腰痛の原因や基礎知識・マメ知識

記事一覧

ぎっくり腰は何故なる?ぎっくり腰は腰そのものになる理由があった!

腰痛の原因については様々ありますよね。ストレス性だとか、内臓疾患だとか、他には姿勢が良くないからなど様々です。中には更年期障害だったから腰痛になった場合もあり、本当に腰痛は多種多様な理由でなりうる病気と言われています。

急性腰痛、いわゆるぎっくり腰ですが、腰痛の中でも特に怖いこの急性腰痛。上記の理由とはまた少々違う理由でなるんです。その理由をあなたは知っていますか?人間の背骨のうち、腰の部分にある腰椎は5つの骨が縦に並んでいるもので、それぞれ椎間板という軟骨のクッションと、椎間関節でつながっているのです。

人間は進化の過程で立った姿勢になりました。ですがこの姿勢、上体の重さを腰で全て受け止める様にして支えるために、この腰椎にストレスが多大に加わる結果になってしまっています。仕方ないこととは言え、あまりにも腰椎にのみ重労働を強いているというもの。そしてこの腰椎部分が過重から、椎間板やこの関節部位が痛んできます。これにより急性腰痛になるのです。

ですからその弱った腰椎にとどめをさす行為というのが、重いものを悪い姿勢で取ることや、くしゃみをすることなのです。それらが引き金になり、急性腰痛とは起こるものなのですよ。

原因不明の腰痛はストレスの所為なの?MRIを撮っても何も見えない!

原因不明の痛みって、存外あるものですよね?これこれという、何かしらの理由がついているもののほうが、むしろ珍しいのかと思えるくらいに理由不明のものが多い。発熱もそうです。知っていますか?原因が分からないと発熱の場合は不明熱という病名不明の熱、そんな適当な名になってしまうことを。

そして不明熱の名の通り、どうすることも出来ない。それもそのはず、不明という通り、治療法が分からないのです。ですから原因が分からない熱には熱を下げるための解熱剤を処方されて……それもきかなければどうしようもありません。

それと同様に、腰痛も根本的な原因が分からないとなると、どうすることも出来ません。ですから、病院側で原因不明と言われることは、大変恐ろしいことなのです。医師としてもどうすればいいか分からない、原因不明の腰痛。では、腰痛の徹底的な原因究明って、出来ないんでしょうか?原因不明と言われたら、耐えるしかないんでしょうか?

長年整形外科、整体、カイロプラクティック、鍼治療、全て通っては駄目だったと肩を落としていた方も、実際相当な数がいるはずです。実際にあなたの腰痛がこれらの場所で根治出来た、これはある種では、大変運がいいとさえ言ってもいいでしょう。中々良くならない。治らない。原因不明と言われた。こんな人は多い。よく、ヘルニアの可能性を疑って、MRIを撮ってもらいなさいと言いますが、これを撮ってみても、腰痛の原因が分からないと言う場合さえあるのです。何故なら、腰痛の原因不明の慢性的疼痛は、その多くがストレス性のものと言われているからなのです。

痛みの原因がまさか、ストレス?他にも普段から上から押さえつけられうっ屈した思いに駆られ、抑圧されどうしな方もこれと同様に、感情のはけ口がなくなり、腰痛を引き起こしていると考えられています。勿論これも理由はストレスですよね。

実際にストレスの所為で内臓がやられた、そんな話しは良く聞くかと思いますが、これと話しは同じです。肩コリ、腰痛、内臓疾患、ホルモンバランスの乱れ、私達人間の、様々な疾患は、ストレス性であると言われています。

整形外科で見つからなかったと落ち込まず、まずは総合病院で腰が痛い、受付でそのように訴えてみてはいかがでしょうか?そうすることで整形外科で原因が分からなければ別の科へと回して貰え、結果としてあなたの腰痛の原因が分かるはずですよ。

妊婦が何故腰痛が酷いと訴えるのか、その理由を徹底解明いたします!

