより妊娠期間中、妊婦は腰が痛くなってしまうということなのです。

ですから妊婦がよく口にする「寝るのも辛い、立っているのも辛い、何もしなくても辛い」これは事実であり、何怠けているんだ!病気じゃない癖に!なんて言う旦那は、化けの皮が剥がれたわねとばかりに、愛想をつかされかねませんよ。

働いている男性と違って、仕事で帰ってくれば楽になるのとは違います。体そのものが負担になるのですから、もう少し妊婦を労わってあげましょうね。パートナーならばそれくらいは当然というものですよ。
(⇒妊娠後期に腰痛が酷い!妊婦が知りたい秘密とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加