妊娠後期に腰痛が、妊婦が知りたい話し

妊娠後期になると腰痛とおしりの痛みに悲鳴!妊婦が知りたい秘密

妊娠七カ月、今までは早くお腹が大きくなあれと考えていただけなのに、なんだか腰が痛いので「こういうものなのかしら?」と新米ママさんは最初からずっと何かしら疑問を抱えていました。実際に初めての妊娠、出産、となると分からないことだらけでどうしたらいいのか分かりませんよね?こういうものなのかしら?さて、実際に妊娠七カ月頃になると腰が痛くなるものなのでしょうか?
(⇒妊娠後期になってくると寝にくいけれど、これがあれば良く寝れる

妊娠中に腰が痛くなるのは人によりますが、あります。腰の左側だけがズキズキして、痛い。右の腰がズクズクと刺す様に痛い、などなど。人により様々です。家で出来る対処としては温めるのは勿論のこと、お風呂で勿体無いかもしれませんが、シャワーを痛い場所にかけてあげることなんかがきくそうですよ。

けれどもっと効果があるのは整体です。妊婦が整体?いっていいの?マタニティウェディングで産毛の処理を断らない場所が増えてきたとは言え、妊娠期間中に整体なんて出来るのか!?なんて誰しも思うはず。ですがこれが出来ちゃうんですよ。

そもそも妊娠期間中となると薬など一切が使えないため、病院などは自然と足が遠のきます。病気にかからない様に細心の注意を怠らずに過ごす日々。けれど薬を使わないからこそ、整体では処置出来るのでしょう。

腰痛防止のマタニティガードルをつけてもやっぱり痛いものは痛くて、旦那さんに腰を擦って貰ってもやっぱり痛い。泣きそうなほどに辛い痛みを整体では「妊婦さんでも大丈夫ですよ」と引き受けてくれるそうです。ただし、妊婦ですから無茶なことは出来ませんよ?

妊娠していますから、優しくマッサージが基本になるそうですが、痛みは随分と楽になるそうです。あまりにも辛いと泣くのであれば、一度整体に相談をしてみてはいかがでしょうか?痛みが楽になるはずですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加