妊娠期間中、どうして腰が痛くなるのでしょうか?女性特有の腰痛は結構な数あるということですが、生理期間中も相当辛い腰痛に襲われるものですよね。これを毎月繰り返していたかと思えば、今度は妊娠期間中も腰痛って、なんだか嬉しくありません。せめてこの期間だけでも無くなればいいのになんて考えてしまう人は少なくはないでしょう。

実を言うと妊娠期間中は腰が痛む理由があったんです。男性ホルモンと女性ホルモンの二つのホルモンが一番世の中で知られているものかもしれませんが、この女性ホルモン、こいつがくせものだったのです。

女性ホルモンの一つ、リラキシン。これは卵巣ホルモンの一種なのですが、月経前と妊娠三ヶ月から産後少しの間に分泌されるこの物質。これが結構厄介なものなのです。このリラキシン、名前からしてリラックスに似ていますが、関節を緩める作用があるもので、出産時に骨盤を緩めることで出産を助ける役目を持っています。

ですが出産時以外でも骨盤だけではなくて、他の骨も全て緩めてしまうものだから困りものです。骨盤どころか腰椎はぐにゃぐにゃにされてしまいます。更にはじん帯すら緩んでしまう。

筋肉、じん帯、腱に関節、それら全てが緩むというのは大変なことです。なぜなら関節の動く範囲がこれにより過剰になってしまいます。それはつまり関節を支える役目を追っている筋肉やじん帯、腱に多大なストレスがかかるということ。

妊娠期間中はお腹が張りだし、それにより腰椎へかかる負担そのものが更に増します。これにより妊娠期間中、妊婦は腰が痛くなってしまうということなのです。

ですから妊婦がよく口にする「寝るのも辛い、立っているのも辛い、何もしなくても辛い」これは事実であり、何怠けているんだ!病気じゃない癖に!なんて言う旦那は、化けの皮が剥がれたわねとばかりに、愛想をつかされかねませんよ。

働いている男性と違って、仕事で帰ってくれば楽になるのとは違います。体そのものが負担になるのですから、もう少し妊婦を労わってあげましょうね。パートナーならばそれくらいは当然というものですよ。
(⇒妊娠後期に腰痛が酷い!妊婦が知りたい秘密とは?

メタボ対策でジョギングを始めたが何故か腰痛が治まる、これは何故?

メタボ対策で歩く、ジョギングをする、こういった運動をするようになられた方は多いでしょうね。自分からする様になった方もいられるでしょうが、周囲からのすすめでやるようになったと言う方もいるはずです。健康診断でメジャーでウエストをはかる時、ここからメタボと、はっきりと分かる様に書いてあるメジャーもあるくらいですから、運動をすすめられてするようになった場合は、周囲からの圧力もあるのかもしれませんね。

メタボ対策でジョギングを一か月ほど続けていた時のことです。毎日十分から多い時で三十分の短いジョギングを続けていると、何故か今までは腰痛があって悩みの種だったというのに、これが消えてしまったのです。あれ?と最初は思っていたのですが、やっぱり走り始めてから痛みがないのです。何度も続けばたまたまではないですよね。
(⇒運動不足解消にジョギングは駄目?

けれどたったこれだけの話しであれば「良かったね」で終わってしまう話しですが、話しはここで終わりません。この痛みが消えているのは、ジョギングをしている間だけだったのです。これってどういうことなのでしょうか?病気でしょうか?

走っている間だけ痛みが無くなるというのであれば、もしかしたら走っている時の姿勢は正しい姿勢なのかもしれません。ですが何故かそれ以外の時は姿勢が悪いのかも?だとすると腰痛が持病ということになりますから、まずは姿勢を正すよう心がけ、歩くことから運動はスタートさせましょう。腰に負担をかけないようにして、腰回りの筋肉の増強をはかるのです。
(⇒正しい歩き方とはどういったものなのか?
(⇒一定の量歩くと腰が痛いってどういうこと?

腰痛持ちの方のバッグの中身拝見!え?意外なものがそこにはあった!

○○のことは○○に聞け!……とはよく言ったもので、その道のことを知っているのはその道に足を踏み入れた方がもっとも知っているものですよね。それは怪我にせよ病気にせよ同じというもので、腰痛もそれに当てはまるのです。

ならば腰痛持ちの方に尋ねれば、真実腰痛にいいグッズが分かるはず!というわけで、アンケート形式で今まで購入してきて、使えた!と思ったグッズを挙げてもらいました。すると意外なものがランキングしていたのですが、さて、それは一体なんだったでしょうか?

意外としか言いようがないのですが……テニスボールがいいそうです。え?テニスをするわけ?もちろん違いますよ。腰を自分でマッサージするために使うんですよ。使い方は簡単です。床に仰向けに寝転がった状態で、床と背中の間にテニスボールを入れてください。そしてテニスボールをちょうど腰の気持ちいいところにくるように、ぐりぐりと背中を揺らす様にして動かしてみましょう。するとセルフマッサージになり、気持ちよくなれます。もちろんそれだけではなく、効果が抜群。腰の痛みが消えていきます。

他にも100円ショップの空気を入れるタイプのまくらも快適です。これを背もたれと腰の間に敷くのもいいですし、お尻の下に敷くのでもいいでしょう。腰が随分と楽になりますし、自分の高さに空気が勝手に調節してくれるので、楽です。空気を入れるコツは、少しパンパンよりも少なめにがコツ。

長い時間椅子に座るときに空気まくらを使い、休み時間など暇をみては腰をセルフマッサージしてみてはいかがでしょうか?バッグに入れて持ち運べば、学校も営業先も、仕事場にだって持っていけて便利ですよ。

日常生活で行う正しい姿勢を身につければ、腰痛なんてなりません!

日常生活の上で腰痛を引き起こすポーズというものは何かあるのでしょうか?腰痛にならない人はよく、正しい姿勢を身につけているからと言いますが、正しい姿勢を知らない人にとってみれば、腰痛になる理由も、悪い姿勢も分からないものです。

よくあるのは重い物を持ってぎっくり腰になるというものですが、こちらも重いものを持つ時の姿勢が上手く出来なかったためにこのような結果になってしまうのです。では他には腰痛になりやすいとされるポーズは何かないのでしょうか?

なりやすいポーズの代表とも言えるのは女性ならではですが、高いヒールをはいていることで腰痛になってしまった。と言う方はいますね。高いヒールをはくことで腰痛になるのはなぜなのかというと、高いヒールをはくと腰がそってしまいため、それにより腰痛になってしまうのです。

ヒールをはいても腰のそりが強くならない姿勢を保てるのであれば話しは別ですが、ヒールをはきなれていない人ほどこういった形の腰痛は起こるものですから、まずは高いヒールをはいて歩く前に、準備運動ではないですが、家の中で鏡の前などで姿勢を学んで、それから外にはいていくようにすると良いでしょう。

次は車の運転ですね。これもシートをべーったりと寝かせる様にして使っている方がいますが、これも身体によくはありません。正しい姿勢はシートをハンドルに近づけるもの。膝が腿よりも少しだけ高くなるようにすること。特にシートはあまり倒さないというのは重要です。背中は丸めておかず、姿勢よく伸ばして運転しましょう。

たったこれだけのことですが、長時間どちらも行う日常的な姿勢です。これを守るだけで腰痛にならなかったり、腰痛の悪化を防げたりしますよ。

日増しに腰痛がひどくなる!それって実は内臓から来ているんですよ!

毎日生き生きと働いていたと言う方が、突如として痛みに襲われて病院へと言う話しは良くききますが、腰痛が行き成りきた!という方はほとんどギックリ腰じゃないの?なんて言われますよね?だから寝てなさいと言われて暫くそのまま自宅療養なんて人が多いはず。

そして悪化してから病院に行くなんて人が多いものですが……最初の腰痛から一カ月後、二か月後なんて時間が経ってからいくと、病院では「どうして最初の時にこなかったの?」と、まるで嘘つき扱いか、呆れられます。それだけでもいくのが億劫になるというのに一言余計なんですよね。まあ、それは置いておくとして。整形外科でレントゲンを撮って異常なし。とりあえず湿布を処方しておきますねと言われて思うことは「え?散々ねちねち言っていたわりにはたったのこれだけ?」なんて不満が湧きあがると言うもの。でもそれ、実はいく科が間違っていたのかもしれませんよ?

内臓疾患で腰痛を伴うものという病気は山ほどあります。まずはあなたが女性であるならば子宮周辺の病気を疑いましょう。子宮がんは最悪のケースですが、子宮筋腫や生理不順などによっても腰痛は出てきます。他には胃腸の病気もそうですし、膵臓、腎臓、膀胱なども腰痛を伴います。そうした内臓疾患があると腰に激痛が走るというケースもあり、腰が痛いからといって最初から整形外科に向かうのは正直、いかがなものかと思いますよ。

まずは総合病院にて腰が痛い、他の症状なども全て訴えて受付の肩に指示を仰ぎましょう。あなたの症状にあわせて少しずつ調べてくれて、適切な科を必ず見つけ出してくれるはずですよ。
(⇒内臓疾患だけではない総合病院で分かる腰痛の原因

くしゃみで激痛!それこそが最も危険な腰痛のサインって知ってた?

腰痛って酷くなると歩けなくなったりもするものですが、これよりも、もっと酷い症状かそれと同等くらいの症状って知っていますか?下着をおろすのも辛い。身じろぎするだけでも悲鳴なんてものもあったりしますし、中には寝たら起きれないほどの痛みなんてものもあります。

ですがもっとも危険な症状は、くしゃみで激痛が走ることだったのです。なったことが無い方には中々に分かりにくいものかもしれませんが、くしゃみを一つするたびに、身体中がびしり、ぎしり、ぐきり、音が響き渡り、身動きが取れなくなるほどの腰痛に見舞われます。酷い時はそのまま気絶する方もいるんだとか。

実はこのくしゃみをして激痛が走る状態って、可也酷い腰痛になってしまっているということなんですね。この場合は座っていると痛みを感じるか感じないかにより話しが変わってきますし、それともう一つは、腰とお尻の間が痛いのであれば、その痛みには左右差があるかどうかによっても話しが変わってきます。

今現在の症状をメモし、なるべく早めに病院へ向かいましょう。なるべくでしたら総合病院ですが、総合病院までが遠いということであれば、整形外科など、近くにないか探してみましょう。まずは病院でくしゃみによる激痛が走ることを告げ、相当自分が酷い状況だと言うことの説明をすること。そして左右に痛みの差があるかないかなども伝えましょう。

女性諸君、肩にかけてるそのバッグ、腰に負担かけすぎじゃないの?

男性の荷物って、なんだか少ないですよね。「携帯電話と財布しかないもん。当たり前」そんなことを若い子に聞くと言われるものですが、それに比べて女性の荷物の多いこと多いこと……驚く様なものまで入っているそのバッグ。結構腰に負担かけてるって、知ってました?

日常を見直すことで腰痛は減らす事が出来るものですが、まさかあなたの持っている手荷物のことで言われるとは思いもしなかったのではないでしょうか?実は手荷物って結構重要なんです。何故なら必ず誰しも外出する時に持っているから。だから結構身体に負担をかけているんですよね。

男性は携帯電話と財布のみと言う人をよく見かけるものですが、女性は片方の肩にずっしりと重そうなものを持っています。中身はなんでしょうか?化粧品に携帯電話に手帳に傘にペットボトルに、何故か必要のなさそうなバンドエイド。持っていれば確かに安心でしょうが、毎日傘まで持ち運ぶのは重くないんでしょうか?

実はこの荷物、片方の肩で担いだり、片方の腕で持ったりすることにより、あなたの腰の片側だけにやたらと負担をかけてしまうことになるんです。これって骨盤が歪む元になってしまってよくないんですよ。では、バッグはどうすれば正解なのでしょう?どのように対処すればいいのでしょうか?

バッグを片方に持つことが駄目なのですから、いつも同じ側で持たない様にして、持つ手を変えましょう。ただし、これでも女性はその筋肉の構造上、片方だけで持つことを負担に思わないため、ついつい片方だけで持ち続けてしまうでしょうから、いっそのことバッグはショルダータイプのように、肩に引っかけるのを止めてしまうことがベスト。リュックを背負い、左右均等に力をかけましょう。

そしてなんであれ重要なことですが、腰に悪いので重いものをずっと持ち続けるなど、そうした腰をいじめることを止めてしまってください。腰をいじめていても、長い時間荷物を背負い続けるなどやめるだけで違ってきます。短時間で重いものを運ぶのは止めること。左右均等に重さをかけてやること。たったこれだけでも腰の負担は軽減させることが出来ますよ。

生理による腰痛が酷い!噂だと冷やす方が痛みが楽になるって!本当?

女性の一月に一度の面倒な行事である生理ですが、男性には分からない、独特の鈍痛をもたらす腰痛がこれにはほとんどつきものといってさえいいくらい、どの女性も体験しているんです。ですが、これって、どうしたらいいと思いますか?女性のあなたは知っていればきちんと勉強しているのでしょうが、知らなければこれから気をつけてみましょう。

そしてあなたが男性だった場合、関係ないと言うかもしれませんが、知らないで彼女や奥さん、娘などに「毎月あるんだから痛いとか甘えるな」なんて言ってしまって、後で毛虫の如く接せられて涙目なんてことになりたくはないでしょう?今回は女性の生理の腰痛の、その対処法について学びたいと思います。

最近言われていることで、生理痛で起こる腰痛が酷い時は、冷やす様にという噂があるようなのですが、これって本当なのでしょうか?昔から言われているのは温めろですよね。温めるべき?それとも冷やすべきなのでしょうか?

腰痛まで起きるほどの生理痛となると最も酷い時期の生理痛なのでしょうが、基本的にこういった場合、温めるのが常道です。ですが場合によっては冷やすべきというのも本当なのです。ですからどちらの話しも間違ってはいない。けれど、一度婦人科で見て貰うべきでしょう。そこで特に問題点を指摘されなければ、基本的にこれからも生理からの腰痛が酷い場合は温めるべきです。ですが婦人科で「痛みが酷ければあなたは冷やしなさい」などの指示があれば冷やしましょう。そうすることで痛みが薄れます。

けれど、今度は何故ほとんどの場合には温めるなのに、一部は火安なのかという疑問がわいてきますよね?これは実を言うと、腰痛の原因が外傷性の炎症であれば、冷やさなければ腰痛は取れないからなのです。基本的に子宮の痛みは温めてとれるものの、こちらは別ということですね。

ですから生理による腰痛で気持ち悪くて居られないと言う方は、婦人科に迷わずいきましょう。誰でもくるものを何を大げさな、なんて言うのはなってみたことのない人だけが言うことであり、本当に酷い方は緊急搬送されるレベルの生理痛を引き起こしているということを忘れないでください。

そして男性のあなたは、あなたの大切な女性が辛そうであれば腰を擦ってあげましょう。労わる気持ちと手の温かさで女性の痛みが和らぎますよ。きっと感謝されるはず。家庭円満のためにちょっとの気遣いはじめましょうね。

<1 2 3 4 >